人探しの方法・手段

警察が人探しできる基準とできない時に行方不明者を発見する方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「警察の捜査力を借りて行方不明者・家出した人を探したい」

と思って警察に捜索願を提出しても安心してはいけません。警察は事件性のある場合条件を満たさないと人探しをしないからです。大事な人を発見したいなら警察だけに任せるのではなく自分でも捜索しましょう。

今回は、

  • 警察が人探しをするケース・しない理由
  • 警察が動いてくれない時にできる自分で人探しをする方法
  • 自分で発見するのが難しいなら探偵に依頼をする

などについてお伝えし、大事な人を発見できる手助けになれば幸いです。

警察が人探しをするケース3つ

pixta_24151117_S

以下の3つのケースに当てはまるなら警察は捜査をします。

①誘拐などの事件性のある場合

警察は、誘拐などの犯罪が成立する事件性のあるものなら捜査を行います。警察は事件が起きた時に出動して犯人を逮捕するのが主な仕事だからです。

事件性のない場合は積極的な捜査をしない

警察は、犯人逮捕が仕事なため事件性がないと分かれば捜査しません。よく“警察は事件が起きてからでないと捜査してくれない”とドラマなどでいっていますが正にその通りです。

ただ本格的な捜査はしないものの、行方不明になった人を一緒に探してくれる・他の交番に連絡を取ってくれる場合もあります。また、パトロールなどでターゲットを発見した時には連絡をしてくれるので、念のため捜索願は提出しておきましょう。

(関連記事:捜索願の出し方|届け出が可能な人と申告すべきこと)

②中学生以下の子供の場合

中学生以下の子供は、身体も考えも発展途上なため事件に巻き込まれる可能性が高いため警察もスグに捜索を開始します。しかし高校生は半分大人なため、捜査をしてもらえない場合は多いので注意してください。

③特異行方不明者の場合

警察は、命に危険があると判断した特異行方不明者の場合は、事件性がなくても行方不明者の捜査を行います。

(保護)

第三条 警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して次の各号のいずれかに該当することが明らかであり、かつ、応急の救護を要すると信ずるに足りる相当な理由のある者を発見したときは、取りあえず警察署、病院、救護施設等の適当な場所において、これを保護しなければならない。

一 精神錯乱又は泥酔のため、自己又は他人の生命、身体又は財産に危害を及ぼすおそれのある者

(引用:警察官職務執行法第3条1項)

特異行方不明者の条件

特異行方不明者に該当する条件
凶悪犯被害者 誘拐・連れ去りなどの凶悪な事件に巻き込まれている恐れがある者
福祉犯被害者 少年の福祉を害する危険がある者
事故遭遇者 行方不明前後の行動や事情により、水難や交通事故などの生命に危険を及ぼす事故に遭遇している者
自殺企図者 遺書があったり、普段の言動から自殺の恐れがある者
自傷他害の恐れのある者 精神障害があったり、危険物を所持しており、自身や他人を傷つける恐れがある者
自救無能力者 病人・高齢者・年少者など、本人だけでは生活が困難だと考えられる者

(参考:行方不明発見活動に関する規則第2条)

(関連記事:特異行方不明者とは大至急捜索すべき人|主な特徴と捜索方法のまとめ)

警察が人探しをしない2つの理由

①民事不介入だから

民事不介入とは、犯罪と関係ない事件に関わらないというものです。警察は警察法に従い、犯罪とは関係のない行方不明者の場合は個人のトラブルなため一切干渉しません。

(警察の責務)

第二条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。

2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない

(引用:警察法第2条)

②人手が足りないから

警察の人数は約29万人(最新データ:平成25年度)います。

警察の職員

(引用:警察職員の定員(平成25年度)|警察庁)

一方、行方不明者は年に約8.5万人です。

行方不明者の数

(引用:平成28年における行方不明者の状況|警察庁)

警察の職員は行方不明者の約3いますが、総務課・交通課・刑事課など役割が分かれているため全員が捜査の業務をできる訳ではありません。

警察に捜索願を提出するための手引き

pixta_18682599_S

警察に捜索願をする時に覚えておくべき知識をまとめました。

捜索願は管轄の警察署で提出する

大事な人が行方不明になったら警察署で捜索願をだしましょう。

  • 行方不明者が行方不明となった時における住所又は居所を管轄する警察署
  • 行方不明者が行方不明となった場所を管轄する警察署
  • 行方不明者届を届出る方の住所又は居所を管轄する警察署

(引用:行方不明者のご案内|警視庁)

捜索願に必要な情報

警察に捜索願を提出する時には、行方不明者の写真や関係資料などが必要です。

  • 行方不明者の写真
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 本籍
  • 身長・体重
  • 血液型
  • 印鑑
  • 行方不明になった時の服装
  • 行方不明になった日時・場所
  • 行方不明の所持品
  • 行方不明の原因として考えられる理由など

