福岡の行方不明者に関する情報提供先一覧|福岡で人探しするときのポイント

福岡での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

福岡でもしも、あなたの身近な人が行方不明になってしまったら、どうやって探し出せばいいのでしょうか

福岡は、東京、大阪、名古屋と並び、都会なイメージのある地域で、中でも福岡市内は転勤族が多く県外から移り住んでいる人が多いという点が特徴です。

そのためか近所付き合いが希薄な方が多く、不審者が出ても気が付きにくいと言っても過言ではないでしょう。

今回の記事では、福岡での行方不明者に関する情報提供先や、行方不明者の捜索を依頼できる機関についてご紹介します。

自分で簡単にできるインターネットを使った捜索方法についても触れていますので、一刻も早くに探し出したいという方はぜひ参考にしてください。

福岡での行方不明者に関する情報提供先一覧

福岡県警察

福岡県の警察で行方不明者に関する届け出や情報提供ができます。警察本部の生活安全総務課に連絡しましょう。届け出る際に必要なものは、行方不明者の写真、印鑑です。

福岡県警察

ガッコム安全ナビ

行方不明者に関する情報が一覧で見られるサイトです。全国都道府県ごとの自治体から情報を収集しています。

行方不明者の情報の発生時間や、報告曜日の分布、犯罪種目別などのマスデータについても確認できます。

ガッコム安全ナビ

福岡県庁ホームページ

福岡県庁のこちらのホームページには、福岡県内で身元が分からないまま保護されている人の情報が掲載されています。

保護された場所や保護されたときの服装などが記載されているのが特徴で、主に認知症高齢者の情報提供の場として活用されています。

福岡県庁ホームページ(身元不明で保護された認知症高齢者等の情報について

 

福岡で発生した行方不明事件

続いて、福岡で過去に発生している代表的な行方不明事件をご紹介します。

福岡県女児殺害事件

2015年1月31日午前、福岡県豊前市の小学5年生の女児が知り合いの男に誘拐され行方不明になり、結果的に殺されてしまった事件です。

女児はこの日、母親に「遊びに行く」と告げて同級生の家に出かけました。しかし夕方になっても帰宅しないことから、母親が不審に思い警察に連絡。

犯人は女児が遊びに行っていた同級生の家に住む男で、女児とは顔見知りだったということです。

参考:福岡小5女児殺害事件の真相

福岡小6女児誘拐事件

2019年3月、小学校6年の女子生徒がSNSで知り合った23歳のアルバイト、永橋佳汰容疑者に誘拐された事件です。

永橋容疑者はSNSのメッセージのやり取りの中で、女子生徒を自分が住んでいる大阪市まで呼び寄せてホテルまで誘い込もうとしました。

幸いなことに女子生徒にケガはなく無事だったとのことですが、未成年者によるSNSの扱い方を誤った際の怖さを実感する事件となりました。

参考:福岡小6女児誘拐の疑いで大阪市の男逮捕

 

福岡の行方不明者を探してくれる機関

福岡で行方不明者を探すには、これからご紹介する機関に捜索を依頼するのがよいでしょう。

警察

まずは、行方不明になったことが判明したらすぐに警察に捜索願を出すようにしてください。ただし、警察は捜索願を受理したからといってすべてのケースで必ずしもすぐに捜索を開始してくれるわけではありません

警察に届け出が出される行方不明者の数は、年間8万人を超えます。そのため、緊急性が高いと判断されなければ積極的な捜索を行ってくれないのです。

一刻も早く見つけ出したい場合などは、警察に捜索願を出しただけで安心してはいけません。

福岡県警察

捜索願を出したときの警察の対応についての詳しい情報は、こちらの「捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応」を参考にしてくださいね。

福岡レスキューサポート・バイクネットワーク

オートバイの機動力を活かして災害時における情報収集活動や救援活動を行っているNPO団体です。

バイクを趣味にしている人たちによる非営利的なボランティア団体ですので、捜索の人手が欲しいときには連絡してみてください。

福岡レスキューサポート・バイクネットワーク

探偵

探偵は、警察と同じかそれ以上の捜索スキルを持ち合わせている上に、依頼さえすればすぐに捜索を開始してくれるという大きなメリットがあります。

もちろん、警察やボランティア団体に捜索を依頼することに比べると費用面でネックになることもあるかもしれませんが、一刻を争う事態であることを考えると、決して高い費用ではないと言えるでしょう。

探偵に行方不明者の捜索を依頼するのであれば、経験と実績が豊富で、費用面でも良心的な探偵に依頼することが大切です。

福岡で行方不明者を探すなら、原一探偵事務所への依頼がおすすめです。

44年の調査実績を誇る全国展開の大手の探偵事務所です。拠点を福岡にも構えており、土地勘もあるのでご安心ください。

福岡での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

探偵事務所によっては、「行方不明者の捜索を受け付けていなかった」「追加料金を取られて損をしてしまった」などのトラブルがありますが、原一探偵事務所であれば、人探しの実績も豊富で追加料金なしの明朗会計で捜索を行ってくれます。

