家出への対処法

家出の相談先一覧|家出に関するよくある相談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

もしも近親者が家出して帰ってこなかったら、どこに相談し、どのような対処をすればいいのでしょうか。

家出と言っても、家出までの経緯や家出人の年齢によって深刻度は異なりますが、今回の記事ではケース別に3種類の相談先をご紹介したいと思います。

「家出したあの人が心配…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

 

家出の相談は早めが望ましい

現代では、家出は特に珍しいものではなくなりました。ストレスが原因で突発的に家出したり、借金が原因で夜逃げする大人は少なくありません。

また、例え子供が家出をしたとしても、いつでも携帯電話で連絡を取り合えるために親が家出そのものに気づきにくかったり、どうせそのうち帰ってくるからとつい油断してしいまいがちです。

しかし、こうした油断が最悪のケースに繋がってしまったケースもあるということを頭に入れておかなければなりません。

以下は、警察庁が発表している行方不明・失踪における捜索願の受理件数です。

 

家出に関する相談件数の推移

 

 

平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
51706人 51041人 52187人 53916人 52736人
28949人 30602人 28924人 30032人 28457人
合計 80655人 81643人 81111人 83948人 81193人

引用元:警察庁生活安全局生活安全企画課

 

これはあくまでも警察が捜索願を受理した件数になるため、相談のみで捜索願を届け出なかったケースや、警察以外の機関へ調査依頼や相談を行っているケースも含めると、実際に起きている家出トラブルは軽く10万件を超えるとも言われています。

事件・事故と比べて家出人のほうが発見される可能性は高く、家出人のうち大半が1週間以内に発見されるか自発的に帰宅すると言われています。しかし全体を通すと1週間以降の捜索が困難になり、1ヶ月~1年以内の発見率が8.1%、1年以上では9.2%と低下します。(参考:平成26年中における行方不明者の状況

このことからも、姿を消してから一週間以内が発見できるか否かのボーダーラインであると言われています。

 

家出トラブルの相談先①|事件性が高い場合は警察へ相談

家出を相談できる機関と聞いて真っ先に思い浮かぶのは警察ではないでしょうか。ここでは警察に相談した場合の特徴について解説していきましょう。

警察に相談するメリット

警察は、事件性があると判断した場合には総力をあげて事件の解決に動いてくれます。警察だけでは捜索が困難な状況には、自衛隊や特別救助隊などを要請することが出来ます。

警察が捜索不可能な一般家出人とは

家出人本人に家出の意思があり姿を消した場合は一般家出人に分類され、家出人の情報を警察庁のデータベースで共有することはあっても、積極的な捜索活動は行われません。

警察が捜索可能な特異行方不明者とは

事件や事故により行方不明になった場合や、本人に身の危険が迫っている場合は特異行方不明者に分類され、時間的猶予がないことから警察はすみやかに捜索を開始します。

警察への捜索願の届け出方

捜索願の届け出の際には、以下の情報提供も必要になります。前もって家出人の写真を用意したり、何が原因で家出をしたのかを伝えられるようにしておくとよいでしょう。

・家出人の住所、氏名、生年月日、職業、血液型

・家出人の体格(身長・体重)、身体的特徴(けがや手術の痕、ほくろやできもの等)

・家出当時の服装、所持品

・家出日時と場所

・家出人の薬物の使用歴の有無、精神病の既往歴

・家出の原因として考えられるもの

・その他、発見のために参考になる事項

・家出人の写真

尚、届け出が可能になるのは以下の警察署になります。

・家出人の保護者の住居地の管轄警察署

・家出人の家出時の場所の管轄警察署

・家出人が家出した先の管轄警察署

参考▶「捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応

警察に相談してから解決するまでの流れ

警察に相談する際に捜索願の届け出を行うと、事件性が高い場合に限り、以下の捜索を行ってくれます。

・事情聴取

・公開捜査

・鑑識捜査

・警察犬捜査

・事件関連人物の操作

事件性がない場合は、パトロールや職務質問の際に家出人と接触があった場合に捜索願の届け出をした人のところへ発見の連絡が入るようになっています。※未成年の場合は保護出来ます。

 

家出トラブルの相談先②|緊急性が高い場合は探偵へ相談

警察は基本的に事件性がなければ捜索を行ってくれません。つまり、事件性があるのに事件の証拠がない場合や、事件性はないがすぐにでも発見したいという場合には、警察はアテになりません。そんな時には、民間の調査機関である探偵の活用を検討しましょう。

探偵に相談するメリット

探偵は調査を要請すれば、事件性があろうとなかろうとすぐに調査を開始してくれます。調査力も調査員の数も警察に引けを取りません。

探偵に相談してから解決するまでの流れ

多くの探偵事務所では無料相談窓口を設けています。そこで家出調査に関する説明を受けた上で正式に調査依頼をしたいという場合には、何人の調査員を導入してどのような調査を行うのかを決め、探偵事務所との契約を交わす必要があります。

