失踪

【元警察官監修】失踪者の発見・死亡事例|早期発見のポイント

【元警察官監修】失踪者の発見・死亡事例|早期発見のポイント

あなたの家族や大切な人がとつぜん失踪してしまったら、まず駆け込む先は最寄りの警察でしょう。

警察庁が公表しているデータによると、全国の警察には令和元年中に86,933人の行方不明者届が提出されています。

毎年80,000人を超える行方不明者が発生している現状があるなかで、あなたの元から失踪してしまった家族や大切な人は無事に発見されるのでしょうか?

このコラムでは、実際に失踪者の捜索や発見に携わってきた元警察官にインタビューしながら、失踪者を早期に発見するために重要なポイントをおたずねしていきます。

この記事の制作にご協力いただきました
鷹橋 公宣(たかはし きみのり)

振り込め詐欺や銀行員の巨額横領事件などの捜査を担当してきた元知能犯刑事。警察署勤務時代は幅広い事件を担当。
現在は退職し、法律事務所などのコンテンツを中心に執筆活動を続けるWEBライターとして活動中。noteでは警察のウラ話やお役立情報を発信。
元刑事ライターきみぽんのnote

人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

 

人探しの調査はスピードがとても重要です。可能な限り3日以内の発見を目指しましょう。

 

緊急性が高ければ、人探し調査の実績が豊富な原一探偵事務所に一刻も早くご相談ください。

失踪者が発見される割合

警察庁が公開しているデータでは、令和元年中に84,362人の失踪者が発見されています。

【引用】令和元年中における行方不明者の状況(図表)|警察庁

「所在確認」が85.2%

令和元年中に発見された失踪者のうち、85.2%にあたる71,910人が「所在確認」されました。

所在確認とは、無事に発見されて帰宅した、帰宅しないまでも生存が確認されたといったケースです。

この割合は「意外にも高い」と感じるのではないでしょうか。

警察への届出や自力での捜索など、何らかのアクションを起こせば高い割合で発見につながることがわかります。

届出から1週間以内に発見される割合は80%

所在確認された人の多くは、行方不明届の提出から1週間以内に発見されています。

【引用】令和元年中における行方不明者の状況(図表)|警察庁

届出の受理当日では46.8%、2~7日以内で34.1%、合計で1週間以内に80.9%の失踪者が発見されています。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
とくに認知症の失踪者は受理当日中に71.7%が発見されているので、とにかく素早いアクションを起こすことが大切です。

4.4%は死亡確認

残念ながら、失踪した人のなかには死亡して発見されるケースも存在します。

全体の4.4%といえばわずかな数字のように感じられますが、100人に4人が亡くなっていると考えれば「万が一」よりもずっと高い割合です。

統計上は明らかにされていませんが、その多くは自殺または転落・転倒などの事故死が占めています。

このデータをみると「生存までのタイムリミットは1週間」だと考えて対策を講じる必要があるといえるでしょう。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
警察署で実際に勤務していると、体感的には「自殺」がもっとも多かった印象があります。

【関連リンク:失踪とは|失踪者の発見率と早く見つけ出すための知識

元警察官にインタビュー|実際にあった失踪者の発見事例

ここでは、元警察官ライターの鷹橋さんに「実際にあった失踪者の発見事例」をおたずねしていきます。

人探し編集部
人探し編集部
警察庁のデータをみると「失踪してしまった人でも、多くはすぐに発見される」という結果がありますが、本当にすぐに発見されているんでしょうか?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
ご家族の人などから「行方不明者届」が提出されると状況に応じて捜索が始まりますが、ほとんどのケースで当日または翌日のうちに発見されています。
人探し編集部
人探し編集部
「ほとんど」ということは、つまり発見までに長い時間がかかったケースもあるということですよね?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
故意に失踪してしまったケースだと、うまく行方をくらませてしまうので発見までに時間がかかってしまうこともありますよ。とくにある程度は自由になるお金をもっている成人の場合は、何年も発見されないままというケースが少なくありません。
人探し編集部
人探し編集部
では、鷹橋さんが実際に携わったことがある失踪者の発見事例について教えてください。

もっとも多い「受理当日に発見」の事例

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
失踪事例のなかでもっとも多いのが「行方不明者届を受理した当日に発見された」というケースです。
人探し編集部
人探し編集部
具体的にはどんな事例がありますか?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
例を挙げるときりがないくらいなんですが…たとえば「遊びにいった子どもが帰ってこない」とか「とっくに仕事は終わっているはずなのに夫が帰宅しない」といった相談のほとんどが当日中に発見されています。
また「おじいちゃんが散歩に出たまま帰宅しない」といった届出も多かったですね。
人探し編集部
人探し編集部
その事例では、いなくなった方たちはなにをしていたんでしょう?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
子どもなら迷子や友だちの家に入り浸っていた、成人なら同僚や友人と飲食していた、高齢者なら認知症のため帰宅ルートがわからなくて徘徊していた、といったところです。
人探し編集部
人探し編集部
連絡ひとつあれば「失踪した!」なんて騒がなくてもよかったケースばかりですね。
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
でも、認知症を患っている高齢者の場合は注意が必要ですよ。

実際にあった事例では「おじいちゃんが散歩から帰ってこない」という届出を受けて一斉捜索すると、近所の用水路に転落してはまって動けなくなっていたというケースがあります。

人探し編集部
人探し編集部
それは危険な状態でしたね…
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
すでに失踪から数時間が経過してからの発見でしたが、擦り傷と打撲だけで済みました。

もし発見が遅れていれば、衰弱して亡くなっていたかもしれませんね。

人探し編集部
人探し編集部
やはり「早めのアクション」が大切ですね。

【関連リンク:失踪したときは警察を頼るのが正解!?失踪者を見つける5つの方法

まれにある「数か月後に発見」の事例

人探し編集部
人探し編集部
届出からかなり時間が経って発見された事例を聞かせてください!
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
そうですね…

「酔っぱらいが道ばたで寝ている」という通報を受けて保護したんですけど、所持品から素性を確認すると数か月前に別の警察署で行方不明者の届出を受けていた失踪者だったとか。

人探し編集部
人探し編集部
なぜ所持品から「行方不明者の届出が出ている」とわかるんですか?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
行方不明者届を受理すると、警察本部を通じて全国のデータベースに登録されるんです。

氏名と生年月日さえわかれば検索できるので、免許証や保険証をもっていれば確認できるんですよ。

人探し編集部
人探し編集部
ということは「酔っ払って保護された」というケースに限らず、警察官に素性を明かせば失踪者であることは判明するというですよね?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
そのとおりです。

事件を起こして取り調べを受けた、交通事故や交通違反で聴取を受けた、深夜徘徊をしていて職務質問を受けたなど、さまざまな警察活動を通じて失踪者が発見されています。

人探し編集部
人探し編集部
すると、時間が経っていても警察が発見してくれれば無事に帰ってくる可能性があるわけですね。
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
ところが、そうはいかないことも少なくないんですよ。

発見までに時間がかかっている失踪者は「訳アリ」の人が多いので、失踪者だと判明しても「帰りたくない」「居場所は知られたくない」と帰宅を拒まれてしまうケースもめずらしくないんです。

人探し編集部
人探し編集部
えっ?

警察に届出をしていれば、発見されたら自宅に連れ帰ってくれるんじゃないんですか?

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
自分で生活する能力がある人の場合は、原則として本人の意思が尊重されます。

つまり、本人が「帰りたくない」と主張すれば、家族には「警察が無事を確認しました」と報告するだけになってしまうんですよ。

人探し編集部
人探し編集部
それはちょっと意外ですね…
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
実際にあった事例で、事件の参考人として事情聴取をした相手が、実は数年前に家族から行方不明者の届出が提出されていることが発覚して…

「せめて自分から家族に連絡してみては?」と説得しましたが本人が拒んだので、こちらから家族に「無事でした」と報告をしたんです。

人探し編集部
人探し編集部
その方のご家族は納得してくれたんですか?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
いいえ、納得してくれませんでしたよ。

「無理やりにでも連れ帰ってほしい」といわれたけど、本人の意思が最優先なので居場所や連絡先も教えられませんでした。

ご家族の方からは「警察は役に立たない!」と怒鳴られてしまいましたよ…

「死亡発見」の事例

人探し編集部
人探し編集部
残念ながら亡くなって発見された…という事例もあるんですか?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
件数は多くありませんが、ありますよ。

奥さんから「夫が帰宅しない」との届出を受けて使用車両の手配をしたところ、パトロール中の警察官が景色の良い山にある展望台の駐車場で車を発見したんです。ところが、付近の駐車場や雑木林を捜索しても失踪者は見つかりませんでした。

人探し編集部
人探し編集部
一旦捜索が打ち切られたわけですね。
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
数か月経って、山菜を採りに山林に入った人が身元不明のご遺体を発見したんです。

所持品から展望台で行方がわからなくなった男性と判明したわけですが、発見現場は展望台から数キロも離れた山林でした。

人探し編集部
人探し編集部
数か月後…ということは、ご遺体はかなり損傷していたのでは?
元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
すでに腐敗していて、ご遺体の一部は野生動物に食べられていたようでした。

ご遺体のすべてを家族のもとへ帰してあげられなかったのは残念でしたね。

【関連リンク:自殺の疑いがある失踪の特徴|最悪の事態をさけるための対処法

事例から学ぶ「早期発見」のためのポイント

元警察官ライターの鷹橋さんに聞かせてもらった実例から、失踪者を早期に発見するためのポイントをまとめてみましょう。

「そのうち帰ってくる」ではダメ!ただちにアクションを起こすこと

失踪者の行方に関する手がかりは、時間が経つにつれて少なくなります

「数日前から行方がわからない」では手がかりが少なくなり、発見の可能性が低くなってしまいます。

用水路で発見された高齢者のように、発見が数時間遅れていれば生命の危険があったというケースもあるので、どんな方法でもいいので、とにかくただちにアクションを起こすことが大切です。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
失踪者の「生存までのタイムリミットは1週間」なので、立ち上がりが1日遅れてしまったせいで残念な結果になってしまうおそれがあると心得ておきましょう。

「失踪のサイン」を見つけることで対応が変わる

警察は、失踪者について「一般行方不明者」と「特異行方不明者」に分類します。

とくに危険のない一般行方不明者に分類されると手配だけで終わってしまい、積極的な捜索はおこなわれません。

特異行方不明者として受理された場合は積極的な捜索が期待できるので、本人の持ち物などから自殺をほのめかす内容などがないかをしっかりと確認しましょう。

本人が「居所を教えないでほしい」と希望した場合の対応

実例で聞かせてもらったように、警察が失踪者を発見しても本人が「家族には居所を教えないでほしい」と希望するケースもあります。

警察は失踪者の意思を尊重する

家族や大切な人が失踪してしまい、警察に行方不明者届を提出すると「発見されたら警察が保護して連れ帰ってくれる」というイメージを持っている方も多いでしょう。

ところが、自分で生活する能力のない未成年者や認知症・精神疾患などを患っている人でもない限り、無理やりに連れ帰ることはできません

事例で挙げたように、家族には「警察が無事を確認した」とだけ伝えてほしいと希望されるケースもあります。

家族が「すぐに行くので待たせてほしい」と求めても、無理やりにとどめおくことさえできません。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
警察は受理した行方不明者届を処理するという事務的な理由で、行方不明者から居所や連絡先を聞き取ります。しかし、この情報を本人の許可なく家族などに伝えることはできないのです。

探偵への依頼を検討する

警察が失踪者の住所や連絡先を教えてくれないときは、探偵に相談しましょう。

失踪者が発見された地域がわかれば「どのあたりに身を潜めている」のかの手がかりになります。

たとえば、A市に住んでいる家族が失踪してしまい、となりのB市で発見された場合、B市を管轄する警察署から連絡が入るわけです。

この情報をもとに探偵が詳しく調査すれば、張り込みや聞き込みなどの方法で本人を発見し、尾行して本人の居所を割り出すことができます

警察が住所や連絡先を教えてくれなかった場合でも、ご家族が失踪者本人と接触できる可能性があります。

元警察官 鷹橋
元警察官 鷹橋
警察から発見の連絡を受けたら、探偵に依頼してただちに調査をはじめてもらいましょう。時間が経ってしまうと別の街へ逃げてしまうおそれがあります。

【関連リンク:探偵の人探し調査はどうやって行うの?探偵の調査のやり方を解説

まとめ

失踪者が発見された実例を聞いてみると、意外にも「すぐに発見される」ということがわかったでしょう。

住所がはっきりしていないと仕事もみつからないので、よほどの不便を覚悟しない限り長期の失踪は困難なのです。

しかし、なかには強い覚悟をもって完全に行方をくらませてしまう失踪者もいます。

発見が遅れてしまったばかりに命を落としてしまうケースもあるので、家族や大切な人がいなくなってしまったら、ただちにアクションを起こしましょう。

もし、警察が発見しても失踪者本人が帰宅や連絡を拒んだ場合は、すぐに探偵に相談して所在調査を依頼するのがベストです。

関連リンク:
特異行方不明者とは大至急捜索すべき人|主な特徴と捜索方法まとめ
捜索願を警察に届け出る際の知識と届出時の警察の対応

原一探偵事務所 無料相談窓口
24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。
無料相談窓口はコチラ
メール相談はコチラ