人探しの方法・手段

持ち逃げされた!警察が動いてくれないケースと緊急時の対処法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

信頼している家族や友人、会社の従業員にお金を持ち逃げされたら、大きなショックを受けてしまうと思います。金銭的な苦痛だけでなく、精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

しかし、だからと言って泣き寝入りしてはいけません。スピーディーに対応することで持ち逃げした本人が見つかり、お金を取り戻せるかもしれませんよ。

この記事では、持ち逃げされたときにどうすべきか警察が動いてくれないケース緊急時の相談先などについてくわしく解説します。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

持ち逃げされたとき、最初に相談すべきは警察

持ち逃げ被害に遭ったらまずは警察に相談しましょう。事件性があると警察が判断すれば、すぐに捜査に乗り出し、高確率で犯人を捕まえてくれるはずです。

ただし、実際には警察が動いてくれないことが多いのも事実。警察には毎日数えきれないほどの事件が舞い込んでおり、当然、事件の重要度によって優先順位がつけられ、捜査されています。

それでは、どういう場合だと警察は動いてくれないことが多いのか、次の章で詳しくお伝えします。

 

そもそも被害届が受理されないケース

まずは被害届が受理されないケースから見ていきましょう。

 

身内が持ち逃げした場合

お金を持ち逃げすることは本来、窃盗罪にあたります。しかし家族間の場合においては、窃盗罪は成立しないのです。(参考:刑法244条)事件が成立しないので、警察としては動くことができません。

 

持ち逃げの事実を証明できない場合

いくらあなたが「自分のお金を持ち逃げしたのはどこどこの誰誰だ!」と熱心に訴えたとしても、証拠がなければ警察は被害届を受理できません。誰が持ち逃げをしたのかという証拠を提示することは素人だと難しいのが現実です。

 

持ち逃げされた金額が少額の場合

冒頭でも触れたように、警察には毎日ごまんと事件が舞い込んできます。そんな中、数百万、数千万円の持ち逃げ事件なら警察も動いてくれる可能性は高くなりますが、数十万円や数万円だとどうしても優先順位を下げられてしまい、なかなか捜査を進めてもらえません。

そのため、被害届を出すことを遠回しに引き止められることもあるようです。

 

警察が積極的に動いてくれないケース

被害届が受理されても、なかなか警察が動き出せないケースもあります。

 

貸し借りが成立していた場合

持ち逃げされたと思っているのは自分だけで、相手に「ただ借りていただけ。返すのが遅くなっている。」と言われてしまうと、これは刑事事件ではなく、民事事件に該当してしまいます。

警察は民事事件に対応することができず、弁護士に相談するなど他の処置を取らざるを得ません。

 

持ち逃げ犯が管轄外に逃げた場合

たいてい、持ち逃げ犯はお金を手に入れたらどこかに逃げてしまいます。逃げる先が海外の場合もありますし、国内であっても遠くに高跳びするケースが多いです。

そうなると、被害届を受理した警察の管轄外になってしまい、他の所轄に捜査協力を要請する形になるので捜査の対応が非常に複雑になります。警察としてもなかなか動き出せなくなってしまうのです。

 

重大事案と判断されない場合

警察が対応しなければいけない事件は山ほどあるので、

  • 持ち逃げされた被害金額が億単位を超える
  • 犯人に著名人が絡んでいる可能性がある
  • 凶悪事件の可能性がある

など、「重大事案」だと判断されないとなかなか捜査に踏み切ってもらえず、もどかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

警察が動いてくれないときに探偵に相談するメリット

警察がなかなか動いてくれないときに頼りになるのが、探偵です。ここでは持ち逃げ犯人探しを探偵に依頼するメリットについてご紹介します。

 

事件性がなくても対処してくれる

警察では事件性がないと対応してくれないということはすでにご説明した通りですが、探偵は事件性がなくても調査をしてくれます

犯人が家族であるという確信がある場合は警察だと対応ができないので、最初から探偵に依頼するのもありですね。

 

少額案件でも依頼を受けてくれる

警察は少額案件だとなかなか動いてくれません。しかし、探偵であれば少額でもお金を払えば調査してくれます。

確かに探偵費用はかかってしまいますが、犯人がみつかれば返済を求める措置を取ることができ、結果的にお金が戻ってくる可能性が高くなりますので依頼するメリットは大きいと言えるでしょう。

 

弁護士と連携してくれる場合も多い

持ち逃げの犯人を見つけて捕まえたとしても、なかなかお金を返してもらえないという事態も想定されます。そんなときは民事訴訟を起こすことになりますが、その場合は弁護士に相談するのがベターです。

金銭トラブルの民事訴訟を得意としている弁護士を一から探し出すのはとても労力がいりますが、弁護士と提携している探偵に依頼すれば、その手間を省くことができます。

持ち逃げ犯人を捕まえるところから訴訟まで、スムーズに対応してもらえることは大きなメリットでしょう。

 

まとめ|持ち逃げ被害に遭ったらすぐに動くべき!

持ち逃げの犯人を捕まえられたとしても、捕まえるまでの間に持ち逃げされたお金を使われてしまったら、取り戻すことはできないと考えたほうがいいでしょう。

そのため、持ち逃げ被害に遭ってしまったらすぐにでも動き出し、対策を取ることが何より重要です。

今回の記事があなたにとって、最善の対応策を取るためのヒントになれば幸いです。

 

【関連記事】
失踪とは|失踪者の発見率と早く見つけ出すための知識
失踪した時は警察を頼るのが正解!?失踪者を見つける5つの方法
捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応
警察が人探しできる基準とできない時に行方不明者を発見する方法まとめ

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る