調査料金はケースによってピンキリですが、平均相場は50万~80万円前後です。

調査料金参考▶「探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金

なお、主な調査方法は以下の通りです。

・警察犬調査

・データ調査

・人海調査

・関連人物の尾行や張り込み

・ドローン調査

探偵事務所によって、調査の得意分野も異なれば調査方法も異なりますので、無料相談の段階でどのような調査が可能になるのかを遠慮なく質問してみましょう。

優良な探偵に相談するためのチェックポイント

探偵と名乗る悪質な業者もいるので、依頼前には以下のポイントをチェックしておくのが良いでしょう。

① 広告のキャッチコピーに誇大表現はないか

② 料金体系が他社と比較して低すぎないか

③ 自宅から近すぎず遠すぎずの場所に事務所があるか

④ 探偵業届出番号がHPに記載されているか

⑤ 行政処分を受けたことはないか

⑥ 電話をかけた時に料金についての質問にきちんと答えてくれるか

⑦ 面談は探偵の事務所で行われるか

⑧ 探偵業届出証明書が事務所に存在するか

⑨ 提出される調査書は裁判で使える証拠か

⑩ 探偵との相性は良いか

参考▶「探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト

「家出したあの人が心配…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

家出トラブルの相談先③|その他の身近な相談先

警察や探偵のような調査機関以外にも、家出の相談先はいくつかあります。以下で解説していきましょう。

家出人の親族・知人・同僚・学校の先生などの近親者

実際に捜索を行ってくれるかどうかは別ですが、一番親身になって話を聞いてくれるのは近親者かもしれません。中には家出人の行先や家出の原因に関する情報を持つ人もいるかもしれないので、積極的にコンタクトを取ってみましょう。

しかし、誘拐・拉致などの事件が考えられる場合は、家出人の行方を捜索する動きを犯人に感づかれた際に逆上させてしまうリスクがあります。

インターネットサイト

家出人の情報提供をインターネット上で呼びかけることも可能です。しかし、「人探し掲示板」と呼ばれる掲示板は閲覧者が多くないのと、ガセネタを提供される可能性があるというデメリットがあります。

深刻な場合は以下のようなウェブサイトの活用も検討してみましょう。

警察庁 行方不明者に関する情報提供のお願い

日本行方不明者捜索・地域安全支援協会

行方不明者リスト

参考

▶「人探しはサイト上でも可能|人探しサイトの特徴と注意点

▶「人探しは掲示板で可能か?|人探し掲示板の特徴とトラブル例

NPO法人

下記のように、子供の非行や成長に関する相談を受け付けてくれているNPO法人もあります。家出専門の相談機関ではありませんが、家出に関するアドバイスもしてもらえます。

3keys

リトルワンズ

 

家出に関するよくある相談

以下は、原一探偵事務所に実際に寄せられた、家出や行方不明に関する相談です。

中学生の息子が家出をしてしまい連絡が取れず、警察も探してくれないのですがどうしたらいいですか?

警察は人探し機関ではありません。オレオレ詐欺の犯人もなかなか検挙出来ていない状況です。正直なところ家出人探しまで手が回らない状況にあります。

今回は中学生と云う事ですから警察側も捜していない事はないと思いますが、専従の捜査員が付く事はありません。弊社にご依頼頂いた場合、専従の調査員が息子さん探しの調査にあたります。専従の調査員が調査にあたる為、当然警察より判明率が高くなります。

中学生くらいですと、一旦帰宅しても直ぐに行方を眩ませたりしますので、発見後も行動調査をして立回り先交友関係を押さえておいた方が後々役に立つと思います。

引用元:原一探偵事務所

 

息子の家出が再発しそうです…

実はこのパターンは多いのです。せっかく見つけて家に連れ戻しても、再び居なくなる…。私たちも発見した後「また居なくなりますから、しばらく様子を見た方がいいですよ」とアドバイスします。

そもそも失踪した原因がハッキリしていない以上(又は子供の証言の裏が取れていない以上)、それが解決できていなければ再び失踪します。ご家族からすれば、失踪して事件スタート、戻ってきたから事件解決となりますが、逃げた本人は原因があって失踪している訳ですからそれが解決しなければ再び逃げて当然です。何日かは素行を見て、立回り先等を押さえておく事が重要です。

原因の片鱗がわかるかもしれません。又、立回り先を把握しておく事により、再び失踪した際に見つけやすくなります。ご家族にとって失踪人は見つけたら終了ではありません。
その後の心のケアが必要となります。

(引用元:原一探偵事務所

 

母親の行方を知りたいのですが未成年でも契約できますか?

残念ながら未成年の方はお断りしております。
どなたか大人の方が代わりに契約をして頂く事は可能です。 

これは当社に限った話ではありません、
民法 第5条第1項に「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない」と云う文言があり、未成年者は、原則として単独での法律行為が出来ないのです。 

(引用元:原一探偵事務所

 

置手紙を残して子供が家出したのですが捜索は可能ですか?

漠然としているので何とも言えませんが、置手紙の内容はどの様なことが書かれていたのでしょうか。また、御家族からすれば“突然”と思う事も、本人は何カ月も前から淡々と準備していた可能性も考えられます。可能な限り、電気ガス水道と云った公共料金の明細を確認してみて下さい。段々と減ってきているのであれば、そのころから家に寄りついていなかった事が判ります。すなわち、他に家がある事になります。

因みに、この方法はキチンと家で生活しているのか否かを知る事が出来るバロメーターなので、家出されてから確認するより、家出する前から確認しておいた方が良いです。
いずれにしても、家出の場合は早期対応が一番の為、ご本人の顔写真をご持参の上、ご相談下さい。

(引用元:原一探偵事務所

 

まとめ

数ある相談機関を上手に活用しながら、家出人の早期発見、また家出の再発防止に努めていくことが重要です。

「家出したあの人が心配…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る