一刻も早く無事に大切な人を見つけたいという方は、一度、原一探偵事務所に無料相談だけでもしてみることをおすすめします。

人探しを探偵に依頼したときの料金相場と安くする方法・注意点まとめ」では、探偵の行方不明者調査の料金について詳しく解説しています。

【関連記事】福岡県で人探しを依頼したい探偵社と探偵を選ぶポイント

 

福岡の行方不明者をネットを活用して探す場合は

そこまで緊急性が高くなく、警察や探偵に捜索を依頼するのは少し気が引けるという方は、まずは自力での捜索を試してみてもいいかもしれません。ここでは、インターネットを活用した探し方についてご紹介します。

福岡の行方不明者を探せるツール

Twitter

利用者が最も多いSNSサービスの一つであるTwitterは、実は行方不明者を探すのに適しています。

Twitterで、「#行方不明者捜索」「#人探し」「#地域(福岡県北九州市 など)」といったハッシュタグをつけて投稿すると、それを見た人からの情報を得られるかもしれません。

参考:#行方不明者捜索

なお、Twitterによる捜索の場合、できるだけ多くの人の目に触れることが大切になります。そのため「拡散希望」というハッシュタグを冒頭に入れて訴えるとより効果的でしょう。

【関連記事】ツイッター(Twitter)で人探し|人探しの方法と注意点まとめ

また、当サイト「人探しの窓口」では、Twitterを運用しております。探している方の情報など、拡散希望であればこちらのアカウントでリツイートさせていただくことも可能です。

行方不明者の捜索に関する知識や情報も随時更新しておりますので、よろしければフォローをお願いいたします。

人探しの窓口Twitter⇒https://twitter.com/hitosagashi_pro

Facebook

Twitterと並んで利用者の多いFacebook。こちらも行方不明者の捜索に活用することができます。

本名で登録するのが基本な上に、利用者の年齢層も高めなので、情報の信頼性は比較的高いと言えるでしょう。

Facebookを活用した人探しの方法については、こちらの「Facebookで人探しする方法」も参考にご覧ください。

人探し掲示板などのサイト

人探し掲示板は、その名の通り人探しに特化したネット上のサービスで、探したい人の名前や身体的特徴、探している理由などの情報を掲載し、それを見た人が情報を提供してくれるという仕組みです。

TwitterやFacebookに比べると利用者が少ないのですが、人探しをするための専用のサイトであることと、文字数制限がないのでより詳しく情報を書けるという特徴があります。

詳しくは、こちらの「人探しは掲示板で可能か?|人探し掲示板の特徴とトラブル例」をお読みください。

ジモティー

ジモティーは中古品の売り買いや、困っている人の助け合いなど幅広く活用されている掲示板です。

「ジモティーで人探し!?」と思うかもしれませんが、行方不明者の情報を記載し、同じ地域に住む人からの情報を待つという方法で有力な情報を得られるかもしれません。

現在はあまりそのような掲載は見受けられませんが、同じ地域に住む人同士のやりとりがメインですので、行方不明になった人の情報も集めやすいという特徴があります。情報の受け皿を増やすという意味で試してみてもよいでしょう。

ジモティー 福岡版 行方不明者情報

行方不明者の情報をネット上に書き込む際の注意

インターネットを活用して自力で捜索を行う方法は、手軽な上、お金もかからないのでとても便利です。

ただし、注意しなければいけないこともあります。後々トラブルに巻き込まれないよう、実施する前にぜひ次の2点を確認しておいてください。

  • 個人情報が不特定多数の人に見られてしまう認識を持つ
  • 情報の真偽が不明であることを心得ておく

ネットの特性として、ネットに載せた情報は誰でも簡単に見られてしまいます。

これはメリットでもあり、だからこそ多くの人からの情報を受けることができるのですが、個人情報の記載には十分に注意を払わないとプライバシーの侵害になってしまいます。

また、最悪の場合、情報を載せられた人(探し出したい人)がストーカー被害に遭ってしまうというリスクもあります。

2つ目の注意点としては、寄せられる情報が必ずしも正しい情報とは限らないという点です。

集まった情報が信用できるものなのかどうか、しっかりと自分の目で判断し、誤った情報に振り回されてしまわないように注意してくださいね。

 

まとめ

福岡で行方不明になってしまった人の捜索について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

身近な人が行方不明になってしまったら、「単なる家出だろう」「すぐに帰ってくるだろう」と甘く考えず、できるだけ早く捜索を開始する必要があります。

なぜなら、たとえ自分の意思で行方をくらましていたとしても、その間に事件や事故に巻き込まれてしまうリスクが高いからです。

なお、「警察が動いてくれない」「自力で探しているけどなかなか見つからない」という場合は、豊富な実績と経験を持つ原一探偵事務所に一度無料相談をしてみることをおすすめします。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから