都道府県別

大阪の行方不明者に関する情報提供先一覧|大阪で人探しする時のポイント

     
大阪の行方不明者に関する情報提供先一覧|大阪で人探しする時のポイント
大阪での人探しは「綜合探偵社MJリサーチ」へ

捜索願を出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

調査員が20年以上のベテラン精鋭揃いで業界トップクラスの「綜合探偵社MJリサーチ」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの相談可能
※ストーカー等、犯罪性のある調査依頼は請けかねますのでご注意ください。
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

大阪で大切な人が行方不明になってしまったら、どう対処すればいいのでしょうか

大阪は日本でも有数の都市で、多くの人でにぎわっている一方、治安が悪い地域があることも事実です。そのためか、事件に巻き込まれて行方不明になってしまうケースや、借金トラブルなどを理由に自ら行方を絶ってしまうケースが多く発生しています。

今回は、大阪で行方不明になってしまった人を探すための機関や情報提供先、そして、ネットを使って自力で捜索する方法についてご紹介します。

大阪での行方不明者に関する情報提供先一覧

大阪府警察

大阪府の警察署のホームページには、行方不明者を探すコーナーが設けられています。こちらのページで行方不明者に関する情報の入手・提供を行うことができます。

大阪府警察

ガッコム安全ナビ

民間企業が運営しているこちらのサイトでは、行方不明者に関する情報を一覧で見ることができます。行方不明者情報の発生時間、報告曜日の分布などのマスデータも確認することができるのが特徴です。

ガッコム安全ナビ

大阪府茨木市身元不明者情報

茨木市で行方不明になった人に関する情報を得たい、探したいという場合は、茨木市役所が運営しているこちらのサイトを利用することができます。

行方不明者の情報に関して質問したい場合は、電話やファックス、メールから問い合わせることが可能です。

大阪府茨木市身元不明者情報

 

大阪で発生した行方不明事件

泉南郡熊取町小4女児誘拐事件

大阪府熊取町で2003年に、当時小学4年の女子児童(吉川友梨さん)が行方不明になった事件です。白色のトヨタ「クラウン」に乗っている男性が被害者の女子児童を連れ去ったと見られています。

行方不明になっている女子児童の発見や被疑者の検挙に関係する情報に対して300万円の懸賞金がかけられていますが、いまだに事件は未解決となっています。

【参考:泉南郡熊取町小4女児誘拐事件

寝屋川市中1男女殺害事件

2015年8月13日に大阪府寝屋川市に住む中学1年生の男女が行方不明となり、それぞれ遺体となって発見された事件です。

殺されてしまった男女2人が駅前のアーケード近くを通るのを防犯カメラがとらえており、それを最後に行方が分からなくなってしまいました。

その直後に不審な車も防犯カメラに写っており、この車の所有者が容疑者として逮捕されています。この男性は黙秘を続けていましたが、車内から検出された血液が殺された女子の血液とDNA鑑定で一致したため、事件は解決しました。

【参考:寝屋川市中1男女殺害事件

大阪摂津市・小2児童誘拐事件

1999年12月20日、当時小学校2年の寺西沙弥夏さんが何者かに連れ去られ行方不明になった事件です。

犯人からは身代金の要求があり、指示通りにお金を持っていくものの犯人は現れず、2日後に沙弥夏さんは無事に保護されました。

元・市職員で警備員の男性が翌年に犯人として逮捕されました。

【参考:大阪摂津市・小2児童誘拐事件

 

大阪の行方不明者を探してくれる機関

大阪で身近な人が行方不明になってしまった場合、探し出すためにはどこに捜索を依頼すればいいのでしょうか。ここでは行方不明者を探してくれる機関をご紹介します。

警察

まずは、警察です。身近な人が行方不明になった場合、恐らくほとんどの方が、真っ先に警察に捜索願を出して捜索を依頼することを思いつくのではないでしょうか。

行方不明者を探すための第一歩として、警察に行き捜索願を出すことはとても大切なことです。ただし、捜索願を出したからといって、必ずしもすぐに捜索を開始してくれるというわけではありません

行方不明の状況によって、すぐに捜索を開始してくれる場合と、そもそも積極的に探してくれない場合があるのです。

捜索願を出した時の警察の対応については、こちらの「捜索願を警察に届け出る際の知識と届出時の警察の対応」に詳しく記載していますので、ぜひ参考にしてください。

大阪府警察

レスキューアシスト

災害が原因で行方が分からなくなった場合に捜索を依頼できる機関が、こちらのNPO機関のレスキューアシストです。大阪を拠点に全国の被災地で活動している団体で、警察でも捜索できない場合なども積極的に捜索活動をしてくれます。

ただし、自分の意思で行方不明になった場合や、人為的な事件に巻き込まれた場合などは依頼しても対応してもらえない場合もあります。その場合は、やはり警察に緊急性を訴えて捜索をしてもらえるようにするか、人探しのプロである探偵に捜索を依頼せざるを得ないでしょう。

レスキューアシスト

探偵

探偵に依頼すると費用はかかってしまうのですが、高度な捜索スキルと経験を持ち合わせている上に、警察とは違い依頼さえすればすぐに捜索を開始してくれる点が大きな魅力です。

特に、大阪で行方不明を探す場合は、メディアでも有名な原一探偵事務所に捜索を依頼するのが最もおすすめと言えるでしょう。

大阪で行方不明者を探すなら、原一探偵事務所への依頼がおすすめです。

全国展開の大手探偵事務所で46年の調査実績を誇り、大阪の土地勘もあります。人探し調査はお任せください。

大阪での人探しは「綜合探偵社MJリサーチ」へ

捜索願を出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

調査員が20年以上のベテラン精鋭揃いで業界トップクラスの「綜合探偵社MJリサーチ」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの相談可能
※ストーカー等、犯罪性のある調査依頼は請けかねますのでご注意ください。
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

また、探偵事務所によくある、「追加料金を取られて損をした」「料金体系が分かりにくくて怖い」などのトラブルもなく、顧客満足度が高い点も魅力です。

一刻も早く無事に大切な人を見つけるために、一度、原一探偵事務所の無料相談だけでも活用してみてはどうでしょうか。

人探しを探偵に依頼した時の料金相場と安くする方法まとめ」の記事で探偵の依頼料金について詳しく解説しています。

【関連記事】
大阪で人探しが得意な興信所|悪徳興信所を避け早期に発見する方法

 

大阪の行方不明者をネットを活用して探す場合は

この章では行方不明になってしまった身近な人を、インターネットを活用して自力で探す方法についてご紹介します。

大阪の行方不明者を探せるツール

Twitter

多くの方が普段から利用しているTwitterは、実は行方不明者を探すのに適したサービスなのです。

Twitterで「#行方不明者捜索」「#人探し」「#地域(大阪府堺市 など)」といったハッシュタグをつけて投稿すると、より効率的に捜索することができます。

【参考:Twitter

なお、より多くの人に投稿を見てもらった方が、提供される情報の量も必然的に多くなります。寄せられる情報量が多ければ多いほど見つけられる可能性も高くなりますので、冒頭で「拡散希望」と記載するのがおすすめです。

【関連記事】
ツイッター(Twitter)で人探し|人探しの方法と注意点まとめ

なお、当サイト「人探しの窓口」のTwitterでは、行方不明者の捜索に関する知識や情報などを更新しています。

探している方の情報など、こちらのアカウントで拡散することも可能です。あなたの大切な人の捜索に少しでもお役に立てるかもしれませんので、よろしければフォローやDMをお待ちしています。

人探しの窓口Twitter⇒https://twitter.com/hitosagashi_pro

Facebook

Twitterと同様、多くの人が普段から使っているSNS、Facebookも行方不明者の捜索に活用できます。

FacebookはTwitterと違って本名で登録するのが基本ですし、利用者の年齢層も高めなので、情報の信頼性も比較的高いのが特徴です。

Facebookを使った行方不明者捜索の方法については、こちらの「Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由」により詳しく記載していますので、参考にしてみてくださいね。

人探し掲示板などのサイト

行方不明者の捜索を専門としているサイトとして、「人探し掲示板」も挙げることができます。探したい人の名前や身体的特徴、探している理由などの情報を掲載し、閲覧者からの情報提供を待ちましょう。

人探しの専用サイトなので、閲覧する人もそういったことを前提に見てくれますし、文字数制限がないので、より詳しく情報を書けるという特徴があります。

デメリットは、TwitterやFacebookに比べると利用者が少ないので、情報提供をしてもらえるまでに時間がかかってしまうという点です。一刻も早く見つけ出したいというケースには向かないかもしれません。

詳しくは、こちらの「人探しで使える掲示板|特徴とトラブル例もあわせて紹介」をお読みください。

ジモティー

ジモティーは「売ります・買います」「困っています・助けます」をキャッチフレーズにしている掲示板サイトです。

人探しのためのサイトではありませんし、現在、人探しに関する投稿はほとんど見られませんが、地元の人同士のやりとりがメインという特徴を持つサービスなので、行方不明になった人の情報も集めやすいはずです。

TwitterやFacebookの投稿をそのまま載せるだけでもいいので、情報の受け入れ窓口を増やすという意味で載せてみてはいかがでしょうか。

ジモティー 大阪版 行方不明者情報

行方不明者の情報をネット上に書き込む際の注意

ネットを使った行方不明者探しは、手軽でお金もかからないのがメリットです。ただし、利用するにあたって以下の2点は覚えておきましょう。

  • 個人情報が不特定多数の人に見られてしまう
  • 情報の真偽が不明である

ネットで情報を流すと、誰でも簡単に見られてしまいます。そのおかげで見ず知らずの人からも有益な情報を得られるのですが、個人情報の記載には十分に注意を払う必要があります

むやみに個人情報を載せてしまうとプライバシーの侵害になってしまったり、ストーカー被害に遭ってしまったりというリスクもあります。

また、いたずら半分で情報を載せる人も中にはいますので、間違った情報に振り回されて判断を誤らないように細心の注意を払う必要があるでしょう。提供された情報が信用できるものかどうか、しっかりと見極めてください。

 

まとめ

大阪で行方不明になってしまった方の情報提供先や捜索方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

事件や事故に巻き込まれて行方不明になってしまった場合も、自分の意思で行方をくらました場合も、早く見つけ出さなければ手遅れになってしまうこともありえます。

「捜索願を出したのに警察が動いてくれない」「ネットで探してみたけどなかなか情報が集まらない」という場合は、調査実績46年の調査のプロである原一探偵事務所に一度無料相談してみることをおすすめします。

MJリサーチ 無料相談窓口
24時間相談可能 相談・見積無料
即日調査可能 年間相談実績3600件以上
MJリサーチでは、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。MJリサーチがあなたのお力になります。
無料相談窓口はコチラ
電話お問い合わせ 電メールお問い合わせ