大阪で人探しが得意な興信所3選|悪徳興信所を避け早期に発見する方法

身近な人が行方不明になり、あなた自身での調査が困難な場合は、あわててしまうこともあるでしょう。

平成28年度の統計によると、行方不明者届の受理数が約8万5,000件、大阪の全国人口比が約7%ですから、大阪府だけで約6,000人もの人が行方不明になっている計算になります。

人探しは、あなた自身でも不可能ではありません。Twitterなどで呼びかけることもできるでしょうし、身元不明のまま保護している行方不明者を通知するサイトもあります。

【関連記事】
人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ

ただ、大阪だけでも興信所は500以上あるといわれており、どこに依頼すればよいか迷ってしまいますね。

とくに人探しの場合、土地勘があることが求められるケースもあるので、地元密着型の興信所に依頼するとよいでしょう。

この記事では、大阪で人探しを依頼するのにおすすめの興信所を紹介します。なお、興信所と記載していますが、紹介する事務所の多くは『探偵社』です。

元は、興信所は企業の調査を、探偵社は個人の調査を行なうという違いがありましたが、現在ではそういったことはありません。

興信所も探偵社も、同じものであると理解してください。

【関連記事】
探偵と興信所の違い|探偵・興信所に依頼をする際の基礎知識と注意点

大阪の人探しに関する無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

大阪で人探しにおすすめの興信所3選

早速、大阪で人探しにおすすめの興信所を紹介します。

原一探偵事務所

無料相談 受付可(電話・メール)
対応時間 24時間・365日
全国対応 対応可
調査料金例 1日12万円~
クレジットカード払い 対応可
所在地(大阪) 大阪府大阪市淀川区西中島5-14-22 5階

原一探偵事務所は、創業44年(2018年現在)、解決実績が11万件ある大手の興信所です。

全国18ヶ所に事務所があり、大阪だけでなく色んな地域での人探しに即座に対応が可能です。探したい人が大阪にいない可能性が高いケースで依頼するのにもおすすめです。

原一探偵事務所の1番の特徴は高い調査力。人探し専門チームに配属された調査員が対応します。安心して人探しを依頼できるでしょう。

また、その調査力をかわれて、『徳光和夫の会いたい(TBS)』や『バンキシャ(日本テレビ)』など、さまざまなメディアでの調査に協力しています。

さらに、アフターケアも充実しています。

とくに行方不明になった人は、家族と対面したとき複雑な心情になることが多く見られます。感情的になったりしないようなアドバイスもしてもらえます。

人探しだけでなく、結婚調査や素行調査、いたずら調査などにも対応可能です。

大阪府を含む全国の家出人・失踪人調査可能!

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

大阪の地域別興信所一覧

ここまでは、人探しに特化している興信所を紹介しました。

ここからは、人探しにも対応してくれる代表的な興信所を、地域別に紹介します。

興信所選びの参考にしてください。

大阪市の興信所

吹田市の興信所

枚方市の興信所

茨木市の興信所

堺市の興信所

八尾市の興信所

人探しの依頼前にまとめておきたい情報

行方不明の原因は、恋愛トラブル、仕事トラブル、金銭トラブル、家族トラブルなど様々でしょう。

このうち注意すべきは、仕事や金銭関係を原因に失踪したケースで、早期に発見しなければ死の危険があります。

また、興信所の調査料金は時間制を採用しているケースが多いため、早く発見できればその分調査料金も抑えられます。

早期発見のために重要になるのが、どれだけ行方不明者の情報を提供できるかです。

ここでは、依頼前にまとめておきたい情報を紹介します。

基本的な情報

行方不明者の基本的な情報は、できるだけ伝えるようにしましょう。

具体的には、次のような項目について確認しておいてください。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 写真
  • 使用車両のナンバー
  • 携帯電話番号
  • 趣味
  • かかりつけの病院 など

所有物の情報

行方不明者が持って行ったものからでも、ある程度行動範囲が絞られるケースがあります。

どんな些細なことが早期発見に繋がるかわかりませんので、できるだけ多く情報を提供できるようにしておきましょう。

興信所に伝えるべき所有物の情報は次のようなものが挙げられます。

  • 財布
  • 所持金
  • 携帯電話
  • パスポート
  • 保険証
  • キャッシュカード
  • 免許書
  • 衣類 など

周辺の情報

周辺の情報も人探しでは非常に重要となるケースがあります。

男女トラブルが原因で失踪した場合、住所を変えて暮らしていることが考えられますし、金銭トラブルの場合、自殺してしまう可能性もあります。

行方不明者がどのような状況にあったのか、あなた自身で事前に確認しておきましょう。

  • 異性関係のトラブル
  • 職場でのトラブル
  • 金銭関係のトラブル
  • 友人間でのトラブル
  • 学校でのトラブル など

部屋の情報

行方不明者の部屋に残してある情報も、失踪先を推測するのに役に立つケースがあります。

どんな些細なことでも情報を提供できるよう、事前に次のようなことを確認しておきましょう。

  • パソコンの検索履歴
  • クレジットカードの使用履歴
  • 捨てられたレシート
  • 預金通帳(ATMの引き出し履歴)
  • 旅行ガイドブックなどの本の折り目
  • 郵便物
  • ゴミ など

人探しが得意な興信所の選び方

興信所は、『浮気調査』や『結婚調査』、『行動調査』など、人探し以外にもさまざまな調査を行なえます。せっかく依頼するのであれば、人探しに力をいれているところにお願いしたいですよね。

では、どのように人探しが得意かどうか判断すればよいでしょうか。具体的には次の2点について、興信所に直接尋ねてみてください。

【関連記事】
人探しを探偵に依頼する際の料金相場とトラブルを防ぐための注意点まとめ

①人探し専門のチームがあるか

前述のとおり、興信所への依頼は、『人探し』だけでなくさまざまなものが可能です。

しかし、使う機材や必要なノウハウ、培うべき経験は、調査内容によってまったく違います。

そのため、人探しに特化した専門チームがあれば、人探しが得意であると判断してよいでしょう。

②解決実績の割合や解決実績数はどれくらいか

専門チームがなくても、人探しを得意とする興信所はあります。それは興信所が多くの人探し調査を解決し、いろんなノウハウを蓄積しているケースです。

そのような興信所は、解決実績の割合や解決実績数で判断できるでしょう。

一概にはいえませんが、全体の解決実績の割合のうち3割以上が人探しであるケースや、解決実績数が5万件以上であれば、人探しが得意といってよいでしょう。

大阪を含む全国の家出人・失踪人調査可能!

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

悪徳な興信所に依頼しないよう確認すべきこと

悲しいことですが、世の中には調査料金を請求しておきながら、まっとうな調査をしていない悪徳な興信所も存在しています。

実際、国民生活センターに寄せられる相談件数は、年々増加傾向にあります。

引用:国民生活センター|探偵業者に関する消費生活相談

2016年時点では、アダルトサイトのトラブル解決をうたう興信所に関する相談が7割近くとなっていますが、それでもなお、調査内容に問題があるケースも一定数存在しています。

ここでは、悪徳な興信所と契約しないよう、依頼前に確認すべきことを紹介します。

【関連記事】
悪徳探偵の実態|実際に起きた悪徳探偵による被害と対処法

探偵業届出証明番号がHPに記載されているか確認する

2007年に施行された『探偵業法』により、興信所は、営業所ごとに公安委員会に届け出なければなりません。

このとき、届け出たことを証明する『探偵業届出証明番号』が発行されます。

一般的な興信所であれば、よほどのことがない限りHPなどに記載があります。

もし探偵業届出証明番号が確認できない場合には、公安委員会に届け出ず業務を行なっている可能性がありますので、避けた方が無難でしょう。

誇大広告をしていないか確認する

『必ず成功します』『弊社は調査成功率100%です』というように、大袈裟な広告をする興信所は避けた方が無難です。

きちんと調査をしても失敗することもありますし、何を『成功』とするかは契約によって異なったり、興信所側と依頼主側で定義が違ったりすることも考えられます。

そのような点を考慮することなく、調査能力をいたずらに誇示するような興信所は避けるべきです。

料金が相場より明らかに安くないか確認する

相場よりも格安の料金をうたう興信所には注意が必要かもしれません。

料金が安い分、十分な数の調査員を派遣せず、しっかりとした調査を行なわないことや、低い料金でとりあえず契約させておき、調査を長引かせて追加料金が発生するといったことになりかねません。

なお、一般社団法人東京都調査業会が行なったアンケートによると、1時間当たり1.5万円~2万円(調査員2名の場合)が平均的な調査料金です。

(参考:一般社団法人東京都調査業界)

この金額より明らかに安い場合には、依頼を避けた方がよいかもしれません。

事務所や固定電話の番号があるか確認する

調査後にトラブルになったとき、事務所を構えていたり、固定電話の番号があったりする興信所であれば連絡がつく可能性が非常に高いです。

一方、相談場所や契約場所が喫茶店といった場合や、連絡先が携帯電話などの場合、そもそもしっかりと調査せず、トラブルになった後に連絡がつかないといったことにもなりかねません。

相談前や契約前には、事務所や固定電話の有無をしっかりと確認しておきましょう。

契約を急かされないか確認する

興信所を選ぶときだけでなく、何かを買ったり契約したりするときには、多くの候補から比較検討し、納得してから決めますよね。

本当に依頼者のことを考えている興信所であれば、相談や見積もりの際にそのことをしっかりと理解しているため、契約を急かしてくることはありません。

一方、悪徳な興信所の場合、自社の売り上げのために契約を急かしてくることもあります。そのような興信所は避けた方がよいでしょう。

法令に基づいた手続きがされているかチェック

前述した『探偵業法』では、契約前と契約時に定められた手続きがあります。

契約前の手続き

●依頼者に、調査によって得た情報を違法な行為に用いないことを書面で交付してもらう
●契約締結前に、依頼者に以下の重要事項について書面で説明しなければならない

 

【重要事項】

 

・興信所の商号や名称・代表者氏名

・営業所の名称と住所

・興信所が法令を遵守すること

・業務上知った秘密を漏らさないこと

・業務の内容

・業務委託に関すること

・料金(概算)と支払い時期

・契約解除に関する決まりごと

・調査のために作成した資料の処分に関すること

契約時の手続き

●契約締結前に、依頼者に以下の重要事項について書面で説明しなければならない

 

【重要事項】

 

・興信所の商号や名称と代表者氏名

・契約の担当者氏名と契約した日

・調査の内容と期間

・調査内容の報告の方法と期限

・業務委託があるときは、その内容

・料金・支払い時期・支払い方法

・契約解除に関する方法

・調査のために作成した資料を処分するときには、その内容

これらのことについて、しっかりと説明しない興信所は法令を守っていませんので、依頼は避けましょう。

業界団体に所属しているか確認する

興信所にも業界団体があります。

業界団体では調査の適性や適法化を目指すため、所属団体にさまざまな施策を実施しています。

また、万が一トラブルになっときにも、団体が別の業者を紹介してくれたり、調停などのサポートをしてくれたりすることもあります。

業界団体に所属している興信所であれば、まず安心して調査の依頼ができるでしょう。

まとめ

大阪で人探しにおすすめの興信所を紹介しました。

たくさん紹介しましたが、調査力や料金を総合的に考えれば、『原一探偵事務所』への依頼を強くおすすめします。

解決実績が11万件もあることや、さまざまなメディアの調査に協力していること、他の興信所で断られた依頼を解決していることから、高い調査力があると判断できます。

また、原一探偵事務所は契約前に料金を明示します。調査後に追加で料金が発生することはありませんので、費用に関しても安心できるといえます。

人探しはあなた自身で行なうことも不可能ではありませんが、どうしても困難な場合には興信所に依頼するようにしましょう。

【関連記事】
探偵の人探し調査の料金項目と相場|費用を安くするコツと高くなる条件
無料相談窓口|人探しを警察ではなく探偵に依頼すべき本当の理由

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから