Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由

Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由

Facebook(フェイスブック)は人探しに大変便利です。2004年にアメリカ合衆国の学生向けに開始されたサービスですが、今や世界的に普及し日本でも多くの人が利用しています。

Facebookが他のSNSと大きく違うのは、原則実名で登録する点です。まさに人探しに適したツールと言えます。

また、FacebookはTwitter(ツイッター)と比較すると利用者の年齢層が広いのも特徴の一つです。Facebookを仕事で活用している中高年の方も大勢います。

同郷の初恋のあの人、携帯電話の故障後に連絡が取れなくなってしまった友人、恋い焦がれた高校の先輩…など、本人がfacebookを活用していれば、いとも簡単に探し出し、連絡を取り会うことが可能です。

全てのSNSは情報のシェアやコミュニケーションを目的としています。したがって、事件性があるなどの緊急の行方不明者を探し出すことは困難と言えるでしょう。

今回はこのFacebookで可能な範囲で行える人探しの方法、また、検索にヒットしない原因についても解説していきましょう。

「あの人と連絡がとれない…。今すぐ、会いたい…!」人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

Facebookで人探しをする方法

冒頭でお伝えした通り、Facebookは原則実名登録です。その他にも、以下の内容を登録することが可能です。

  • 生年月日
  • 勤務先
  • 居住地・出身地など行動地域
  • 出身校などの学歴
  • 交際関係・家族構成
  • 電話番号・メールアドレス
  • Facebook以外に利用しているサイトやSNS

このようにFacebookは個人情報の塊です。これらを組み合わせて検索することで、会いたい人を見つけだすことができるでしょう。

早速、Facebookで人探しを行うやり方をご紹介します。

名前検索

もっともオーソドックスで簡単なのが、名前の検索です。Facebookにログインすると上部に検索窓が表示されますので、探したい人の名前を入力して検索します。

本人がFacebookを本名で登録していれば、ここでヒットして本人のページにジャンプすることができます。ほとんどのユーザーが実名で登録しているので、探し出せる確率はかなり高いでしょう。

もし実名で表示されないのであれば、ローマ字入力をしたり、本人が使っていると思われるニックネームを入力したり、名前と名字の前後を入れ替えて入力したりすることで見つかることもあります。

例えば、田中太郎さんを探している場合、田中太郎だけでなく、taro tanakaなどでも探してみましょう。

また、Facebookに登録していれば、Google(グーグル)の検索窓に実名を入力しても、Facebookのページが表示されます。

条件絞り込み検索

探したい人の条件を絞り込んで検索することも可能です。

以下のように出身地・居住地・出身校などを絞り込んでの検索や、共通の友人経由で探し出すこともできます。

%e6%9d%a1%e4%bb%b6%e6%a4%9c%e7%b4%a2

メールアドレス検索

メールアドレスが判明している場合も、この手がかりをもとにFacebook上で本人を探し出すことが可能です。

「友達を招待」ボタンをクリックすると、メールサービスやアプリから連絡をとったことがある友人を検索することができます。

Facebookに探してもらう裏技

自分のスマートフォンに登録されている電話帳内の連絡先を一気に送信して、登録している連絡先が該当するかどうかFacebookに検索を行ってもらうという方法もあります。

手順

  1. Facebookにアクセスして、画面の右上または右下に表示される三本線のアイコンをタップ
  2. 表示されたメニュー一覧から、お気に入り内の「友達」をタップ
  3. 右上に表示される連絡先をタップ
  4. 「facebookは友達が多いほどたのしく利用できます」といった画面の下にある開始ボタンをタップ
  5. 連絡先情報がFacebookにアップロードされ、自身が登録しているメールアドレスを検索後、ヒットした人の一覧が表示される

この際、気になれば「友達になる」ボタンを押して友達リクエストを送ることも可能で、あとは相手方から承認されるのを待つだけとなります。

友達や「知り合いかも?」から検索

共通の友人だと考えられる人と関わりを持っている人の中から探すことも可能です。

地道な作業になりますが、共通の友人の友達リストや、投稿にいいねやコメントをしている人、一緒に写真に写っている人などを確認してみるのも一つの方法です。

もっと便利な機能が、「知り合いかも?」です。自分で探さなくてもFacebookがあなたの友達リストやそのつながりを判断し、”あなたと知り合いかもしれない人物”を勝手にピックアップして表示してくれます。

もしかしたらこの中に、探したい人物の情報があるかもしれません。定期的にチェックしましょう。

Facebookの人探しで探している人を見つけたら

Facebookの人探しで、探している人が見つかったら、Facebook上で直接メッセージを送ることも可能です。

ただし、人によっては会いたくないと考え、Facebookに「通報」してペナルティが科せられる恐れもあります。

まずは友達申請をしてみるなど様子を見てみたほうがよいでしょう。また共通の友人に、連絡が取れるかどうか聞いてみる方法もあります。

Facebookで検索できない時に考えられる原因

Facebookで検索をしてみたけど、どうやっても見つからないといったこともあります。その原因を解説します。

Facebookに登録していないから

考えられる原因の1つが、探したい相手がFacebookに登録していないからです。

Facebookで行える人探しは、探したい人物もFacebookを利用していることが絶対の条件です。

Facebookを利用しておらず、登録すらしていないという人物に関しては、どれだけ検索しても該当することがありません。

SNSでの人探しで言えるのは、自ら行方をくらませた人の人探しは難しいということです。

自分で失踪した人が、自分の情報を発信しているというのは、考えにくいでしょう。匿名のSNSならまだしも、実名登録のFacebookを利用する必要性はありません

Facebookに登録したばかりだから

探したい人物がFacebookに登録して間もない時には、氏名が検索できない可能性があります。登録後にしばらく期間がおかれると、問題なく検索することができるでしょう。

公開範囲を限定しているから

探したい人物が、自分の情報を公開できる範囲を「友達」のみ、または「友達の友達」のみに設定していると、その設定条件をクリアしない限りは検索しても該当しません。

ブロックされているから

Facebookには、特定のユーザーをブロックするという機能があります。このブロック機能を使ってあなたからの検索や閲覧が不可能な状態に設定されていると、どのような検索方法を試みても該当しません。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

Facebookより確実な人探し。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。

緊急性の高い人探しはFacebook以外の方法を検討すべき

大変便利なFacebookですが、冒頭でも述べたように、早急に的確に人探ししたい人には不向きです。

Facebookで行えるのはあくまでも「検索」

確かに人探しであることに間違いはありませんが、Facebookで行える人探しのベースとなっているものは「検索」です。

情報を得られると言っても、探したい人物がFacebook内に落としている情報、またはその人物の友達が落としている情報の検索・閲覧しか行うことができません。

連絡先がわかったらいいなぁくらいの人探しには絶好かもしれません。

しかし、失踪・行方不明として事件性がある場合や一刻の猶予も許されない命の危険が伴うような場合においては、他の人探しの方法を検討すべきです。

検索結果は全てが正しい情報ではない

Facebookの人探しに限ったことではないですが、インターネット上で行う人探しにおいて最も重要なのは、的確な情報の取捨選択です。

例えば全くの他人がAさん(仮)の誤った情報を流すこともできれば、自分がAさんであると偽って情報を投稿することもできてしまいます。

その真偽を確かめる術はありません。誤った情報に惑わされないように注意しながら、上手にインターネット上の情報と向き合いましょう。

Facebookで人探しできなかった場合

Facebookで人探しができなかった場合、上記でお伝えした通り、別の方法で探すべきです。

Facebookは便利なツールですが、探したい人が登録していなかったり、ブロックしていれば、Facebook上で検索をしても永遠に見つかりません

もしあなたが、行方不明になってしまった人を探しているのであれば、まずは警察に行方不明者届を提出してください。警視庁の統計によりますと、行方不明者の発見率は一週間を境にぐんと低下してしまいます。

引用元:警視庁|行方不明者

「あの時こうしておけばよかった…」と後悔することがないよう、適切な対応をしてください。

また、探偵は警察が対応してくれない事件性の低い人探しから、十数年前の初恋の人や恩師、先輩などを見つけ出すことも可能です。

Facebookでの人探しには限界がありますので、どうしても会いたい人がいるのであれば、無料相談を活用して、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。

【関連記事】
行方不明者届とは|行方不明者届の正しい出し方と注意点

まとめ

簡易的な人探しであればSNSでの検索で事足ります。しかし、失踪や事件性が高い場合などは警察や探偵などの調査の専門機関に依頼するようにしましょう。

人探しの目的に沿って手段も変えることが、効率的な人探しのポイントです。

 

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから