樹海で遭難した人の捜索方法3つ|遭難者が見つからない時に使える制度

樹海で遭難した人の捜索方法3つ|遭難者が見つからない時に使える制度
人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

自殺の可能性がある・遭難しているなどの緊急の場合は【今から3日以内の発見】を目指して動きましょう

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

観光や探検を理由に樹海に行く人は少なくありません。また樹海はよく迷うなどといいますが、コンパスは効きますしハイキングコースもあるので普通に歩いていて帰れなくなることはないでしょう。

ただハイキングコースを外れた・コンパスがない・携帯の電池が切れたなどで自分が今いる場所が分からなくなると、迷う可能性もゼロではありません。樹海は辺り一面が木なので方向感覚がなくなる恐れがあるからです。

今回は、樹海で迷った人を探す方法遭難者が見つからない時に利用できる制度についてお伝えしますので参考にしてください。

樹海に入った人を探す3つの方法

hunting, war, army and people concept - young soldier, ranger or hunter with binocular observing forest

身内が樹海に行ったきり中々家に帰ってこないと心配しますよね。樹海に行って帰ってこない人を探す方法を3つお伝えしていきます。

①自分で探しに行く

まずは、探したい人の携帯に連絡をしてください。電話が繋がれば何かを目印にして合流できますし、携帯のGPS機能の説明をして自分が指定した場所に来てもらうこともできます。

携帯が繋がらない場合には身内や友人を集めて捜索しましょう。樹海の捜索をする時に必要なものは、コンパス・地図・携帯を準備してから行ってください。

②警察に通報する(捜索願をだす)

樹海に入ったことが100%分かっていれば捜索願をだして警察に捜索してもらうことはできます。ただ、樹海に入ったか分からない場合なら警察は捜索してくれません。警察は事故・事件性がない場合には捜索活動をしないからです。

※通報の内容によっては捜索してくれる可能性もあります。

【関連記事】

③樹海で迷っている人を探せるか探偵に相談をする

人探し調査を得意とする探偵も樹海での捜索は危険です。危険だからこそ、探偵によっては樹海などの危険な場所での捜索依頼を受け付けていない探偵事務所もあります。依頼をする前に樹海で捜索は頼めるか事前に問い合わせましょう。

全国の家出人・失踪人調査可能!

捜索が可能かどうか、料金はいくらかかるのか…など、まずはお電話にてご相談ください。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

探偵の選び方や費用

樹海での捜索ができる探偵を見つけたとしても良い・悪い探偵なのかは判別できません。どういう探偵が良い探偵なのか、探偵費用はどのくらいなのかお伝えしていきます。

失敗しない探偵の選び方

良い探偵というのは電話での対応が丁寧で物腰も柔らかいです。反対にあまり良くない探偵の場合は、

  1. 質問に対して冷たい反応をする
  2. 料金システムについてハッキリ答えてくれない
  3. 電話ではなく事務所で話そうと促してくる

電話をした時に上の3つのどれかに当てはまる場合だと悪徳探偵の可能性があるので依頼をするのはやめましょう。

【関連記事】

樹海に遭難している人の探し方

樹海などの足場の悪い場所での捜索は最新機材を使うことで調査が可能です。ご存知の方もいるかもしれませんが、「ドローン」という機材を使うことで上空から人探しができ、足場が悪い場所でも問題なく捜索できます。また赤外線センサーを搭載しているドローンもあるため人間がいれば察知することも可能です。

原一探偵事務所ではドローンを使うことをホームページ上でも明言しています。ただ場所によっては木々の間隔が狭いため使うのが難しいこともあります。

無題

(引用:人が入れない場所の広域撮影も可能|原一探偵事務所)

(関連記事:探偵へ依頼すると証拠を入手できる|探偵の選び方・費用と依頼する流れ)

探偵の費用

探偵の人探しの費用は安いものではなく相場は約50万円~70万円です。ただ調査力の高さは折り紙付きですので、絶対に見つけたい人がいるのであれば探偵に依頼をするのをおすすめします。

【関連記事】

どうしても身内を見つけることが難しいなら失踪宣告も選択肢の1つ

昔と違い現在は、樹海での一斉捜査を警察や消防団体はほとんどしなくなったそうです。一斉捜査がなくなり遺体が発見されなくなると、樹海の中で亡くなった人のことを知る手段はありません。

もし、身内が樹海などに行ったきり帰ってこないまま7年が過ぎているのであれば失踪宣告を使うのも1つの手です。失踪宣告については次項で説明します。

失踪宣告とは法的に死亡したとみなす制度

失踪宣告は、樹海に迷い込んだなど行方不明になって7年以上が過ぎた人のことを法的に死亡したことにできる制度です失踪宣告は、家庭裁判所で手続きできます。

(失踪の宣告)

第三十条  不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。

(引用:民法第30条)

【関連記事】

失踪宣告をできる人

以下の人が失踪届を出すことができます。

  • 失踪者の配偶者
  • 相続人(※1)
  • 財産管理人
  • 受遺者(※2)など失踪宣告を求めるについての法律上の利害関係がある人

(※1)相続人について知りたい方は(相続人の範囲と法定相続分|国税庁)を参考にしてください
(※2)受遺者…遺言によって財産を受けることができる人

(参考:裁判所|失踪宣告)

失踪宣告にかかる期間

失踪宣告には6ヶ月以上かかります。

失踪宣告をするメリット

行方不明者を法律上死亡したことにできるので、死んだ人と同じ扱いにすることができます。失踪宣告をするメリットは以下です。

  • 財産を相続できる
  • 離婚できる
  • 生命保険を受け取れる

ただし、生死不明な行方不明者のままだと上記のいずれも行うことはできません。上記のいずれかを行いたい場合には失踪宣告をしましょう。

 ※生命保険を受け取るには失踪宣告をするまで保険を払い続ける必要があります。

失踪宣告をする上での注意点

失踪宣告が認められた場合には10日以内に市役所に失踪届を提出しないといけません。10日が過ぎてしまうと失踪届をだしても失踪宣告が無効になってしまうので注意しましょう。

(関連記事:失踪届が出せるのは失踪者がいなくなって7年|失踪届の出し方と注意点)

緊急の調査も可能です!

自殺する危険性が高い場合や危険な場所で遭難している場合などは早急に捜索する必要があります。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

全国にある2つの樹海|樹海の最寄りの警察署の問い合わせ先

pixta_21099512_S

樹海での警察や消防団の一斉捜索がなくなった原因は、テレビで自殺の名所として樹海が紹介されたからです。遭難の場合は、状況によって捜索も行ってくれることがありますので、直接問い合わせてみてください。

①山梨県|青木ヶ原樹海

以下が青木ヶ原樹海の観光協会・青木ヶ原樹海を担当している警察署の問い合わせ先です。

  • 公益社団法人やまなし観光推進機構

住所:〒400-0041

山梨県甲府市丸の内1-6-1山梨県庁別館2階

電話番号:055-231-2772

FAX:055-221-3040

(引用:お問い合わせ先|富士の国やまなし観光ネット)

  • 山梨県警察本部地域課

住所:〒400-8586

甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(221)0110

(引用:お問い合わせ|山梨県警察)

②北海道|富良野の樹海

以下が青木ヶ原樹海の観光協会・警察署の問い合わせ先です。

  • ふらの観光協会

 住所:北海道富良野市日の出町1-30

電話番番号:0167-23-3388

FAX:0167-39-1222

(引用:ふらの観光協会公式サイト)

  • 富良野警察署

〒   076-0022

住所:富良野市若葉町11番1号

電話番番号:(0167)-22-0110

FAX:0167-39-1222

(引用:トップページ|富良野警察署)

まとめ

樹海で迷った人を探す方法は以下の3つです。

  1. 自分で探す
  2. 警察に通報する
  3. 探偵に依頼をする

自分で探す場合には準備万端にしてから探し、警察にお願いをするなら通報しましょう。ただ警察に通報しても本当に樹海に入ったことが分からなければ対応してもらうことも難しいです。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから