同級生と再会したい|人探しの方法・探偵の実力とは?

年齢を重ねれば重ねるほど、昔のことが懐かしくなり、『同級生にもう一度会いたい』という気持ちが芽生えてきます。

そう考えるのは、学生時代を終えてから多くの時間が経った世代に多いですが、『連絡先がわからない』『現在どこに住んでいるのかわからない』など様々な障害があり、実現できずにいるのが現状です。

この記事では以下の内容を説明します。

  1. 同級生を探す方法
  2. 自力・探偵を使って同級生を探したときの長所・短所

方法次第ですが、同級生に会うのは決して難しいことではありませんので、安心して読み進めてください。

探偵による無料相談・24時間受付中

自力で同級生を探してみた結果、不可能だと感じた場合には探偵への相談を検討しましょう。

探偵は高い調査力を持っており、早く見つけ出してくれる可能性があります。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

同級生を探す方法

それでは、同級生を探す具体的な方法を一つずつ紹介していきます。

実家を訪ねてみる

オーソドックスですが、その同級生の実家を訪ねてみる方法です。家族に会うことができれば人探しは半分くらい成功したといってもいいでしょう。

  • 同級生の両親がすでに他界している
  • 実家の場所がわからない、実家ごと引っ越していた
  • 家族でさえも消息がわからない状況である

上記のような問題を抱えている方が多く、実家から所在を割り出せない方が多いかもしれませんね。

他の同級生に連絡をとる

他の同級生に連絡をとるというのも定番の方法です。

若い世代であれば、携帯電話を持っているのが当たり前なので、片っ端から連絡を取ってみたら、誰かが行方を知っているかもしれません。

逆に、高齢の世代では、学生時代は携帯電話がなく、連絡先を交換していなかった場合もあるでしょう。その場合は、また別の方法をとる必要があります。

本名でネット検索してみる

本名をGoogleやYahoo!でそのまま検索してみましょう。探している人が会社員であれば、ホームページに役員として顔つきで掲載されているなどの可能性があります。

また、画像検索してみると、友達と移っている写真が見つかるなど、思わぬ手掛かりが手に入るかもしれません。

簡単に試せるので、誰でも一度はやってみるべきです。

SNSを利用する

上述のネット検索と似ていますが、SNSで同級生を探すのも有効です。

Facebook・Twitter・mixi・Instagramなど、各種SNSで、同級生の本名・カタカタで本名・ニックネームなど、思い当たる名前を色々と検索してみましょう。また、友人のフォロー・フォロワーを端から探していくと、本人だと思われるアカウントを見つけられるかもしれません。

しかし、これもやはり若い世代向けの方法といえます。現在50代以上の世代ではSNSをやっていない人も多いので、別の方法を使う必要があるでしょう。

【関連リンク:人探しアプリ8選|スマホで手軽に人を探す方法と注意点

探偵に依頼する

探偵・興信所などとも呼ばれますが、同級生を探す上で最も有効な手段がこちらです。

探偵は独自のデータベースを持っていたり、徹底した聞き込み調査を行ったり、様々な手段を使って見つけ出してくれます。

本名や出身学校、年齢など、基本的な情報が揃っている状況であれば、比較的早い(10日程度)段階で見つかることが多いようです。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ
捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。 解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。 ・電話、メールでの無料相談可能 ・24時間、365日対応 ・安心の料金設定
     無料相談はこちらから

同級生を探す上でよくある動機

『同級生を探したい』という方は決して少なくありませんが、それぞれどのような動機で人探しを決意するのでしょうか。

①卒業とともに疎遠になった同級生に会いたい

『卒業とともに疎遠になった同級生に会いたい』という方は、やはり40代以上の世代に多いようです。

学生時代に携帯電話がなかったり、携帯電話はあったが連絡先を失くしてしまったりして疎遠に。それから年月が流れて、『もう一度会いたい』と思う方が多くいます。

単なる同級生だけではなく、『同じ寮で暮らしていた人』『同じ部活をやっていた人』など探したい相手との関係性は多様です。

②喧嘩別れをした同級生と仲直りしたい・謝りたい

元々は仲良しだったが、喧嘩をしたまま離ればなれになり、ふとしたタイミングで『仲直りしたい・謝りたい』と考えるようになるケース。

これもやはり、最後に別れてから10年以上経っているケースが多いです。

自分だけでなく、相手も仲直りしたいと考えていることが多いのもこのパターンの特徴です。

③飲み会の連絡をしたい

同窓会や飲み会を開こうとしたとき、『誰も連絡先を知らない』ことがきっかけで人探しをはじめるケースです。

意図的に消息を絶とうしない限り、『誰も連絡先を知らない』ということは考えにくいのですが、学生時代に携帯電話を持っていない世代であればありえる話です。

④好きだった人に会いたい

『昔好きだった人に会いたい』という依頼は女性から多く寄せられます。

  • 好きだったが話すことができなかった
  • 両想いだったが告白できなかった
  • 違う人と結婚する予定だが、彼のことが忘れられない

女性の方が多いですが、主にこのような動機で人探しを決意するようです。

交際・復縁できなくても、『1度会えればそれでいい』という方も多いようです。

【関連リンク:初恋の人に会いたい!思い出のあの人を探して再会する方法

⑤全く連絡の取れない同級生が心配

長い間連絡のとれていない同級生を心配して、人探しを決意するパターンです。

『誰もその人の連絡先を知らないこと』『家族も所在を知らないこと』などが条件になりますが、最後にあってから何十年も経過していたり、被災したりしている場合には行方がわからない可能性もあるでしょう。

⑥転校していったあの人に会いたい

親の都合で転校していってしまう友人は少なからずいますが、時間が経ってその友人にもう一度会いたいと思うようになるケースです。

児童は携帯電話を持っていないことが多いため、引っ越してしまうとその後の行方がわからなくなります。大人になってふと、楽しい思い出がよみがえってきて会いたくなるのでしょう。

自分で同級生を探す場合のメリット・デメリット

自力で同級生を探す場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット:お金がかからない

お金をかけずに人探しができるのは大きなメリットです。後述しますが、探偵に調査を依頼するにはお金がかかるのです。

デメリット:見つからない可能性がある

そもそも、その人と連絡がつき、どこで暮らしているのかわかる状況であれば、この記事を読む必要もなかったでしょう。

『自力で見つけるのはとても難しい』というのが最大のデメリットです。

デメリット:人探しをしていることが噂になる

たくさんの友人と連絡をとっているうちに、『A(自分)がB(同級生)のことを探している』と噂になる可能性があります。

同姓で仲が良かったならまだしも、そうでない場合には不審がられたり、ストーカー扱いされたりする可能性もあります。

探偵に同級生を探してもらう場合のメリット・デメリット

一方、探偵に人探しを依頼する場合にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット:見つかる可能性が自力より高い

『自力で探すより見つかる可能性が高い』、これは探偵に依頼する最大のメリットです。まず、見つかってくれなければ何の意味もありませんよね。

メリット:短時間で見つけることが可能

短時間で見つかりやすいのも探偵に依頼するメリットです。

  • 本名
  • 年齢
  • 家族構成
  • 出身校
  • 最後に住んでいた場所(住所)
  • 卒業後の職業、行先など

上記のような基本的な情報があれば、より捜査が簡単になります。

10~15日程度で見つかることが多いようです。

デメリット:周囲に知られることなく探せる

『初恋の相手にただただ会いたい』などの理由の場合、他の同級生に知られたくない可能性もありますよね。周囲に知られずに人探しができるのも探偵のメリットです。

デメリット:調査費用がかかる

調査費用がかかるのが最大のデメリットです。探偵の調査費用は決して安くありません。

お金がかかっても会いたいのか、よく考える必要があります。

【関連リンク:探偵の人探し相場ガイド|人探し費用を安くする3つのコツ

デメリット:動機によっては調査してもらえない

探偵による調査は、探したい動機によっては断られてしまう可能性があります。主に、犯罪に加担するような調査依頼は引き受けてくれません。

極端な例ですが、『同級生を殺したいから居場所を調査したい』なんていうのは完全にNGです。

調査を依頼する時点で動機は深く聞かれますし、調査の途中で嘘が発覚した場合、調査が中止になり、調査料金だけをとられる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

探している人(同級生)が生きている限り、会える可能性は当然あります。

実家を訪ねたり、友人をあたってみたり、ネットを利用したり、ありとあらゆる手をつくしても見つけることができなかった場合には、探偵に相談しましょう。

探偵は調査費用がかかりますが、再会できる可能性が大きく上がります。人生一度きりなのですから、会いたい人には会っておくべきではないでしょうか。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから