人探しの方法・手段

自殺の兆候5つ|自殺を考えている人に対して周囲ができる4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年における日本の自殺者総数は2万4千人以上というデータが出ています。

《自殺者の推移》

自殺者の推移

(引用元:厚生労働省

自殺者の大半は精神疾患のある大人ですが、子供も以下のような推移で自殺をしています。

《子供の自殺者の推移》

子供の自殺者

(引用元:内閣府「子供の自殺等の実態分析」

 

親からもらったせっかくの命を自分で絶つなんて、とても悲しいことですよね。親しい人ならば特に、未然に防げるのであれば防ぎたいものです。

失踪者が自殺を考えているなど、緊急の場合は【今から3日以内の発見】を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」
創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所が無料で相談をお受けします。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     【人探しの方法について無料相談する】※24時間・匿名OK

 

自殺する人の主な5つの兆候

3

冒頭でもお伝えしたとおり、自殺者の多くは精神疾患が原因です。(参考警視庁「平成27年中における自殺の状況」)以下は、そんな精神疾患のある自殺者に多いとされる主な兆候です。

ネガティブな発言が増える

以下のような、ネガティブな発言が多くなります。

【例】
「自分なんかどうせ生きていても意味がない」
「将来に期待ができない」
「何もかも消えてなくなってほしい」
「誰も自分のことを必要としてくれない」
「自分が生きていると〇〇に迷惑がかかってしまう」

中には「死にたい」と直接的な発言をする場合もあります。普段からネガティブな発言を聞いているかもしれませんが、極端に増えた場合は要注意です。

身辺整理をする

突発的な自殺をする人と計画的な自殺をする人がいますが、後者の場合は自殺の直前に「自分が死ぬことで誰かに迷惑をかけたくない」という心理から、身辺整理をします。

自分の思い出の品を人に譲ったり処分したり、生前贈与を行った際などは、本人の行動をよく見ておく必要があります。

引きこもりがちになる

自殺願望があるということは、希望を見失っていることとほぼ同義語と考えてください。そのため、外に出ても楽しさや刺激を得られず、人の外に出る必要性もなくなります。

必然的にどんどん引きこもりがちになり、自分の殻に閉じこもった状態で自殺という決断を下してしまいます。

不眠・食欲不振に陥る

一種の精神疾患における特有症状や、薬の副作用のひとつに、不眠・食欲不振など健康状態そのものに影響が出るケースがあります。あまりにもひどい場合、こういった自分の体の不調に耐え切れずに自殺をしてしまう可能性があります。

不審な行動をとる

リストカットや思い出を語る、過剰な感謝など、不審な行動が目立つ場合も、本人から安心感が消え精神不安定でいることの表れなので要注意です。こうした行動が見られた場合はいち早く本人が安心できる環境を整えることが先決です。

 

特に子供の自殺の兆候に親はいち早く気づくことが大切

子供の場合、どちらかというと精神疾患で自殺をするケース以上にとても些細なことが原因で自殺をするケースが多いです。そのため、大人の自殺に比べて子供の自殺は気づきにくいとされています。

遺書をのこすケースも少なく、自殺の原因がわからないままということも多々ありますから、親がいち早く以下のような自殺の兆候に気づき、心のケアにあたりストップをかけることが重要です。

自殺する子供の兆候

  •  これまでに関心のあった事柄に対して興味を失う。
  •  注意が集中できなくなる。
  •  いつもなら楽々できるような課題が達成できない。
  •  成績が急に落ちる。
  •  不安やイライラが増し、落ち着きがなくなる。
  •  投げやりな態度が目立つ。
  •  身だしなみを気にしなくなる。
  •  健康や自己管理がおろそかになる。
  •  不眠、食欲不振、体重減少などのさまざまな身体の不調を訴える。
  •  自分より年下の子どもや動物を虐待する。
  •  学校に通わなくなる。
  •  友人との交際をやめて、引きこもりがちになる。
  •  家出や放浪をする。
  •  乱れた性行動に及ぶ。
  •  過度に危険な行為に及ぶ、実際に大怪我をする。
  •  自殺にとらわれ、自殺についての文章を書いたり、自殺についての絵を描いたりする。

(引用元:文部科学省「自殺のサインと対応」)

 

自殺の兆候がある人に対してできる4つの自殺予防策

ここまで自殺の兆候についてお伝えしてきましたが、親しい人にこうした自殺の兆候が表れている場合、自殺を予防するために周囲はどのような対応をすればよいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

応援をしない

自殺をするのは、生きることを頑張って頑張って頑張ったけれど、それでも耐えられなかった人です。

そのため、頑張っている人を応援するということは、「頑張りが足りない」と言っているのと同じことになりますから、下手するとかえって自殺願望を増幅させてしまいます。

応援するよりも、まずは悩みを把握、共有して苦しみを分かち合うようにしましょう。そして、その悩みから解放されるための方法を一緒にかんがえるようにしましょう。

「一緒に悩んでくれている」と本人が感じることで、だんだん心を開き、自殺したいという願望が薄れていきます。

定期的に会う約束をする

もし一人暮らしをしていたり、友人に自殺の兆候が見られる場合は、「次は〇日に会おうね」「〇〇をしようね」と先の予定を組んでしまうのも自殺予防に有効です。「自殺したら約束をした人に迷惑がかかる」と考えて自殺に歯止めがかかるのと、予定があることで生きる意味を見いだせるからです。

自分が気にかけていることを伝える

強い孤独感は自殺の引き金になりますから、「あなたは一人じゃないんだよ」「私はいつもあなたのことを考えているよ」と真剣に伝えましょう。

自殺を考えてしまうくらい心がボロボロな状態のときには、自分のことを気にかけてくれる存在が一人いるだけでもいくらか穏やかになれますし、頼りにしたいと感じるはずです。

専門家へサポートを依頼する

自分ひとりで対処するのがむずかしいという場合は、自殺対策を支援する専門機関に相談をしたり、実際に本人のカウンセリングを行ったりしましょう。

自殺対策のプロですから、あなたがどのように本人と接したらいいのか有用なアドバイスをくれたり、本人の心のケアもしっかりと行ってくれます。

《主な専門機関》

 

自殺の兆候がある人が家出や失踪をしてしまった場合の緊急対処法

自殺の兆候がみられた人が突発な家出をした、失踪して行方がわからない、という場合は、緊急で捜索にあたるべきです。そのためにどうしたら良いのかを詳しく見ていきましょう。

①すぐに警察に捜索願を届け出る

まずは、最寄りの警察に捜索願を届け出ましょう。単なる家出の場合は未成年でもない限り警察は捜索してくれませんが、

  • 本人に精神疾患があった
  • 本人が自殺をほのめかしていた

上記の場合は警察の捜索対象となります。捜索願の届け出に関しては以下の記事を参考にしてください。

捜索願の出し方|届け出が可能な人と申告すべきこと

②自分でも捜索する

警察に任せっきりにせず、心当たりのある場所を自分や周りの人と捜索しましょう。また、室内に書置きや遺書、行き先に関する手がかりがのこされていないかもチェックしましょう。

参考
人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ
家出の行き先一覧|家出人を早期発見する為の行き先の知識

③探偵への依頼を検討する

一刻も早くに保護したいという場合は、探偵に捜索してもらうという手段もあります。捜索のための費用はかかりますが、実は探偵も人探しのプロですから、警察と同様の本格的な捜索を行ってくれます。

探偵が行ってくれる人探しとはどういったものなのか、どのくらいの料金になるのかなど、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

参考「探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金

 

【手遅れになる前に早急な対策をお願いします】

どのように捜索すればいいのか、捜索の費用はいくらかかるのかなど、人探しの相談経験が豊富な相談員に無料で相談してみませんか?

【人探し/失踪者の捜索について探偵から無料でアドバイスをもらう】※24時間対応・匿名OK

 

まとめ|保護したあとの心のケアも重要

pixta_15454361_S

自殺の兆候があり失踪した方を無事に保護できたとしても、それで安心しきってはいけません。

本気で本人の「死にたい」という気持ちと向き合い、一緒に根本的な原因を解決しなければ、それこそまた自殺するための失踪が再発する可能性があります。

時間はかかるとは思いますが、周囲からのサポートを受けながら根気よく寄り添いましょう。

「失踪人を探したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る