人探しの方法・手段

Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【 注目 】

どこに相談すべきかわからない方

▼こちらでわかりやすく解説しています▼

【 人探しの相談先まとめ 】

Facebook(フェイスブック)は人探しに大変便利なツールです。2004年にアメリカ合衆国の学生向けに開始されたサービスですが、今や世界的に普及し日本でも多くの人が利用しています。

同郷の初恋のあの人、携帯電話の故障後に連絡が取れなくなってしまった友人、恋い焦がれた高校の先輩…など、本人がfacebookを活用していれば、いとも簡単に探し出し、連絡を取り会うことが出来ます。

しかしあくまでもコミュニケーションをしながら様々な情報をシェアすることが目的のツールであるため、早期解決が求められる事件性の高い失踪者を探し出すことは困難と言えるでしょう。

今回はこのFacebookで可能な範囲で行える人探しの方法、また、検索にヒットしない原因についても解説していきましょう。

「あの人と連絡がとれない…。今すぐ、会いたい…!」人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

 

Facebookは人探しも行える

過去の知人とのつながりだけでなく、現在進行形の関係においてもSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は人間関係に大きな影響を与えています。

SNSで人探しが行える時代になった

従来のガラパゴス携帯に加え、パソコンの機能も取り込み、個人情報が集約されたスマートフォンは、人とのつながりをサービスにする企業の注目の的になりました。それが、FacebookやLINEといったSNSサービスです。

SNSとは、人と人とのつながりを促進・支援する、コミュニティ型のWebサイトおよびネットサービス。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する会員制のサービスで、Webサイトや専用のスマートフォンアプリなどで閲覧・利用することができる。

(引用元:IT用語辞典

メールなどの利用に代わる連絡手段として用いられるようになったサービスで、メールに比べてメッセージのやりとりが簡単であることが受け、利用者が急増しました。こうしてスマートフォン利用者=SNS利用者という図式が当たり前となり、「友達がFacebookをやっているから」「限られた友達グループでLINEしたいから」という理由で、それぞれのSNSに加入しています。

もしも何らかの理由で個人情報のやりとりが行えなくなったり、居場所がつかめなくなったりしたとしても、SNS上ですぐに探し出して特定の人の情報を掴むことが出来たり、また自分から情報を発信することが出来るので、お互いがSNSを利用していてサービスがなくなりでもしない限りは、半永久的にやりとりが可能なわけです。

代表的なSNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • mixi
  • Google+
  • WhatsApp
  • WeChat
  • カカオトーク
  • Snapchat

Facebookの利用率

SNSの中でもfacebookは世界的に普及していると述べましたが、その数は全世界で13億人を超えるとも言われています。日本ではおよそ2,100万人以上が利用をしており、その中でもおよそ1,400万人以上の人がFacebookに1日1回はアクセスしています。

尚、以下はアメリカのデータですが、大型SNSが普及することでこれだけの”人とのつながり”が可能になります。

  • インターネットユーザーの71%がFacebookを利用
  • 87%のユーザーが高校の頃などの「昔の友達」とFacebookで繋がっている
  • 58%が同僚とFacebookで繋がっている
  • 45%が親とFacebookで繋がり、43%が子供と繋がっている
  • 39%が一度も会ったことのない人とFacebookで繋がっている

(参考:PewResearch

 

Facebookで人探しする基本的なやり方

それでは早速、facebookで人探しを行うやり方について以下でまとめていきましょう。

名前検索

Facebookにログインすると上部に検索窓が表示されます。ここに、探したい人物の名前を入力してみましょう。

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%aa%93

本人がFacebookを本名で登録していれば、ここでヒットして本人のページにジャンプすることが出来るはずです。ほとんどのユーザーが実名で登録しているので、探し出せる確率はかなり高いと言えるでしょう。

条件絞り込み検索

探したい人の条件を絞り込んで検索することも可能です。例えば以下の名前検索では、実名がヒットしない場合はローマ字入力をしたり、本人が使っていると思われるニックネームを入力したり、名前と名字の前後を入れ替えて入力したりして再度検索を試みましょう。

%e5%90%8d%e5%89%8d%e6%a4%9c%e7%b4%a2

また、以下のように出身地・居住地・出身校などを絞り込んで検索することも出来、共通の友達がいればその友達経由で探し出すことも可能です。

%e6%9d%a1%e4%bb%b6%e6%a4%9c%e7%b4%a2

メールアドレス検索

メールアドレスが判明している場合も、この手がかりをもとにFacebook上で本人を探し出すことが出来ます。「友達を招待」ボタンをクリックすると、メールサービスやアプリから連絡をとったことがある友人を検索することが出来ます。

Facebookに探してもらう裏技

自分のスマートフォンに登録されている電話帳内の連絡先を一気に送信して、登録している連絡先が該当するかどうかFacebookに検索を行ってもらうという方法もあります。

Facebookにアクセスすると、画面の右上または右下に三本線のアイコンが出てきます。このアイコンをタップするとメニュー一覧が表示されるので、お気に入り内の「友達」をタップし、次に右上にある「連絡先」をタップしましょう。

すると、「facebookは友達が多いほどたのしく利用できます」という画面が開くので、下にある「開始する」というボタンをタップしましょう。すると連絡先情報がFacebookにアップロードされ、自身が登録しているメールアドレスを検索後、ヒットした人の一覧が現れます。

この際、気になれば「友達になる」ボタンを押して友達リクエストを送ることも可能で、あとは相手方から承認されるのを待つだけとなります。

その他

「知り合いかも?」機能は、自分で探さなくてもFacebookがあなたの友達リストやそのつながりを判断し、”あなたと知り合いかもしれない人物”を勝手にピックアップして表示してくれる、大変便利な機能です。もしかしたらこの中に、探したい人物の情報があるかもしれません。

 

Facebookで検索できない時に考えられる原因

検索をしてもヒットしない原因として考えられる主なものを以下にまとめていきましょう。

Facebookにそもそも登録していないから

あくまでもFacebookで行える人探しは、探したい人物もFacebookを利用していることが絶対の条件になります。つまり、Facebookを利用しておらず、登録すらしていないという人物に関しては、どれだけ検索しても該当することがありません。

Facebookに登録したばかりであるから

探したい人物がFacebookに登録して間もない時には、氏名が検索できない可能性があります。登録後にしばらく期間がおかれると、問題なく検索することが出来ます。

公開範囲を限定しているから

探したい人物が、自分の情報を公開できる範囲を「友達」のみ、または「友達の友達」のみに設定していると、その設定条件をクリアしない限りは検索しても該当しません。

ブロックされているから

Facebookには、特定のユーザーをブロックするという機能があります。このブロック機能を使ってあなたからの検索や閲覧が不可能な状態に設定されていると、どのような検索方法を試みても該当しません。

※Facebookより確実に探したい方/是非ご相談ください

・子供が家出して帰らない
・もう1週間も音信不通
・夫、妻と連絡が取れない

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。

 

早急に人探しをしたい場合にはFacebook以外の方法を検討すべき

大変便利なFacebookですが、冒頭でも述べたように、迅速に的確に探したい人物を検索するといったことには不向きです。

Facebookで行えるのはあくまでも「検索」

確かに人探しであることに間違いはありませんが、Facebookで行える人探しのベースとなっているものは「検索」です。情報を得られると言っても、探したい人物がFacebook内に落としている情報、またはその人物の友達が落としている情報の検索・閲覧しか行うことが出来ません。

緊急性が低く、連絡先がわかったらいいなぁくらいの人探しには絶好のものであっても、失踪・行方不明として事件性がある場合や一刻も早くに探し出したい場合においては、他の人探しの方法を検討する必要性があります。

検索結果は全てが正しい情報ではない

Facebookの人探しに限ったことではないですが、インターネット上で行う人探しにおいて最も重要なのは、的確な情報の取捨選択です。

例えば全くの他人がAさん(仮)の誤った情報を流すことも出来れば、自分がAさんであると偽って情報を投稿することも出来、その場合すぐにその真偽を確かめる術がありません。誤った情報に惑わされないように注意しながら、上手にインターネット上の情報と向き合いましょう。

まとめ

今回はFacebookを活用した人探しの方法についてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

改めてではありますが、簡易的な人探しであればSNSで検索する方法で事足りますが、失踪や事件性が高い場合などは警察や探偵などの調査の専門機関に依頼するようにしましょう。人探しの目的に沿って手段も変えることが、効率的な人探しのポイントです。

※Facebookより確実に探したい方/是非ご相談ください

・子供が家出して帰らない
・もう1週間も音信不通
・夫、妻と連絡が取れない

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。


関連記事

人探しアプリ8選|スマホで手軽に人を探す方法と注意点

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る