人探しの方法・手段

安否確認が必要なケースとは?迅速な対応が生死を分ける!

安否確認が必要なケースとは?迅速な対応が生死を分ける!

「遠方にいる親せきと長期間連絡がつながらない」、「突然交際相手がどこかに消えてしまった」。

当然心配になって安否確認を行いたいですが、具体的にどうすればいいかわからない。

そういった場合、相談先として警察や市役所、探偵などが挙げられます。

また、それ以外にも自分で安否確認をする方法や、実際に安否確認を探偵に依頼した事例なども記載しています。

気になった方、興味がある方はぜひご覧になってください。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ
捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。
解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから
メール相談はコチラ

安否確認が必要な4パターン

安否確認をすべき場合というのは、具体的にはどういった状態なのでしょうか。

以下では、安否確認をする必要がある事例を4つほど紹介します。

前触れもなく家族や恋人と連絡がつかなくなった場合

家族や恋人は、自分とかなり親しい関係にある人物です。

したがって、どこか遠出する予定があったり、長期間家を空ける用事などがあったりすれば、ほぼ確実に本人に連絡することが予想されます。

しかしながら、何の連絡もないということはトラブルに巻き込まれている可能性があります。

また最悪の場合、負傷したまま誰にも見つけられていない場合も考えられます。

そういった場合、一刻も早く見つけられるかが生死を分けるので、安否確認をした方がいいでしょう。

【関連リンク:失踪事件と家出の見分け方|行方不明者を見つけるための方法

疎遠になった人と長期間連絡がつかない場合

小学校や中学校時代の友達など疎遠になっていた人と久しぶりに会おうと思っても、住所や連絡先が変わっている可能性が高いです。

そのため、行方を知っている友人などに新しい連絡先などを聞く必要があります。

また、SNSのアカウントは疎遠になる前のものを引き続き使っている可能性が高いため、そこからも安否を確認することができます。

しかしながら、そのSNSでも全くアクションが起こっていないとなると、生命が危険にさらされている恐れがあります。

こういった場合には、安否確認を行ったほうがいいでしょう。

事故や災害に巻き込まれた可能性がある場合

日本の地形の特徴上、他国に比べ頻繁に地震台風などの災害が発生します。

発生した直後は、被害に遭った人たち全員が一斉に家族や恋人の安否を確認しようとするため、連絡が取れないこともしばしば起きます」。

基本的に、数時間たてば連絡できるようになりますが、ここで連絡がとれない、または避難所になっている学校や公共施設にいない場合、事故や災害に巻き込まれた可能性があります。

一刻を争う状況かもしれないので、速やかに安否確認を依頼しましょう。

自らの意思で失踪してしまった場合

「人間関係が上手くいっていない」、「仕事で大きなストレスを抱えている」。

上記のような悩みを抱えている方は、誰にも干渉されない場所に突然失踪する場合があります。

こういったケースでは、失踪した人物の情緒は非常に不安定で、事故や犯罪に発展しやすい状態です。

自らの意思でいなくなった人でも、安否確認を行ったほうがよいでしょう。

安否確認をする方法

以下では安否確認をする方法を4つ紹介します

警察に相談する

突然連絡が途絶えた場合など、事件性がある場合は警察に相談しましょう。

自分と安否確認対象者の関係性、事件に巻き込まれている可能性があるということを説明すれば、パトロールを行ってくれる可能性があります。

【関連リンク:家出人捜索願の届け出方法と家出人の捜索の方法

市役所に相談する

高齢者の安否確認を行いたい場合は、市役所に相談してみましょう。

地域によって詳細は変わってきますが、例えば北海道の帯広市では、職員が実際に高齢者の自宅を訪れて安否確認をしてくれます。

しかし、電話で安否確認を行う高齢者との関係性を証明しなければならないため、その審査基準は厳しくなっていると考えられます。

【関連サイト:帯広市 ひとり暮らし高齢者訪問活動事業(安否確認)

自分で探してみる

住んでいた住所を訪れる

まず、安否確認を自分でする場合は住んでいた場所に訪問しに行きましょう

訪れた際、自宅にいなかったとしてもたまたま外出している可能性も考えられる為、ある程度の時間は待ってみましょう

また、自宅にいなかったとしてもポストをみて、チラシなどが大量に溜まっていれば、長期間不在であると推測できる判断材料になります。

しかし、訪れる場所が遠方である場合、仕事とのスケジュール調整が困難で、長時間滞在して情報を集めることも困難です。

電話をかける

遠方に行くのが難しい場合、電話をかけることで相手の安否確認をすることができます。

しかし、もし相手が事件や災害に巻き込まれていた場合、電話をかけるというのは生命線である携帯の充電を減らしてしまうことになります。

したがって、電話をかけるかどうかは慎重に判断しましょう。

SNSを確認する

現代の世界では、ネットワーク環境が非常に発達したため、多くの人がSNSを利用していると考えられます。

世代別にみると、10代から30代まではツイッターやインスタグラム、それ以上の世代はフェイスブック等を利用する傾向が高いです。

そこで、安否が分からない人の名前で検索し、本人の可能性が高いアカウントで何らかのコメントをしていれば一応の安否確認をすることができます。

しかしながら、同姓同名であるからといって安否不明の人物本人であるかどうかは分かりません。

探偵に相談する

どうしても安否確認を行いたい場合、探偵に依頼しましょう。

探偵は、人探しのプロであるため、必要な機材、技術をフル活用して安否確認を行ってくれます。

多少の費用はかかってしまうものの、今すぐ安否確認を行いたい人などは探偵に依頼するのが一番でしょう。

【関連リンク:ツイッター(Twitter)で人探し|人探しの方法と注意点まとめ

安否確認の相談事例

ここでは安否確認を探偵に依頼した事例を3つほどご紹介します。

被災した友人の安否を確認したい

Aの地元は岩手県、高校卒業後に東京に引っ越しました。
その数年後、東日本大震災が発生し、何人かの友人とは連絡が取れたが学生時代に付き合っていた彼女Bとは連絡が取れず。

地元の友人によると、Bを被災地で目撃したと言っていたが、見かけただけでは不安。

Aは学生時代、Bには多大な迷惑をかけたことを反省しており、そのことを直接謝りたいと思っていました。

そのため震災後9年たっていましたが、探偵に依頼することを決意しました。

Aが問題行動を行わないかどうか面談を通して審査し、その後、氏名と生年月日から安否確認を行いました。

最終的に、無事生きていることが分かり、Bから連絡ももらうことができました。

【参考:震災の友人の安否確認したい(人探し探偵)

突然彼氏との連絡が途絶えてしまった

AとBはW不倫の関係にあったが、Bが離婚をすることを決意し、Aに離婚を持ちかける。

しかし、離婚に関してBの奥さんCは断固拒否の姿勢を見せており、不倫を疑われたBはCの実家で生活しているという。

Aは、もし不倫がバレてしまったら、Bは殺されてしまうのではと不安に思い、探偵に依頼することを決意。

Bの安否を確認するにあたり、現在住んでいる自宅を確認しに行ったところ、いるはずのないBがいるのを確認。

また、険悪な関係になっているはずのBとその奥さんが寄り添って歩いているところも確認された。

【参考:彼氏が突然連絡が取れない安否確認調査(神奈川人探し)】

安否確認に必要な費用

警察に依頼した場合

警察に依頼する場合、費用は掛かりません

ゆえに、安否確認を行う理由として、事件に巻き込まれた可能性がある場合はすぐに警察に依頼しましょう。

警察の膨大なネットワーク、捜索網で安否確認をすることができるでしょう。

探偵に依頼した場合

探偵に安否確認を依頼した場合、少なくとも10万円以上はかかるでしょう。

その一方で、警察が対応してくれないような事件性のない場合も対応してくれます。

「昔は仲が良かったが疎遠になってしまった人物」や、「ネットで知り合った人物」などの安否確認をしたい場合は探偵に依頼しましょう。

ただし、どんな依頼でも必ず受注してくれるわけではなく、ストーカーやDVなどの犯罪が疑われないものに限られます。

【関連リンク:失敗しない探偵の選び方|こんな事務所は怪しい・お金が無駄に

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから
メール相談はコチラ

 まとめ

事故や災害から時間がたっても連絡がつかない、突然音信不通になった場合は事故や犯罪に巻き込まれた可能性があるため、安否確認を行いましょう。

その際、安否不明者の状況に合わせて高齢者なら市役所、事件性があれば警察、それ以外は探偵に相談しましょう。

また、自分で安否確認をする際は、相手の携帯の充電にも配慮して、連絡し続けないほうが良い場合もあります

一刻も早く安否確認をしたい場合は、探偵に依頼するのが1番でしょう。

【関連リンク:探偵に相談する流れと費用|違法でない親切な探偵を選ぶ5つのポイント

原一探偵事務所 無料相談窓口
24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。
無料相談窓口はコチラ
メール相談はコチラ