探偵の人探し調査

必ず力になってくれる探偵の選び方|知っておくべき10のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

探偵の選び方を知っている人は少ないでしょう。

なぜなら、探偵を使う場合は最後の手段として使うことが多いですし費用も決して安くはないからです。せっかく依頼をするのであれば、話を親身になって聞いてくれて調査力もある探偵に依頼をしたいですよね。

お金を払ったのに調査力が低くて、後からオプションのお金を追加して払わされたなど悪質な探偵に依頼をすることになったら目も当てられません。

今回は、

  • 失敗しない探偵の選び方
  • 悪質な探偵について
  • 専門調査を得意とする探偵の選び方

についてお伝えしますので参考にして頂けたら幸いです。
 

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから


 

探偵を選ぶ時の10個のポイント

いくつかのポイントで良い探偵・悪い探偵の判別をすることができます。

①探偵証明書はあるのか

探偵証明書は公安委員会に届け出をすることで「探偵業をしてもいいよ」と国に認めてもらうことのできる証明書のことです。もし、探偵証明書がない場合には探偵として国から認められていないので違法な探偵業者なのは間違いありません。探偵に依頼をするのであれば、探偵証明書があるのか・ないのか確認することが最初のポイントといえます。

(参考記事:探偵業の業務の適正化に関する法律 )

②「格安」を謳っていないか

「どこの探偵会社よりも安い」などを謳っている探偵会社は、広告費にお金をかけすぎていることも多い上に人件費にお金をかけていない可能性が高いです。調査能力も低い・基本料金以外のオプションを求めてくるなど何かと費用が高くなることもあります。依頼料が安い探偵会社は何で安くできるのかいうのを理解した上で依頼することが失敗しないポイントです。

探偵の人探しの費用について知りたい方はこちらもチェックしてみてください。
(参考記事:人探しを探偵に依頼をする際の料金費用の相場と依頼前の注意点)

③探偵会社の代表の名前・住所は公開されているか

代表者の名前・住所を隠すということは知られてしまうことで不都合になるからです。ホームページなどで代表者・住所が載っていない探偵は悪質な探偵の可能性が高いので申し込みをするのはおすすめできません。

④行政処分を受けていないこと

探偵を選ぶ時に外せないポイントは行政処分を受けている・受けていないかです。一度公安委員会から行政処分を受けると3年間は営業停止・廃止をしなくてはなりません。行政処分を受けているのにも関わらず営業をしている探偵会社があったら悪質極まりないので選ぶ時には注意が必要です。

行政処分を受けている会社はこちらから確認できます。
(参考:警視庁HP:探偵業法に基づく行政処分)

⑤調査のリスクを紹介しているのか

探偵の調査であっても人間である以上失敗することもあるでしょう。浮気調査・身辺調査であれリスクの説明をした上で相談者が依頼をするというのが筋です。わざわざリスクを隠すのは、1度依頼を受けさえすれば料金が発生し探偵会社にお金が入ることが理由であり、依頼者のために動いていないので良い探偵とはいえないでしょう。

⑥誇張広告で判断してはいけない

「調査の成功率100%」などの広告を出している探偵会社は注意が必要です。なぜ成功率が高い理由というのをキチンと証明できなくては調査能力が高いのか低いのか判断できません。極端な話、1件しか調査をしていなくても成功率100%と言えてしまいます。嘘ではありませんが、調査力が心配なので、調査の成功率を謳う会社に依頼をしようと考えるのなら調査実績を確認するべきしょう

⑦探偵会社ができてどれくらいか

探偵スキルは一朝一夕で身につくものではないので実績が多いほうがいいでしょう。あなたも病気になって手術を受けることになったら、執刀医が新人よりベテランの医師の方が安心しますよね。探偵にも同じことが言えます。過去に実績がない探偵というのは経験が足りないことが多く調査力が低い可能性がありますので、依頼をするのであれば実績が多い探偵がおすすめです。もし、実績をお願いしても見せてはくれない探偵は怪しいので検討しましょう。

⑧報告書などのサンプルを見せてくれるか

浮気調査などの報告書の場合の調査報告書は写真・ビデオに書面が記されており、場合によっては裁判所に提出して第三者を納得させる資料になりますので、報告書を見せてくれない探偵がいたら注意しましょう。守秘義務があるといって過去の報告書を一切見せてくれないと言われてもサンプル用に作成したものでいいので見せてくれるように頼んでください。

  • 報告書の確認するポイント
  • 写真の人物が確認できるか
  • 報告書が5W1Hに沿ってまとまっているか
  • 客観的に書かれているか

調査対象の人物の顔がピンボケだったりすると本当にその人なのかを判断することができません。顔が誰なのか判別できないと証拠として不十分になる可能性もありますし、探偵の写真を撮る技術力もチェックできるポイントになります。

⑨依頼者とのトラブルの時に対応してくれるか

探偵会社もトラブルを望んでいる訳ではありませんが、結果についての行き違いによってはキャンセル料金を払う・払わないなどの金銭問題などで依頼者と探偵会社がもめることもしばしばあります。 責任能力がない探偵会社の場合には、誤魔化す・音信不通になることも実際にはあります。

このようなことになってしまったら払ったお金はもどってはきません。逃げられない会社を選ぶというとおかしな話になってしまいますが、ある程度の規模の探偵会社なら実績もある上に急にいなくなるといったこともないでしょう。

⑩アフターサービスのフォローはしっかりしているか

探偵は調査して事実を伝えることが仕事です。しかし、良い探偵というのは調査を終わった後でもアフターフォローはしてくれます。仮に浮気調査をした結果、夫が浮気をしていたと知った直後だと離婚を考えたくなるとは思いますが、本当に離婚をしていいのか他に方法はないのかなど細かくアドバイスをしてくれます。

浮気が発覚してすぐだと冷静な判断ができなくなっているので離婚しか選択肢がみえないとは思いますが、良い探偵はこれまでの実績を元にやり直すためにはどうすればいいのか・浮気の防止をするにはどうしたらいいのかなどの的確なアドバイスをしてくれます。

 信用できる探偵か判断する3つのコツ

探偵選び方_記事内画像

あなたが依頼をしたいなと思う探偵が本当に信用できるのか判断するコツを1つずつご紹介していきます。

①インターネットで選ぶ時のコツ

今の時代、探偵を探す時に1番インターネットを利用して探すことが多いと思います。正式な探偵であれば自分の探偵会社のホームページに探偵届け出番号を公表していますので絶対に確認しないといけません。探偵届け出を公表していない探偵は違法の探偵の可能性があるので依頼をしないでください。

探偵番号

②電話の対応で選ぶ時のコツ

電話で分かる悪い探偵の特徴として

  • 冷たい反応をする
  • 料金などの質問にあまり答えてくれない
  • とりあえず事務所で話そうと言ってくる

など対応は悪いです。試しにと一度でも事務所に行ってしまうと相手の思うツボで無理やり契約をさせられることもあるので、電話の対応が悪い探偵には依頼しないようにしてください。逆にどんな質問に答えてくれる丁寧口調でハキハキした回答で答えてくれて、「事務所に来てから話そう」など言ってこない探偵は良いと言えます。

③相談した時の場所や対応で選ぶコツ

気をつけておくべきところは面談する場所です。あなたの家の近くのファミレスや喫茶店を指定されても断り必ず探偵のオフィスで相談を受けてください。探偵の中には探偵事務所がない場合もあるからです。面倒でも探偵のオフィスは1度確認してください

もし、調査をするのにオフィスは関係ないなど断られた場合には本当にオフィスがないことをまず疑ってください。オフィスが確認できないと何かのトラブルや連絡がつかない場合などに実際に行くことができませんので損をするのはあなたです。

探偵と興信所の違い

探偵も興信所も調査をするといった意味では大きな違いはありませんが、調査の方法・調査のジャンルに違いがあるので表にまとめてみました。

調査機関 調査方法 調査ジャンル 調査対象
興信所 内観型調査(※1) 企業調査・市場調査など 法人
探偵 外観型調査(※2) 人探し・浮気など 個人

(※1) 内観型調査…調査対象との話し合い・電話などの聞き込み
(※2) 外観型調査…尾行・張り込みなどの 

興信所は身分を明かして調査を行い、探偵は誰にも気づかれないように調査をします。ただ、これは昔の話で現在は興信所・探偵と違いはありません。

専門的な調査を得意とする探偵の選び方

探偵の中には専門的な調査を得意とする探偵がいるのでご紹介していきます。探偵事務所は人探し・浮気調査のどちらかを得意としているケースが多いです。

浮気調査・尾行調査が得意な探偵

浮気調査は尾行や張り込みの調査が多いため地の利がある土地勘がある探偵の方が有利に調査を進めていくことができます。例えば、全国展開している探偵会社だとしても日本全ての土地勘はなく支店周辺の土地勘が1番強いといえます。浮気調査を依頼するのであれば調査対象者の近くにある探偵会社を選んでください。

人探し・所在調査が得意な探偵

浮気調査は尾行がメインの仕事になりますが、人探しというのは聞き込み調査がメインになります。基本的に聞き込み調査は時間が経つほど見つけにくいと言われているので、沢山の情報を得るために多くの調査員を投入しますし、日数が必要です。そのため、中小の探偵より豊富な調査員を抱えている大手の方がおすすめです。

人探し・尾行調査をしたいと考えている方はこちらの記事もチェックしてみてください。
(参考記事:探偵の尾行テクまとめ|人探し調査で尾行が必要になるケース)

まとめ

探偵を選ぶポイントはいくつかありますが、1番大事なのは探偵証明書があるかです。証明書がないということは違法な業者なので絶対に依頼をしないでください。

他にも特に大事なポイントを絞ると

  • 値段は安すぎていないか
  • オフィスは実在するか
  • 報告書を見してくれるのか

の3点です。違法な探偵・悪質な探偵はあの手この手であなたを騙そうとしてきます。騙されないためにも探偵を選ぶ時に良い・悪い探偵を判断することが大事です。あなたが良い探偵を選ぶことを願っています。

探偵の調査力について気になる方はこちらもチェックしてみてください
(参考記事:探偵を調査代金と調査力で選ぶ為の知識|相場より安く人探しする方法)

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る