(参考:行方不明者のご案内|警視庁)

問い合わせ

気になることがあるなら以下に問い合わせをして面談を受けましょう。

警視庁行方不明者電話相談室

電話番号:03-3592-1640

受け付け時間(平日のみ):8:30~15:15

捜索願を提出できる人

警察に捜索願を提出できる人は親族だけではありません。以下に捜索願を提出できる人をまとめました。

  • 行方不明者の親権者
  • 行方不明者の配偶者
  • 行方不明者を監視する者
  • 福祉事務所の職員・その他の行方不明者の介護をする者
  • 行方不明者と同居している者
  • 行方不明者の雇い主
  • 行方不明者と密接な関係を持っている者(恋人・友人)

(参考:行方不明者発見活動に関する規則第6条)

【関連記事】

警察が動いてくれない時にできる自分で人探しをする方法

虫眼鏡・リビング

警察に捜索願を提出しても動いてくれないなら自分で行方不明者を探しましょう。以下では自分で人探しをする方法をまとめました。

親族・友人・知人に連絡する

親族→友人→知人の順番に連絡を取りましょう。連絡を取ることで行方不明者がどこにいるのかを知っているかもしれませんし、最後にどこで見たなどの情報を得られます。運がよければ連絡をした段階で見つかることもあるでしょう。

まだ近くにいないか近所を捜索する

身近な人に連絡をしても発見できないなら自分の足で行方不明者を探してください。

  • 学校
  • 公園
  • 習いごとをしている場所
  • 自主練をしている場所
  • 図書館
  • 最寄りの駅
  • コンビニ
  • スーパー
  • ファミレス
  • ファーストフード店
  • カフェ
  • カラオケ
  • 漫画喫茶
  • ゲームセンター
  • デパート
  • ショッピングモール
  • ホームセンター
  • ランニングコース
  • ゴルフ場
  • バイト先・勤務先
  • よく行っていた場所

上記以外でも心当たりがあるなら忘れずに探しましょう。ちなみに、探す順番は行方不明者がよく行っていた場所から探すと発見できる可能性は高まります。

SNSを使いネットから探す

携帯やパソコンから【Twitter・Facebook・Instagram】などのSNSから探したい人の情報提供できるように投稿をしてください。SNSは多くの人が利用をするため、探したい人についての情報を手に入れることもできます。

(関連記事:Facebookで人探しをする方法|早急な人探しには不向きな理由)

インターネット掲示板を利用する

SNSの他にも忘れてはいけないのが人探しの掲示板です。SNSに比べて見る人は少ないですが、有力な情報を手に入れられる可能性はゼロではないため書き込みをしてください。

【関連記事】

SNS・インターネット掲示板を使う時の注意点

ネットは1度投稿した情報は一生消えない可能性があります。探したい人の情報は詳しく書き込むことは大事ですが、写真を投稿する・しないは探したい人のことを考えてから決めましょう。

遠くに行ってないならビラを配る

まだ近くに行方不明者がいる可能性が高いならビラを配りましょう。ビラは地域限定 で配れば大いに効果を発揮するからです。

なお、情報を多く集めたいなら報酬金をつけてください。報酬金の有無で情報の集まる量は雲泥の差だからです。報酬金目当てのガセネタもあるので情報の見極めはしっかりしましょう。

自分で発見するのが難しいなら探偵に依頼をする

自分であの手この手を尽くしても行方不明者を発見できないなら探偵に依頼をしましょう。

探偵が行える調査一覧

探偵の調査力の高さは警察にも劣りません。以下のあらゆる方法で大事な人を探します。

  • たくさんの人から情報を集める聞き込み調査
  • 探したい人の匂いで追跡する探偵犬による調査
  • 上空から辺り一面を見渡すドローン調査
  • パソコンで行うデータ捜査
  • 失踪に関係する人物からの割り出し調査など

探偵は行方不明者に危害が及ぶ調査はできない

探偵は、以下の目的の依頼は受け付けていません。

  • ストーカー目的である
  • DV(暴力)をしようとしている
  • 個人情報をどこかに流そうと考えている人の調査

人探しの費用相場は50~70万円

探偵への人探しの費用は約50~70万円。人探し調査は複数名で聞き込み調査をするため人件費がかかるからです。

しかし、大事な人はお金には代えられません。大事な人との再会を強く望むなら探偵に依頼をすることをおすすめします。

【関連記事】

まとめ

警察に捜索願を提出しても絶対に安心してはいけません。警察が積極的な捜査をするのは以下の3つのケースだからです。

  1. 事件性のある場合
  2. 中学生以下の子供
  3. 特異行方不明者

警察に捜索願を提出しても行方不明者を探してもらえないなら自分で探しましょう。どうしても行き詰った・大事な人を探したい気持ちが強いなら、スグに探偵に依頼をすることも検討してみてください。

【関連記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る