人探しの方法・手段

失踪届とは失踪者を死亡とみなす届け出|出し方と注意点

失踪届(しっそうとどけ)とは、失踪して行方がわからなくなっている人を法的に“死亡したもの”とするための書類です。

失踪届という名称から捜索願と混同してしまう方がいますが、失踪届は失踪者を捜索するためのものではなく、失踪者の資産の受け取り手続きや離婚手続きをするためのものですのでご注意ください。

今回の記事ではこの失踪届に関して、届け出の方法や届け出の際の注意点などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

失踪届を出すための要件

失踪者の行方がわからないからといって、いきなり失踪届を出すことはできません。ここではまず、失踪届の届け出を行うための要件について見ていきましょう。

失踪宣告を受ける必要がある

失踪届を出すには、家庭裁判所から「失踪宣告」を受ける必要があります。

失踪宣告とは、失踪者が家出・蒸発・戦争・災害・事故などにより行方も生死もわからないときに家庭裁判所に申し立てすることで、法律上は死亡者とみなす制度で、この失踪宣告後に失踪届を出すことにより、相続が開始されたり、婚姻関係が解消したりします。

参考:裁判所 失踪宣告

失踪宣告の要件

失踪宣告を受けるためには、

  • 家出や蒸発など意図的な失踪(普通失踪)の場合、7年間生死不明であること
  • 戦争・災害・事故など危難に遭遇しての失踪(危険失踪)の場合、1年間生死不明であること

上記に該当していることが前提となります。

失踪届の出し方

PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V

ここでは失踪届の出し方について見ていきましょう。なお、失踪宣告の審判申立には費用がかかりますが、この失踪届の届け出自体に費用はかかりません。

失踪届の届け出が可能な人

失踪届は、失踪者の家族、友人はもちろんのこと、失踪者と利害関係にある場合は他人でも出すことが可能です。

失踪届の届け出が行える場所

失踪届を出す場所は、原則として失踪者の本籍地または住所地を管轄する市区町村役場に限られます。

失踪届の届け出に必要な書類

以下のものを用意して失踪届の届け出を行います。

  • 記入を済ませた失踪届
  • 家庭裁判所の審判書謄本
  • 確定証明書
  • 印鑑

失踪届の書き方

市区役所によって記入項目は異なることもありますが、主に以下の項目を記入して届け出を行います。

  • 失踪届を届け出た日付
  • 失踪者の氏名
  • 失踪者の生年月日
  • 失踪者の最後の住所と世帯主
  • 失踪者の本籍地
  • 確定証明書に記載の審判確定日
  • 失踪者と届出人との関係性
  • 届出人の住民票の記載の住所
  • 届出人の本籍地
  • 届出人本人の署名捺印
  • 連絡先

なお、失踪届の記入例に関しては、以下を参考にしてください。

失踪届

(引用元:春日部市

【失踪人に危険が及ぶ前に…/探偵による無料相談をご利用ください】

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

失踪届に関する注意点

ここでは、失踪届を出す方が必ず知っておきたい注意点についてまとめました。

失踪届の届け出には期限がある

失踪届は、失踪宣告の確定後10日以内に必ず提出する必要があります。

失踪届を届け出ると婚姻関係が解消される

失踪したのが配偶者である場合、失踪届の届け出を行うことで、婚姻関係が解消されます。なお、一般的な離婚とは異なり、死亡上の離婚として扱われることになります。失踪者との離婚に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

参考▶失踪人とは離婚できる|離婚可能な例と離婚までの流れまとめ

失踪者の生存が判明したときは失踪宣告が取り消される

もしも失踪届を届け出たあとに失踪人の生存が確認された場合は、失踪宣告自体がなかったことになされます。それに伴い、婚姻関係は失踪宣告前の状態に戻ります。

ただし、失踪者の生存を知らずに行われていた相続などは有効のままとなります。仮に失踪宣告後に死亡保険金を受け取っていた場合は、残っているぶんの金額を失踪者に返還することになります。

 

失踪届を出しても警察は動かない

お伝えしたとおり、失踪届は失踪者を死亡とみなすためのもので、届け出後に警察が捜索をしてくれるというものではありません。つまり順序としては、以下のようになります。

2

相続や離婚に関するトラブルの解決は、弁護士に相談することもできます。失踪届を届け出る前に、ご自身のケースではどう解決できるのかという点について、アドバイスをもらうのも良いでしょう。

相続弁護士ナビ
離婚弁護士ナビ

また、警察に捜索願を届け出たにも関わらず行方を探してくれない、まったく居場所が判明しないという場合には、探偵に人探し調査を依頼するのも有効です。

参考▶探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金

再三にわたってお伝えしていますが、失踪宣告をして失踪届を届け出るということは、失踪者本人を死亡したものとしてみなすということです。失踪届の届け出を行う前に、あらゆる捜索は行っておきたいものです。

【警察だけに任せていては危険です/探偵による無料相談を活用してください】

どのように捜索すればいいのか、捜索の費用はいくらかかるのかなど、人探しの相談経験が豊富な相談員に無料相談してみませんか?

【人探し/失踪人の捜索について無料相談する】※24時間対応・匿名OK

 

まとめ

失踪届についてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。ぜひ、以下の失踪に関連する記事にも目を通していただき、失踪者の捜索やその後の手続きにお役立ていただきたいと思います。

【関連記事】
失踪とは|失踪者の発見率と早く見つけ出すための知識
失踪の理由ランキング|年代別の失踪理由と失踪者の探し方
失踪の仕方|失踪者の心理と失踪準備に関するまとめ
家出と離婚の関係|家出した配偶者と離婚する方法・しない方法
緊急度別|人探しの相談先4選と相談時に伝えるべき情報

人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから