人探しの方法・手段

探偵に頼めば名前から住所がわかる?必要な情報と注意点とは

探偵に頼めば名前から住所がわかる?必要な情報と注意点とは

名前しか情報がない場合、調査対象者の住所を突き止められるのかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。

探偵は調査のプロですが、調査にはある程度の情報が必要です。

また、探偵によって調査力は異なるため、慎重に選ぶことも大切です。

ここでは、探偵に依頼すれば名前から住所を調べられるのか依頼の注意点や必要な情報について詳しくご紹介します。

【関連リンク:人探しの相談先4選|各相談先の捜索方法と相談時に伝えるべき情報

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから
メール相談はコチラ

名前だけでは住所はわからない

結論からいうと、名前だけでは住所を調べることは不可能です。

特に、ごく一般的な名前だと、同姓同名の人がいるため、別人の住所を調べてしまうリスクがあります。

また、名前しかわからない場合は、SNSで検索するのも1つの方法ですが、プロフィール写真やその他の情報が一切掲載されていないケースが少なくありません。

このように、名前だけでは住所がわからないため、追加で情報を入手する必要があります。

名前だけで調査せざるを得ないケース

どのような場合に名前だけで調査することになるのか詳しくみていきましょう。

知人に貸したお金が返ってこない

仲の良い友人であれば、探せば写真が見つかる可能性がありますが、単なる知人の場合、写真すら持っていないケースが多いのではないでしょうか。

似顔絵や大体の所在地だけで調査することになるでしょう。

浮気相手の住所を知りたい

慰謝料を請求するために、妻や夫の浮気相手の住所を知りたい場合も、名前だけで調査を依頼することになります。

配偶者に住所を聞いても答えないか、答えられないケースが多いのではないでしょうか。

配偶者が浮気相手をかばって住所を教えない場合もあれば、本当に住所を知らない場合もあるでしょう。

また、相手も既婚者の場合、偽名で浮気をしていた可能性があります。

この場合は、どれだけ調査をしても本人に行きつくことはありません。

交際相手が住所を教えてくれない

金持ちを装って近づき、結婚を意識させたうえでお金を騙し取る結婚詐欺を疑うのであれば、住所を調べた方がよいでしょう。

その過程で、偽名であったことやその他の嘘が発覚する場合もあります。

結婚詐欺師は写真を撮られるのは避ける傾向があるため、名前だけで調べざるを得ないケースが少なくありません。

昔お世話になった人にお礼がしたい

昔、お世話になった人にお礼を言いたい、お礼がしたいといった場合は、名前だけで調査を依頼することになるでしょう。

転居を繰り返していて、全国にわたって調査が必要な場合もあります。

【関連リンク:同級生と再会したい|人探しの方法・探偵の実力とは?

探偵に依頼するときに用意しておきたい情報

それでは、探偵に依頼するときに、名前以外で用意しておきたい情報について詳しくみていきましょう。

おおよその住所

名前だけでは、誤って同姓同名の人の住所を調査する恐れがあるため、都道府県や市区など、大体の住所は突き止めておきたいところです。

以前会った場所や会話の内容を思い出して、住所のヒントをつかみましょう。

浮気相手の住所を突き止めたい場合は、配偶者に確認してください。

近くに川がある、○○のスーパーが徒歩2分圏内、○○の店が家の近くにある、など、あらゆる情報が重要な手がかりになります。

立ち寄ることがわかっている場所

立ち寄る場所がわかっていれば、待ち伏せして尾行することで住所を突き止められます。

「○○駅から電車で仕事に行く」、「いつも○○で夕食をとる」といった情報があれば、短期間で住所を突き止められる可能性があります。

ただし、顔写真や風貌など見た目に関する情報がなければ、見つけることができません

勤務先

勤務先がわかっていれば、自分でも調査できます。

勤務先の前で待ち伏せをすることで、本人を見つけられるでしょう。

ただし、転勤や転職をしている場合もあります。

探偵に依頼すれば、第三者への聞き込み調査によって、転勤や転職先がわかるかもしれません。

固定電話の番号

固定電話を持っている場合は、その番号を入手しておきたいところです。

固定電話からは、ある程度の住所がわかります

固定電話以外は簡単に番号を変えることが可能なうえに、住所を調べられません

SNSアカウント

SNSアカウントがわかっている場合は、投稿写真に注目しましょう。

投稿写真には、住所の手がかりが映っている可能性があります。

例えば、特徴的な建物や店の名前などが映っていて、「いつも○曜日はここにいる」などと発言していれば、短期間で本人の住所を突き止められるでしょう。

車のナンバーと車種

車のナンバーと車種がわかっていれば、尾行中にターゲットが車で移動し始めても問題なく追跡できます。

SNSアカウントに車の写真を投稿している可能性もあるので、チェックしておきましょう。

【関連リンク:探偵の尾行テクまとめ|人探し調査で尾行が必要になるケースとは

本人の写真

待ち伏せや尾行をするうえで、本人の写真は必須です。

本人の写真があれば、同姓同名の別人と区別できます

配偶者の浮気相手を調査する場合は、配偶者から写真や動画を入手しておきましょう。

知人に関しては、共通の知人や友人に写真を持っていないか確認してみてください。

昔、お世話になった人に関しては、その人の元同僚や知人などに事情を話して写真をもらいましょう。

交際相手の住所

ターゲットの交際相手の住所がわかれば、待ち伏せすることでターゲットを見つけられる可能性があります。

配偶者の浮気相手に別に付き合っている人物がいた場合、配偶者が住所を知っているかもしれません。

また、当時の交際相手を知っている場合は、連絡をとってみましょう

ターゲットの連絡先がわかる可能性があります。

少ない情報だけで探偵に調査を依頼する注意点

探偵に調査を依頼するときは、できるだけ多くの情報を用意することが大切です。

少ない情報だけで探偵に調査を依頼することの注意点を詳しくみていきましょう。

調査に時間がかかる

情報が少ないほどに、調査に時間がかかります。

調査に時間がかかるほどに費用が高くなり、予算が早く尽きてしまうでしょう。

そのため、より多くの情報を入手したうえで探偵に依頼することが大切です。

特定の日に立ち寄る店などがわかっていれば、最小限の費用でターゲットの住所を突き止められます。

失敗する可能性が高い

情報が少ないほどに、同姓同名の人と区別がつかなくなるため、失敗する可能性が高まります。

調査に失敗すれば費用が無駄になるでしょう。

また、予算が尽きることで探偵に依頼できなくなり、諦めざるを得なくなります。

少ない情報から人探しができる調査力が高い探偵に依頼すれば、失敗のリスクを抑えられます

【関連リンク:探偵に依頼した際におこりえるトラブルと対処方法

自分で名前から住所を調べる方法

稀に、自分で名前から住所を調べられるケースがあります。具体的な方法は次のとおりです。

元配偶者の場合は公的書類でわかる

元配偶者の場合は、戸籍の附票から現住所がわかる可能性があります。

戸籍の附票には、過去の住所の履歴が全て記載されています。

ただし、戸籍の附票を取得できるのは、本人や配偶者、直系尊属、直系卑属のみです。

元配偶者との間に子供がいる場合、どちらが引き取っているかに関係なく戸籍の附票を請求できます。

ただし、不当な目的による請求と判断された場合は、戸籍の附票を取得できません。

不当な目的かどうかは役所が判断するため、まずは申請してみることが大切です。

SNSで検索する

SNSで名前や大学名、住所などを検索することで、本人のアカウントが見つかる場合があります。

アカウントに投稿している情報や写真などから立ち寄る場所や勤務先などを突き止めて、待ち伏せすることで住所を突き止められます。

SNS内の検索機能を使ってもヒットしない場合は、google検索を利用しましょう。

「名前 SNS名 大学名や勤務先名」などで検索すると、本人に近い人物がヒットします。

ただし、本人がSNSに名前以外の情報を登録していない場合は、同姓同名の人と区別することは困難です。

【関連リンク:人探しの方法8選!誰でも無料でできる方法と探偵に依頼した際の料金

海外在住者は外務省に依頼する

海外在住者を探したい場合は、外務省に依頼してみてください。

三親等内の親族であれば、調査を依頼できます。

ただし、調査対象者が日本国籍を持ち、生存の見込みがある場合に限ります。

また、国や地域を特定するための資料が一切ない場合は依頼できません。

さらに、外務省が調査対象者の住所を突き止めても、本人が住所の開示に同意しなければ、依頼主は住所を知ることができません。

そのほか、依頼の手続きが複雑で、調査に時間がかかることもデメリットです。

外務省に調査を依頼できない場合や、本人の同意を得られない場合は、海外に支社がある探偵に調査を依頼するしかありません。

人探しでおすすめなのは原一探偵事務所

原一探偵事務所は、45年分のタウンページや住宅地図を保管しているため、高いレベルで人探しができます。

また、暗闇でも撮影できるカメラやドローンを所持しているほか、限られた情報からターゲットを探し出すノウハウを持っています。

失踪人や行方不明者を探すテレビ番組に調査協力をしているため、十分に信頼できるでしょう。

また、全国18ヶ所に支社があるため、日本全国を対象とした人探しが可能です。

さらに、地方自治体と連携して、自殺の名所や失踪人が隠れやすい場所などを把握しています。

小さな手がかりから独自のネットワークを使って徹底的に調査してくれます。

また、1日800件以上もの聞き込みや最長7時間の張り込みなど、圧倒的な調査力が魅力的です。

相談は無料で、非通知・匿名でもOK、24時間365日受け付けているため、まずは気軽に相談してみてください。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから
メール相談はコチラ

 まとめ

名前しか情報がなくても、限られた条件下では住所が判明する可能性があります。

また、海外在住者を探すときは、外務省を頼ってみるのもよいでしょう。

人探しは、限られた情報から行うハイレベルな調査のため、信頼と実績がある探偵に依頼することが大切です。

少しでも早く住所を突き止めるためにも、より多くの情報を提供しましょう。

【関連リンク:人探しを探偵に依頼したときの料金相場と安くする方法まとめ

原一探偵事務所 無料相談窓口
24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。
無料相談窓口はコチラ
メール相談はコチラ