相続人調査

相続人が全員揃わない限り、相続手続きを進めることはできません。できることは2つ。「相続人を全員揃える」か「いないまま手続きをする(不在者財産管理人)」かのどちらかです。ここでは「相続人探し」に関する記事を紹介しています。

相続人調査

行方不明の相続人を探す方法|行方不明者がいても財産を相続する方法

「父が亡くなり財産を相続したい。でも弟が行方不明のまま遺産は相続できるの?」などと疑問を抱いている方がこのページを訪れたことでしょう。 結論からいうと、行方不明者を除いての遺産相続はできません。遺産分割協議(財産の分け方 […]

相続人調査

不在者財産管理人の申し立てをするには?

身内が亡くなり、遺産分割をするとなった時、相続人の行方が全く分からず遺産分割協議が始められないと頭を抱えている人が一定数存在します。 しかし、相続人が見つからないからといって、遺産分割協議が始められないわけではありません […]

相続人調査

相続人の探し方|故人が離婚した相手との間に子供がいる場合

家族や親族が亡くなってしまい相続が発生すると「遺産相続」について話し合いや手続きをすすめていくことになります。 ここで注意が必要なのが「故人が離婚経験者ではないか?」ということです。 もし故人が離婚経験者で、以前の夫婦関 […]

相続人調査

相続人の探し方|居場所がわからない・誰なのかわからないなど

被相続人が亡くなられた場合、遺書等で相続分の指定がない限り、民法で決められたルールに従って、分配がなされます。 しかしながら、誰が相続人になれるのかは、「戸籍」を確認しなければならず、場合によっては、全く面識のない人が相 […]

相続人調査

相続人が音信不通!短期間で解決したい場合の対処法3つ!

この記事の監修者 弁護士法人プラム綜合法律事務所 梅澤康二(第二東京弁護士会)  アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民亊、刑事事件まで総合的なリーガルサー […]