愛知の行方不明者に関する情報提供先一覧|愛知で人探しするときのポイント

愛知での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

もし、あなたの大切な人が愛知県で行方不明になってしまったら、どのようにして探し出せばいいのでしょうか。より効率的に、よりスピーディーに探し出すコツはあるのでしょうか。

愛知県は東京、大阪と並ぶ日本の大都市の一つですが、地域によっては人通りが少ないところもあります。そのため、行方不明者の目撃情報が集まらないということも多々あります。

今回の記事では、愛知での行方不明者に関する情報提供先や、行方不明者の捜索を依頼できる機関などをご紹介します。

あわせて自分で簡単にできるインターネットを使った捜索方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

愛知での行方不明者に関する情報提供先一覧

愛知県警察

警察署のホームページで行方不明者に関する情報の入手と、行方不明者に関する情報の提供が行えます。いつ行方不明になったのか、行方不明になったとき何歳だったのかによって分けてあるので探している情報は比較的見つけやすいのではないでしょうか。

愛知県警察

ガッコム安全ナビ

ガッコム安全ナビは、行方不明者に関する情報が一覧で見られるサイトです。最新更新日も新しいので、行方不明者の情報提供サイトとして頻繁に多くの人が利用していると言えるでしょう。

ガッコム安全ナビ

おたがいさまねっと(北名古屋市)

こちらは北名古屋市のホームページで紹介されている、認知症の方の徘徊やそれに伴う行方不明事故を防止するための仕組みです。

事前にこのおたがいさまねっとに登録しておくと、行方不明情報が登録者にメールで送られてきます。可能な範囲で捜索につながりそうな情報を提供するという仕組みです。

おたがいさまねっと(北名古屋市)

【認知症の行方不明者に関するこちらの記事も読まれています】
認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ
認知症による徘徊で行方不明|1日も早く発見するべき理由と捜索方法
認知症事故|最悪のケースを回避するために家族が知るべき3つのこと

 

愛知で発生した行方不明事件

続いては、愛知県でこれまでに起こった行方不明事件・誘拐事件についてご紹介します。

名古屋市女子大生誘拐殺人事件

1980年12月2日、当時22歳の女子大生が元寿司店経営の30歳男性(名古屋市内在住)に誘拐され、殺害された事件です。

被害者の女子大生は、アルバイトとして家庭教師を行っていることを中日新聞の告知板に投稿しており、犯人の男がその投稿を見て女子大生に依頼の電話をしたところから事件が始まります。

男は愛人への仕送りなどで抱えた多額の借金の返済のために競輪と競馬に手を出し、さらに借金を抱え、金銭目的で誘拐を計画したというなんとも身勝手な事件です。

男は被害者女性の家族に3,000万円の身代金を要求しましたが、受け取りに失敗し、翌年の1981年1月20日に逮捕されました。

参考:名古屋市女子大生誘拐殺人事件(Wikipedia)

闇サイト殺人事件

2007年8月24日に愛知県で発生した、当時31歳の会社員女性が男3人組に誘拐拉致され殺害された上に死体を遺棄された事件です。

インターネットの闇サイト「闇の職業安定所」という名前のサイトで集まった、互いに面識のない3人の男が金品を奪う目的で事件を起こしました。

事件後、3人のうちの一人が自首したことによって事件が発覚しました。被害者の女性は、通り魔のような犯罪の被害に遭い、結婚を意識していた彼氏との幸せな生活の中、殺されてしまったのです。

参考:闇サイト殺人事件(Wikipedia)

 

愛知県の行方不明者を探してくれる機関

あなたの大切な人が突然行方不明になってしまったら、どこに相談し、どう探し出せばいいのでしょうか。ここでは、もしものときに頼れる機関をご紹介します。

警察

身近な人が行方不明になってしまったら、まずは警察に相談し、捜索願を出しましょう。緊急性が高いと判断された場合や、事件に巻き込まれている可能性が高いと判断された場合はすぐに動き出してくれます。

ただし、言い換えれば、そう判断されない限り積極的に動いてくれない場合がほとんどです。捜索願を出したときの警察の対応については、「捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応」の記事をご覧ください。

愛知災害救助犬協会

この協会は、災害の際、災害救助犬による被災者の捜索救助を行うとともに災害救助犬の育成や訓練を行っています。また、行方不明者の捜索救助に関する事業にも力を入れています。

7年の設立以来、20件の災害や、行方不明者の捜索に出動してきている実績がある団体です。

愛知災害救助犬協会

探偵

警察に相談してもすぐに動いてくれない場合や、災害や事故に巻き込まれたわけではなく自らの意思で失踪した場合は探偵に相談するのがベストだと言えるでしょう。

基本的に捜索依頼にお金がかからない警察やボランティアセンターと違い、自分で費用を負担する必要はありますが、依頼すればすぐに捜索を開始してくれるというメリットがあります。

【関連記事】愛知県で人探ししたい人必見!おすすめの探偵社・興信所

愛知で行方不明者を探すなら、原一探偵事務所への依頼がおすすめです。

44年の調査実績を誇る全国展開の大手の探偵事務所です。拠点が名古屋にあり、土地勘もあるのでご安心ください。

愛知での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

愛知の行方不明者をネットを活用して探す場合は

前章で行方不明者を探すための機関についてご紹介しましたが、まずは自力で探してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、行方不明になってしまった身近な人をインターネットを使って自分で探し出す方法について解説します。

愛知の行方不明者を探せるツール

Twitter

まずはTwitterを活用した方法が挙げられます。「#行方不明者捜索」「#人探し」「#地域(愛知県名古屋市 など)」といったハッシュタグをつけてツイートすると、それを見た人からの情報を得られる可能性が高くなります。

参考:#行方不明者捜索

拡散希望であることを冒頭やハッシュタグを利用して訴えると、より多くの人の目に触れるので、提供される情報の量も多くなりますし、見つけられる可能性も高くなります。

当サイト「人探しの窓口」でもTwitterを運用しています。行方不明者の捜索に関する知識や情報もこちらで随時更新していますのでよろしければフォローをお願いします。

人探しの窓口Twitter⇒https://twitter.com/hitosagashi_pro

【関連記事】ツイッター(Twitter)で人探し|人探しの方法と注意点まとめ

フェイスブック

Twitterと並んで普段から多くの人が活用しているフェイスブックも、使い方によっては行方不明者の捜索に活用できます。Twitterと違い、本名で登録するのが基本で利用者の年齢層も高めなので、集まった情報の信頼度も高くなるでしょう。

【関連記事】Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由

人探し掲示板などのサイト

探したい人の名前や身体的特徴、探している理由などの情報を掲載し、それを見た人から情報を提供してもらえる人探し掲示板も捜索に活用できます。

Twitterやフェイスブックに比べると利用者が少ないので、必ず情報提供してもらえるわけではありませんが、文字数制限がないので情報をより詳しく記入できます。

【関連記事】人探しは掲示板で可能か?|人探し掲示板の特徴とトラブル例

ジモティー

ジモティーは中古品の売り買いや、困っている人の助け合いなど幅広く活用されている、地元の人同士のやりとりがメインの掲示板です。

人探しのためのサイトではありませんが、行方不明になった人の情報も集めやすいという特徴があります。情報の受け皿を増やすという目的でジモティーにも情報を載せてみる価値はありそうです。

ジモティー愛知版 行方不明者情報

行方不明者の情報をネット上に書き込む際の注意

インターネットを活用した行方不明者の捜索は、自分でできる上に、お金もかからないのでとても便利なように思えますが、後々トラブルに巻き込まれないように以下の2点は覚えておいてください。

  • 個人情報が不特定多数の人に見られてしまう
  • 情報の真偽が不明

ネットの情報全般にいえることですが、ネットに載せた情報は誰でも簡単に見られてしまいます。だからこそ多くの人から情報を集めることができるのですが、個人情報の扱い方には十分注意しなければなりません。

一歩間違えれば、プライバシーの侵害になってしまったり、情報を載せられた人がストーカー被害に遭ってしまったりというリスクもあります

また、寄せられる情報が必ずしも正しい情報とは限らないので、誤った情報をもとに誤った判断をしないよう気を付けていかなければなりません。

 

まとめ

この記事では、愛知県で行方不明になってしまった人の捜索について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

事件や事故に巻きこまれて取り返しのつかない事態になることもあるので、「そのうち帰ってくるだろう」「大騒ぎしたら恥ずかしい」などと考えず、できるだけ早く行方不明者の捜索を開始してください。

「警察が動いてくれない」「自力での捜索もスムーズにいかない」という場合は、豊富な実績と経験を持つ原一探偵事務所に一度無料相談をしてみることを強くおすすめします。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから