人探しの方法・手段

借金苦だけじゃない?人が蒸発する5つの理由と蒸発前に見せる前兆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トンネル

「ある日突然家族が蒸発した…。」

そんなとき、残された家族は不安でたまらないことでしょう。

蒸発とは、それまでごく普通に生活していたのにある日突然姿を消してしまうことをいいます。

大切な友人や家族を捨てて蒸発するのは無責任だと思う人もいるかもしれません、しかし、蒸発した人には蒸発するだけの理由が必ずあるはずです。

ではその理由とは一体何なのでしょうか。この記事では、突然姿を消して蒸発する人の理由について解説します。

「家族が急に失踪した…。」探偵から無料でアドバイスをもらってみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料でアドバイスをもらう】※24時間・匿名OK

人が蒸発する理由

早速、人が蒸発する理由について確認してみましょう。

 

金銭トラブル

蒸発の理由として最も代表的なものが金銭トラブルです。借金がいつの間にか膨らんでいた、経営していた会社が倒産し、金融機関からの借入金だけが残った、など借金返済のメドが立たないときに蒸発することもあります。

個人での借金が原因の場合、家族のうちその人だけ蒸発するケースが多いですが、たとえば父親が経営者で、会社が倒産してしまった場合には家族全員で蒸発するというケースも。

また、借金の債権者に知られることなく蒸発できた場合には、債権者が回収を諦めることを期待して、蒸発した先で何年も身分を変えて生活することも珍しくありません。

現在では債務整理など、借金を減額する法的手段もあります。家族が金銭トラブルを原因に蒸発した場合には、弁護士などに相談するとよいでしょう。

 

【関連サイト】債務整理ナビ

【関連記事】借金を苦に失踪する人の特徴と絶対に失踪しないほうがいい理由まとめ

 

家庭内トラブル

家庭でのトラブルを原因に蒸発する人もいます。子供の場合は親との不和、親の場合は性格の不一致や家庭内暴力、姑・舅が主な原因です。家庭にいることで大きなストレスを感じたり、生命の危険を感じたりした場合には、心の安定を得るため、生きるために蒸発を選択する人もいます

 

異性関係のトラブル

異性関係のトラブルでは、未婚者の場合、別れ話をした恋人がそれを望まずストーカー化するケースや、既婚者の場合には浮気相手と駆け落ちするケースが代表的な例です。

 

社会的な立場の喪失

社会的な立場の喪失とは、自分の社会的な立場や状況が変化したときのことをいいます。具体的な例としては、解雇、離婚、受験の失敗、などが挙げられます。

「リストラされたことが知られたら、妻に頼りない夫と思われるんじゃないか。」

「周囲の人に離婚がバレたら、人格に問題がある人と思われるかもしれない…。」

「友達に受験失敗したことが知られたら、バカにされる。」

など、周囲の人間の評価に耐えられず、現実逃避をするために蒸発するのです。

 

精神疾患

何度も蒸発を繰り返すけれど、1週間後や1ヶ月後など、一定期間が過ぎると家に戻ってくる場合には、精神疾患が理由の場合があります。蒸発を繰り返してしまう代表的な精神疾患としては、『うつ病』『統合失調症』『解離性遁走』などが挙げられます。

そのような場合、根本的に疾患を治さなければ、繰り返す蒸発を止めることはできないでしょう。精神科などで治療するようにしてください。

 

蒸発の前兆

蒸発は周囲の人に知られることなく行うものですが、まったく前兆がないというわけではありません。ここでは、蒸発する人の前兆を紹介します。

 

身の周りの整理を始める

蒸発前には、身の回りを整理する人がいます。特に、子を持つ親が蒸発後に子供や配偶者に迷惑をかけたくない場合に見られます。

自宅の中を整理整頓したり、思い出の品、家族の写真など、自身の大事な物だけを集めたり、口座の名義変更を理由もなく行った場合には蒸発を疑った方がよいかもしれません。

 

外出が増える

蒸発する人の中には、蒸発した先での住居や就職先などを事前に準備する人もいます。そのため、引っ越し準備や就職のための面接などのために外出が増えるのです。

帰る時間が以前より遅くなったり、休みの日の急な外出が増えたりした場合には、蒸発の可能性があるといえます。

 

人間関係を断つ

蒸発は、それまでの人生を一切捨てて、新しい土地で新しい人生を生きていくことを意味します。つまり蒸発後の人生では、それまでの人間関係は一切無意味なものになります。

なので蒸発する前に人間関係を断つ傾向があるのです。

 

蒸発した人を探すには

大切な家族や友人が蒸発したら、なんとしてでも探し出したいはずです。では、どのように探せばよいのでしょうか。

一般的に蒸発する人は、探し出されることを嫌うため、行き先などの手がかりを残すことはありません。電話やメールをしても返答することはないでしょうし、置き手紙をしているようなケースもほとんどありません。

つまり、一般の人が蒸発した人を探し出すことは困難でしょう。そのため、蒸発した人を探し出したいなら、探偵の力を借りることをすすめます。

探偵であれば、独自の情報網や技術などを駆使して、蒸発した人を探し出すことが可能です。探し出すまでの期間の目安やおおよその料金を知りたい人は、一度相談してみてください。専門のカウンセラーが無料で分かりやすく解説してくれます。

「家族が急に失踪した…。」探偵から無料でアドバイスをもらってみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料でアドバイスをもらう】※24時間・匿名OK

まとめ

親が失踪したら、子供が受ける精神的なショックは大変なものでしょう。「自分はもう必要とされていないんじゃないか。」と心に大きな傷を負ったまま生きていくことになるかもしれません。子供が失踪した親であれば、「私のしつけ方が悪かったのだろうか。」「親として愛が足りていなかったのだろうか。」と自分を責める気持ちになってしまうものです。

ただ、あきらめてはいけません。蒸発した場合でも、探偵への依頼で、発見できる確率は大きく高まります。

また、蒸発するには必ずなんらかの理由があるはずです。再会した際には、二度と蒸発を繰り返させないよう根本的な原因を解消するようにしてください。

【関連記事】失踪とは|失踪者の発見率と早く見つけ出すための知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る