人探しの方法・手段

家出と自殺の関係から見る家出人の命を守る為にすぐにとるべき行動

【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

家出と自殺は密接に関係しています家出してから自殺するケースもあれば自殺をするために家出するケースもあるので、「たかが家出、そのうち戻ってくるだろう」と考えるのは禁物です。

2015年の自殺者総数は2万4千人以上というデータが出ており、ピークだった2003年と比べて減少傾向にはあるものの、自殺が深刻な問題であることに変わりはありません。

自殺者の推移

(引用元:厚生労働省

今回の記事では家出と自殺の関係について掘り下げて解説しますので、「大切な人の命を守りたい」という方こそぜひ参考にしてもらいたいと思います。

人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

データからわかる家出と自殺の関係

はじめにお伝えしたとおり、日本では年間2万人以上が自分で自分の命を絶っており、ロシアの次に自殺者が多く、世界的に高い水準にあります。

これはあくまでも推測ですが、もしかしたら日本人特有の勤勉で真面目な性格が関係しているのかもしれません。

世界の自殺率

自殺の動機

(引用元:自殺対策支援センター

全体で見ると自殺の原因のトップは「健康問題」で40%を占めていますが、これは肉体の健康ではなく精神疾患の有無が大きく関係しています。

WHO(健康開発総合研究センター)の「自殺に関する報告書」によると、自殺者のうち85%は以下のような何らかの精神疾患を抱えているとのことです。

  • 気分障害(うつ病・双極性障害)
  • 適応障害
  • 統合失調症
  • 不安障害
  • 〇〇依存症

自殺はまず精神疾患を引き起こす何らかの原因(ストレス)があり、そして不安定な状態の中で何かが引き金となり、脳機能が異常な状態で決断されるのです。

《自殺までのプロセス》
自殺のプロセス

そのため、何らかのストレスを抱えて家を飛び出したものの、根本的な解決ができずに死を選択するケースや、既に精神が限界を超えており、死に場所を選ぶために家出をするケースもあります。

少なくとも、家出前に本人がトラブルを抱えていたことがわかっている場合や、遺書がのこされている場合正常な判断能力がなかった場合は、自殺のリスクはかなり高いと考えてよいでしょう。

家出したあの人が自殺するかもしれない…/大至急ご相談ください

・遺書をのこして家出・失踪した
・警察に捜索願を届け出たが捜索が進展しない

その1分1秒が命を繋ぎとめます。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

家出人の自殺危険度チェックシート

pixta_13806362_S

家出人にどのくらい自殺のリスクがあるのか?それを調べるために、前でお伝えした“精神疾患”という観点からチェックシートを作成しましたので、該当する項目にチェックをつけてみてください。

  • □「死にたい」と発していた
  • □引きこもりがちだった
  • □身内の死に胸を痛めていた
  • □失業していた
  • □身辺整理をしていた
  • □不眠に悩まされていた
  • □食欲がなかった
  • □挙動不審だった
  • □アルコールや薬物に依存していた
  • □自傷行為をしていた
  • □よくケガをしていた
  • □身なりが突然変わった
  • □何に対しても投げやりな態度だった
  • □放浪癖があった
  • □借金を抱えていた
  • □認知症と診断されていた
  • □動物を虐待していた
  • □学校や仕事を休む癖があった
  • □人付き合いが変わった
  • □よくイライラしていた

いかがでしたか?20項目のうち半分の10項目に該当した場合は、家出人本人が自殺する可能性が高く、一刻も早い捜索・保護が求められます

中でも本人が死をほのめかすような発言をしていた場合は特に危険です。捜索に動き出すべきかどうかを迷っている暇はもうありません。

【関連記事】
自殺の兆候5つ|自殺を考えている人に対して周囲ができる4つのこと
鬱の兆候3つ|兆候がみられる人への接し方と相談先まとめ
うつ病と失踪の危険な関係性|うつ病の人が失踪したときにとるべき5つの行動
放浪癖がある人の心理と放浪の原因|放浪が招くリスクの対処法まとめ
借金を苦に失踪する人の特徴と絶対に失踪しないほうがいい理由まとめ
認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ

lp5

自殺を何とか止めたい/すぐにご相談ください

・家出人が自殺するリスクが高い
・家出先が検討もつかない

自殺する可能性が高いと判断されない限り、警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

家出人に自殺の兆候があった場合にとるべき行動|捜索の方法3つ

自殺する可能性が高い家出人は、今すぐにでも捜索して保護すべきです。以下にはそのための方法をまとめました。

警察に捜索願を届け出る

「自殺の可能性が高い」ことを証明できる証拠とともに、警察に捜索願を出しましょう。「命が危ない」と判断されればすぐにでも捜索に動き出してくれます。

ただし裏を返せば、すぐに捜索してもらえないこともあるということになります。捜索願の届け出の方法や警察の対応などについて、くわしくは以下の記事をご覧ください。

捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応
捜索願を出された人が成人の場合の警察の対応の真実

【関連リンク】警察庁「行方不明者に関する情報提供のお願い

探偵に人探し調査を依頼する

警察が積極的に動いてくれない場合は、探偵に調査を依頼しましょう。依頼料金はかかるものの、警察とは違いすぐに捜索チームを組み、動き出してくれます。

依頼料金の相場や具体的な調査方法などについて、くわしくは以下の記事をご覧ください。

探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金
人探しを探偵に依頼する際の料金費用の相場と依頼前の注意点

自分でも捜索する

家出人の状況や心境については、身内のほうがくわしいはずです。

本人が行きそうな場所に向かってみたり、電話やメールがつながらない場合は本人にSNS上から呼びかけてみたり、あなた自身でも可能な限りの捜索をしましょう。

なぜなら、お伝えしているように刻一刻を争うからです。

家出中に自殺してしまうかもしれない…/早急にご相談ください

・本人と一切連絡がとれない
・一刻も早く保護したいが警察が動いてくれない

事が起きてしまってからでは遅いです。自殺する目的で家出した場合は、ただ帰宅を待っていても何も進展しない可能性が高いです。

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

家出人を無事に発見できた後の接し方

自殺は、たとえ未遂に終わっても根本的な問題が改善されない限りは再発が繰り返されます。そのため、たとえ無事に保護できた後も気は抜けません。

以下では家出人との接し方についてまとめましたので、心のケアの参考にして下さい。

「頑張れ」という声をかけずに寄り沿う

生きることを頑張った結果、耐え切れずに自殺をしてしまうパターンが多いです。

そのため、頑張っている人に対して「頑張れ」と言うのは「今はまだ頑張りが足りない」と言っているようなもので、さらに追い詰めてしまうことになりかねません。

重要なのは言葉で伝えることではなく、「いかにあなたのことを大切に考えているか」を態度で伝えることです。優しく気長に温かい気持ちで寄り添うようにしましょう。

趣味を共有する

同じ趣味を持ち、同じ時間を共有しながら楽しみましょう。例えば「〇月〇日にワールドカップ予選だから、また一緒に日本代表を応援しようか」などと約束をするのも有効です。

未来を誰かと約束することでそれが生きる目的になり、自殺防止につながるからです。

自分だけでは心のケアをしきれない場合はカウンセラーの力を借りる

自殺を考えるほど極限状態に追い込まれている人の心のケアは、常にマイナスの言葉を耳にしたり、常に気が抜けなかったりと、辛いものがあります。

自分一人だけで支えようとして、逆に滅入ってしまって自分自身も不安定になってきた…なんてこともあるかもしれません。そんなときには、専門家に頼るのも一つの手段です。

本人とどのように向きあったらいいのかアドバイスをもらったり、本人と一緒にカウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

辛さを信頼できる誰かと共有することで、あなたも家出人本人もいくらか気持ちが楽になるはずです。

主な相談先や支援団体

東京メンタルヘルス・クリニック こころの耳
よりそいホットライン 東京自殺防止センター
NPO法人 ジョイントT・M NPO法人 Light Ring
NPO SMSC 東京うつ病友の会

家出したいと思ったこと、ある?

アンケート結果はこちら

まとめ

家出と自殺の関係についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

そもそも、自殺を抜きにして考えても家出人の捜索は1週間が生死のボーダーラインと言われています。(参考:平成26年中における行方不明者の状況

事件や事故などで命を落とすケースもあるということも頭に入れ、早期発見のための行動に出ましょう。

【関連記事】
失踪者の捜索|早急に捜索すべきケースと捜索の方法

人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから