家出への対処法

家出に必要な持ち物|残された持ち物から手掛かりを探る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家出にはどのような持ち物が必要になるのでしょうか。もちろん家出自体は推奨できるものではありませんが、手ブラでの突発的な家出がきっかけで思わぬ事件に巻き込まれてしまったり、逆に自分が犯罪者になってしまったりすることがあります。

家出をする目的、家出の行先、家出の期間などは人それぞれですが、今回の記事では、家出経験者の多くが「必要」と感じた持ち物について解説していきます。

また、家出人が姿を消した後に家出人の持ち物をチェックすることで掴める多くの手がかりについてもまとめていきますので、現在身近な方が家出をして消息がつかめず困っているという方にも参考にしていただけるかと思います。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

家出に欠かせない3つの持ち物

それでは早速、家出に最低限必要な3つの持ち物について解説していきましょう。

①金銭

宿代、食費、移動費など、家出には何と言ってもお金がかかりますから、現金、それも最低でも10万円以上は用意しておいたほうが良いでしょう。

仮に長期滞在者向けプランで1泊2,000円のインターネットカフェを利用する場合、一ヶ月で60,000円かかります。また、ホテルに滞在する場合でも、格安ホテルで1泊3,000円としても1週間で21,000円かかります。

もしも家出先でマンスリーマンションやウィークリーマンションなどを借りる場合は、敷金礼金や手数料でウン十万が必要になりますから、こちらもかなり高額です。

知人や親せきの家を転々とするため宿代はかからない場合であっても、間違いなく食費や移動費は発生しますし、車中泊や宿無し生活では犯罪に巻き込まれるリスクが一気に高くなると考えておいて下さい。具体的には以下のようなリスクがあります。

・失踪者に目を付けた暴力団員に声をかけられ暴力団に引き入れられる

・おいしい話を持ち掛けられて知らず知らずのうちに犯罪に加担させられる

・強姦を目的とした人物に「自宅を提供する」などと甘い言葉をかけられる

・その場で強姦される

・恐喝や強盗に遭う

 

いくら日本は安全な国と言っても、こうした事件は実際に起きています。0円サバイバル生活というテーマでバラエティ番組が放送されることもありますが、あくまでも専門家の監修のもと安全を考慮し撮影されているものですから、決して真似をしないで下さい。

なお、家出先でクレジットカードを使用するとその明細書から自分の足取りが割れてしまうため、絶対に居場所を知られたくないのであれば、基本的には手持ちの現金で乗り切るか、現地で調達しなければなりません。

②身分証明書

健康保険証、免許証、パスポートなどの身分証明書も重要です。家出先でけがや病気をした場合に病院にかかる際には健康保険証がなければ高額な医療費を支払うことになりますし、家出中に仕事を探す場合、身分のわからない人に提供される仕事はブラックで危険な仕事ばかりです。

家探しも同様に、一般的に考えて身分も何もわからない人に物件を貸す人はそうそういないでしょう。家が借りられないとなれば、前述したように多くのリスクが伴います。

また、万が一家出中に死亡または命の危機に扮している状態のときには身分証明書から身元を判明させることが出来、近親者などに連絡が渡ります。

③衣類

家出が長期間にも及ぶ場合、どんな気候、気温に対しても適応できるように、夏もの衣類と冬もの衣類はそれぞれ数点用意しておきましょう。特に真夏は体温調節をしっかりしなければ熱中症の危険が高まり、真冬は薄着でいれば凍死や凍傷の危険性が高まります。

荷物は重くなるかもしれませんが、都度衣類を現地調達するにもお金がかかってしまいますから、着回しが良くて持ちの良い素材で作られた衣類を選ぶことをおすすめします。

番外編:DVやストーカーから逃げるための家出に必要な持ち物

夫の暴力やストーカーの被害に悩まされているという方で、やむを得ず自宅から出なければならないという方もいるかと思います。こうした理由での家出は自発的な家出とは異なり特殊なため、持ち物も以下の通りかなり多く、用意周到な前準備が必要になります。

・預金/預金通帳と印鑑(子供がいれば子供名義のものも含む)

・クレジットカード

・身分証明証(保険証・運転免許証・パスポートなど)

・相談機関や知人等の電話番号リスト・住所録

・不動産や財産に関する法的書類のコピー

・常備薬、処方箋、衣類(子供がいれば子供のおむつや衣類など)

・写真や形見など大切にしたいもの

・調停の際の証拠となるもの(診断書・被害届・日記など)

 

参考▶内閣府男女共同参画局配偶者からの暴力 相談の手引(改訂版)

 

家出中の持ち物に携帯電話が不要なワケ

スマホ

前述の「家出に欠かせない3つの持ち物」を読み、なぜ現代社会では必須の携帯電話を持っていかないのかと疑問に思った方もいるかと思いますが、普段は便利な携帯電話も家出中には不要なアイテムとなります。その理由をここでは解説していきましょう。

GPS機能で見つけられる

もしも家出人が“事件に関与しているかもしれない行方不明者”として扱われれば、警察が発信源から携帯電話(所持者)の位置情報を特定することも難しくありません。プチ家出程度ならば話は別ですが、事情があり絶対に見つかりたくないと考えている人ほど、それまで所持していた携帯電話は処分し、家出先で携帯電話を仕入れる傾向にあります。

料金未納でいずれ止まる

携帯電話料金がクレジットカードからの引き落としになっており、そのクレジットカードも止められていないのであれば数か月間は問題なく携帯電話を利用することが出来るかもしれませんが、払込用紙が自宅に送られてくる場合は支払うことが出来なくなります。

携帯電話料金をずっと支払わずにいれば、当然いつかは使用を止められてしまいます。

電話とメールの嵐ですぐ電池が切れる

家出したと周知されれば、家出人の身を案ずる人たちからの電話やメール、ラインなどが頻繁に届くことになるでしょう。これに対してまともにレスポンスをしないから家出又は失踪という扱いになるわけで、レスポンスをしないのであればただの受信機と化し、そのうち電池も切れ、充電ができる環境に身を置かない限りはそのまま切れっぱなしの状態となります。これではただの荷物にしかなりません。

連絡ツールがあると帰りたくなる

電話やメール以外にも、TwitterやLINE等のSNSなど、現在は携帯電話ひとつで人と様々なコミュニケーションを行うことが出来ます。これにより、それなりの覚悟をもって家出を決行したのに、携帯電話を眺めるたびに寂しくなったり帰りたくなったりと家出継続に支障が出てしまうことになります。

 

家出人が自宅に残したものには手がかりがある

以下では、家出人が室内に残した個人の持ち物からその足取りの手がかりを掴む方法について解説していきましょう。

カレンダー・日記・手帳

スケジュールを管理するアイテムには、家出の計画や、家出に関与している重要人物との密会や、家出してからの予定について書き込まれている可能性がありますので、くまなくチェックしてみましょう。

手紙・遺書

家出人が、近親者に対して何かしらのメッセージを残している場合があります。自殺を考えている人は、自殺の理由や死後の遺産についてなどを記した遺書を残したり、とにかく探してほしくないと考えている人は、「失踪宣告書」を残したりしていることがあります。この失踪宣告書とは、失踪者が

・事件性がないこと

・誰の関与もないこと

・自殺する意思がないこと

・いずれ帰ってくる意思があること

 

上記を綴った書き置きのことです。こちらが残されていると、仮に近親者が警察届を提出しても単なる家出とみなされ、積極的な捜索をしてもらえなくなります。

《失踪宣告書の例》

しばらく一人にさせて下さい。事件や事故ではなく自分の意思で旅に出ます。

迷惑をかけますがいつか必ず戻ります。それまで探さないで下さい。

平成29年1月1日

アシロ太郎

参考▶「失踪とは|失踪者の発見率と早く見つけ出すための知識

警察が動いてくれない時には探偵への依頼がおすすめです。

事件や事故に巻き込まれる前に早急な対応が必須です。創業42年/実績80,000件以上の捜索力で最短期間での発見を目指します。

【人探し/家出人の捜索について無料相談する】

 

パソコン

パソコンを用いて家出中の滞在先となるホテルを予約していた場合もありますので、特に “家出する直近で何を検索していたか”を調べるようにしましょう。また、インターネット上に家出の原因である自身の悩みなどを書き込んでいる場合もありますので、こちらもチェックしてみましょう。

ゴミ箱

ゴミ箱にも家出の痕跡が残されている可能性があります。家出先の情報を書いたメモ、家出先までの飛行機のチケットの写しなどが見つかれば現在地を絞り込むことが可能になります。支払いが終わっていない払込書や督促状などが多く捨てられている場合には、家出の原因は借金苦であるとも予想できます。

いずれにせよ、ごみ箱を探るのは本意ではないかもしれませんが、あらゆる手がかりや証拠品を一つでも多くチェックすることが重要です。

番外編:部屋から消えたもの

家出人が何を持っていったのかを知ることも重要です。室内から印鑑や身分証明書や常備薬など、生きていく上で絶対になくてはならないものがなくなっていたり、多くの持ち物をバッグに詰め込んで出ていったとみられる場合には、長期的な家出の可能性があります。

またその一方で、絶対になくてはならないものがそのまま室内に置かれている場合には、何らかの事件に巻き込まれたケースも考慮しなければなりません。家出する兆候も全くなかったのに忽然と姿を消した場合には捜索願の届け出を行い、警察にも相談してみることをおすすめします。

参考▶「捜索願いとは|捜索願いの届け出方法と不受理になるケース

 

まとめ

今回の記事は、決して家出を助長するためのものではなく、あくまでも家出中のリスクを回避するためのものになります。家を出たいと願うからにはそれなりの理由があるのでしょうから、家出を決行するにしても自分の命を危険にさらすことがないようにしましょう。

また、家出人を探している場合、事件性がなければ警察は捜索を行ってくれませんから、家出は記事中に記載したリスクが伴うということを踏まえた上で、一刻も早くに探したいという場合には探偵への依頼も検討してみましょう。

参考▶「探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金

※すぐにでも家出人を見つけたい方/早急にご相談ください

・子供が家出して帰らない
・もう1週間も音信不通
・夫、妻と連絡が取れない

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る