失踪の原因

蒸発する人の心理|蒸発する原因と蒸発を二度とさせないための対策

蒸発する人の心理|蒸発する原因と蒸発を二度とさせないための対策

「蒸発した人を探したい…。」無料相談受付中

緊急の場合は【3日以内】の発見を目指してください。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずは無料でご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから


「昨日まで普通に生活していたのに、今日朝起きてみたらいなくなっていた…。」

蒸発とは、ある日突然人がいなくなってしまうことをいいます。蒸発するそのときまで、いつも通り何の変化もなく生活している人がほとんどで、蒸発した人の家族や友人はびっくりしてしまうケースもめずらしくありません。

蒸発する人の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、家族や友人が蒸発してしまった人に向けて、蒸発する人の心理や蒸発の原因、さらに蒸発を繰り返させない方法について紹介します。

この記事の監修者
鷹橋 公宣(たかはし きみのり)

振り込め詐欺や銀行員の巨額横領事件などの捜査を担当してきた元知能犯刑事。警察署勤務時代は幅広い事件を担当。
現在は退職し、法律事務所などのコンテンツを中心に執筆活動を続けるWEBライターとして活動中。noteでは警察のウラ話やお役立情報を発信。
元刑事ライターきみぽんのnote

蒸発する人の心理と原因

赤毛

蒸発する人の心理を確認してみましょう。

「〇〇にもう耐えられない」

なんらかの問題が発生したとき、大きな精神的ストレスが発生して、それに耐えきれなくなった場合に人は蒸発します。

耐えられないほどのトラブルとなる原因としては借金やいじめなどが挙げられます。

借金を返せる見込みがなかったり、いじめを誰にも相談できなかったりして、精神的に耐えられない状態になったとき、その問題から逃げるために蒸発するのです。

精神的に耐えられないことから蒸発する原因には、解離性遁走(かいりせいとんそう)という病気も挙げられます。

解離性遁走は、うつ病やアルコール依存症などによって精神状態が悪化した際に発症することが多く、症状があらわれると苦痛から逃れるために蒸発してしまいます。

蒸発中の記憶を完全に失う、蒸発中は別人を装う、蒸発前の記憶の一部を失うなどの特徴があり、軽度なら数時間で回復しますが重度になると数か月以上も治らないおそろしい病気です。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
警察庁の統計によると、行方不明になった原因の第一位は「疾病関係」でした。認知症によるものも含まれていますが、いずれにしても精神的な病が蒸発と深く関係していることは明らかです。

「関係を断ち切りたい」

同居する人や会社の人など、深く関わっている人との関係を断ち切りたいときにも人は蒸発します。

関係を断ち切りたいときの原因としては、駆け落ちやストーカー化した恋人、職場の人間関係の悪化などがあるといえるでしょう。

関係を断ち切りたい場合、駆け落ちであれば離婚、職場であれば退職届を出すなど、踏むべき手順があります。ところが、蒸発する人はそのときに生まれるであろう摩擦、つまり配偶者からの批判や、職場の人から『なぜやめるのか』と問い詰められることを極端に嫌がることで蒸発という行動にでてしまうのです。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
行方不明の原因のなかでも、家庭関係・事業や職業の関係をあわせると約30%に達します。うまく関係を断ち切ることもできず、困った末に蒸発してしまうようです。

「ひとりになりたい・何もしたくない」

特定の原因はないけれど、いろんなことが嫌になり、ひとりになりたい・何もしたくないために失踪する人もいます。

「ひとりになりたい」「何もしたくない」と考えて蒸発してしまう人の多くは、うつ病を発症していたり、うつ病が疑われる状態であったりします。

うつ病による蒸発は防護反応です。周囲の人はうつ病に気づいていないことが多く、いつの間にか蒸発していたり、自殺を図ってしまったりするケースがあります。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
うつ病などの精神疾患が原因で蒸発した場合は、ただちに捜索する必要があります。管轄の警察署で行方不明者届を提出して捜索してもらいましょう。

【関連記事】うつ病と失踪の危険な関係性|うつ病の人が失踪したときにとるべき5つの行動

「相手を困らせたい」

特に夫婦間でトラブルが発生したときに、相手からの愛情や信頼が感じられなくなってしまうと、相手を困らせたいという思いから蒸発する人もいます。

家を出て自分が居ないことで、相手を困らせてやりたい、自分がいることのありがたさをわからせてやりたいと考えているのです。

普段から夫婦間のコミュニケーションが不足していると「いつの間にかパートナーが蒸発していた」などという事態に陥ってしまいます。

【関連記事】夫婦喧嘩による家出の行き先|夫婦別の心理と仲直りの秘訣まとめ

蒸発する人を見つける方法

蒸発する人は、それまでの人生関係などをリセットしたいと考えているケースが多く、家族や友人と二度と会いたくないと思っている人がほとんどです。

蒸発する人は行き先が分かるような証拠を残すことはあまりなく、個人で探し出すには限界があるので、探偵に人探しを依頼することをおすすめします

探偵であれば、独自の情報網やさまざまなテクニック・技術をもっているので、まったく手がかりがないような人探しでも発見が期待できます。

探偵に人探しを依頼したいときに知っておきたいポイントなどは、別の記事でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

【関連記事】

探偵へ人探しの依頼をした時の料金相場|調査費を安くする3つのコツ

人探しを探偵に依頼する際の料金相場とトラブルを防ぐための注意点まとめ

探偵と興信所の違い|探偵・興信所に依頼をする際の基礎知識と注意点

緊急の場合もまずはご相談ください

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

 

蒸発を繰り返させないためにできること

はぐ

大切な家族や友人の蒸発は二度と繰り返させたくないはず。ではそのためにあなたができることは何なのでしょうか。ここで確認しておきましょう。

借金を原因に蒸発した場合

借金を原因として蒸発した場合には債務整理を勧めましょう

債務整理には、次の3つの方法があります。

任意整理 過去に支払すぎた利息や将来の利息をカットして借金を減額する
個人再生 裁判所に再生計画案を提出して、計画的に分割で返済する
自己破産 自らの資産を整理するかわりに借金額をゼロにする

いずれの方法でも、法律の決まりに従って借金が整理できるので、蒸発という手段に頼る必要はなくなるでしょう。

債務整理には弁護士への依頼が有効です。姉妹サイトの『債務整理ナビ』では、債務整理に特化した弁護士を紹介しています。

以下の関連記事を参考に弁護士への依頼を検討してください。

【関連記事】【弁護士監修】債務整理とは?|債務整理の方法4つをわかりやすく解説

いじめを原因に蒸発した場合

いじめを受けている子供は、親や先生、友人に相談できないケースがほとんどです。専門のカウンセラーなどの窓口に相談するべきでしょう。

いじめに悩んでいる方は、ここで紹介する窓口に相談してみましょう。

相談先 内容
チャイルドライン 18歳未満の子供が電話で相談できる。
24時間子供SOSダイヤル 子供だけでなく保護者の相談も受け付けている。
こどもの人権110番 法務局の局員に相談できる。
ヤング・テレホン・コーナー いじめなどの問題の他、不登校や親子関係の問題の相談を受付。心理カウンセラーと警察官が対応。
インターネット人権相談受付窓口 いじめなどの問題をメールにて回答。

※スマホの方は横にスライドできます

ストーカー化した恋人を原因に蒸発した場合

ストーカー化した恋人を原因として蒸発した場合には、警察への連絡が有効でしょう。

現在ではストーカー行為等の規制等に関する法律などが整理されており、警察への連絡で適切に対処してもらえるはずです。

もし、警察へ連絡したことによるストーカーの報復が怖い場合には、以下のような専門機関への相談をおすすめします。

相談先 内容
DV相談ナビ DVに関わる様々な相談の他、緊急時における安全確保のための保護や、生活自立促進のための情報提供や援助も受けられます。
民間シェルター 民間シェルターは民間団体が運営を行い、一時的な避難場所などを提供しています。
探偵事務所 ストーカー防止対策を行う探偵事務所も存在します。ストーカーの所在・行動を把握後、警察と協力して対策を行います。

※スマホの方は横にスライドできます

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
ストーカーを絶対に軽視してはいけません。全国では、ストーカー行為がエスカレートして傷害・殺人にいたったケースも少なくないからです。

夫婦げんかを原因として蒸発した場合

夫婦げんかでの蒸発は、少し頭が冷えれば家に戻ってくるケースがほとんどです。できるだけ早く帰宅してもらうためには、メールや手紙で心配していることなどを伝えましょう。

そして二度と蒸発させないためには、普段からコミュニケーションを取っておくことが唯一の対策です。

あまりにも夫婦仲が険悪な場合は、専門のカウンセラーに依頼することも検討しましょう。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
夫婦げんかからの蒸発はめずらしいことではありませんが、帰宅までの期間が長引くようなら捜索の必要があります。探偵に依頼して居場所を探し、説得して帰宅を促しましょう。

うつ病・解離性遁走

うつ病や解離性遁走は、精神科など病院への通院が必要不可欠です。専門医がカウンセリングしてくれるクリニックを探して治癒を目指しましょう。

 

まとめ

蒸発は周りの人に迷惑をかける行為ですが、蒸発する人には蒸発するだけの理由があるのです。蒸発の心理や原因が分かっていれば、事前に状況を察知し、あなたから声をかけることで蒸発を未然に防ぐことができるかもしれません。

蒸発した人を探す場合には、探偵への依頼をおすすめします。どの程度期間がかかるかの見通しや、どの程度費用が発生するかは、電話にて専門のカウンセラーが無料で教えてくれます。電話やメールなどでの相談も可能なので、まずは気軽に相談しましょう。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
蒸発が何度も繰り返されていると「そのうち帰宅する」と真剣にとらえなくなってしまいます。悪い結果を招かないためにも、蒸発を軽視せず早急に居場所をつかむことが大切です。

【関連記事】夜逃げした方の人探し方法|引っ越し先の確認法と調査のやり方について

原一探偵事務所 無料相談窓口
24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

全国対応
無料相談はこちらから