家出への対処法

妻と音信不通|行方が分からなくても離婚する方法・離婚しない方法

この記事の監修者

虎ノ門法律事務所 池袋支店 齋藤健博 (東京弁護士会) 

男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

法律事務所のプロフィールを見る

妻が家を飛び出し、音信不通になっていると、夫婦関係を解消するにせよ修復するにせよ困難なケースが多く見られます。

妻が家出してしまう理由にはさまざまなものが挙げられますが、1番多いのは夫への不満ではないでしょうか。

夫婦関係を継続するために我慢してきたけれど、いよいよ耐えきれずに家を飛び出してしまうのです。もちろん、逆のケースもありますが、圧倒的に多いのはこちらでしょう。

また、そういった場合で音信不通になるということは、夫とコミュニケーションを取ることさえ拒絶するほど嫌悪感を抱いていますので、あなた自身の力で連絡を取り合うことは困難でしょう。

この記事では、音信不通の妻と離婚したい、もしくは離婚せず夫婦関係を修復したい人のための対処法について解説します。

【関連記事】
家出した妻の深層心理と一般的な探し方と緊急の場合の探し方

妻の居場所が分からない…。無料相談受付中

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

 

音信不通と離婚の関係性

まずは、離婚したい人に向けて、音信不通と離婚の関係性について見ておきましょう。

離婚するには主に『協議離婚』『離婚調停』『離婚裁判』の3種類の方法があります。

離婚の種類 内容
協議離婚 夫婦間の話し合いで離婚する方法。夫婦ともに離婚に合意し、離婚届を提出すれば離婚が成立する。
離婚調停 家庭裁判所で調停委員に間を取り持ってもらいながら離婚について話し合いをする。夫婦ともに離婚に合意すれば離婚が成立する
離婚裁判 裁判所で裁判官に離婚が認められれば離婚が成立する。慰謝料などの条件も希望すれば裁判官に決めてもらえる。

※スマホの方は右にスライドします

このうち、協議離婚や離婚調停は話し合いで行いますので、連絡が取れないとこれらの方法で離婚することは、就業先などが判明していない限り難しいことになります。

残った1つの方法は離婚裁判です。

離婚裁判で離婚するには、法定離婚事由といって、法律で決められた5つの離婚原因のどれかに該当しなければなりません。民法の770条1項によります。

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:民法770条

妻との音信不通は、上記5つのうち、『悪意の遺棄』『生死が3年以上明らかでない』『婚姻を継続しがたい重大な事由』に該当する可能性があります

つまり、音信不通の妻と離婚することは可能なケースもあります。

ただ、裁判所で離婚を認めてもらうには、音信不通の妻が離婚事由に該当することを証明しなければなりませんし、離婚裁判を提起する業務も必要です。

どのように立証・説明するかについてあなた1人で組み立てていくことは非常に難しいと思います。

妻と離婚する意思が固まっている場合には、弁護士に相談するとよいでしょう。

【離婚問題を得意とする弁護士を探す】
離婚弁護士ナビ

【関連記事】
失踪して行方不明の配偶者とは離婚できる|離婚できる条件と方法まとめ
家出と離婚の関係|家出した配偶者と離婚する方法・しない方法

音信不通の妻への対処法

一言に妻と音信不通といっても、さまざまなケースがあります。

例えば、

  • あなたが離婚したいと思っているのかどうか
  • 居場所は判明しているのか

これらの状況次第で、どのように対処すべきなのかがそれぞれ変わってきます。

ここでは、離婚意思の有無、居場所を把握しているかどうかに分けて、どうすべきかを解説します。

居場所がわかっていて離婚したい場合

居場所がわかっており離婚したい場合には、協議離婚に臨みましょう。あなたからの連絡では返答がなくても、相手の両親に相談することで対応してもらえるケースもあります。

もし協議に応じてもらえない場合には、離婚調停を申し立てます。

離婚調停の申立書には、妻の現住所を書く必要がありますが、裁判所に相談すれば実家の住所や勤め先の住所でも申し立ては可能です。ただし、就業先送達などによる前に、できれば居場所をつかめそうな根拠があればスムーズです。

調停にも出席してこず不成立となった場合、最後には訴訟提起を検討しなければなりません。法定離婚事由に該当していると認めてもらえられれば、離婚が成立しますが、その他離婚条件などの判断もあるので、すぐにというわけにはいきません。

再度の案内になりますが、調停や裁判をする場合には、あなただけでは困難なケースもあります。弁護士に依頼することを検討しましょう

【離婚問題を得意とする弁護士を探す】
離婚弁護士ナビ

居場所がわかっていて離婚したくない場合

居場所がわかっていて離婚したくない場合には、夫婦カウンセラーに相談することをおすすめします。

夫婦カウンセラーとは、人間心理や離婚に関する知識を豊富に持っているプロフェッショナルで、夫婦関係修復のためにさまざまなアドバイスをくれます。

拒絶している妻とコミュニケーションを取るには、相手の心理面を理解するなど専門的な知識が必要不可欠です。

あなた自身では対処が困難なことが予想されますので、プロフェッショナルである夫婦カウンセラーに相談するとよいでしょう。

※「夫婦カウンセラー」でも解説しています。

居場所がわからず離婚したい場合

居場所がわからず離婚したい場合でも、調停を経て離婚裁判という流れ自体は変わりません。調停前置主義といって、裁判をする前には必ず調停を設けなければならないからです。

ただ、調停を申し立てるためには相手の住所を知っておく必要があります。

なぜなら、住所がわからない場合、調停が設けられている事実が相手に伝わらず、公平性を欠くからです。

行方のわからない妻を調査する方法』で紹介する方法で、相手の住所を調べましょう。

もし、それでも居場所がわからない場合には、可能な限り調査したことを裁判所に報告することで、審判や離婚裁判を認めてもらえる可能性があります。

そうなると、公示送達といって、裁判所の掲示板に裁判を開始する旨を2週間表示し、公的に裁判を開始する文書を送達したとみなす制度のことです。

ただし、公示送達をするには申立書を記載する必要があり、添付資料で相手の住所が分からないことを証明する必要があります。

あなた1人では困難だと感じたら、弁護士に依頼すべきでしょう。

【関連記事】
公示送達をするための全知識|公示送達をするための条件・書類・流れ

※「弁護士」でも解説しています。

居場所がわからず離婚したくない場合

居場所がわからず離婚したくない場合には、まず夫婦関係修復のために妻の居場所を探し出す必要があります。

行方のわからない妻を調査する方法』で解説しているように、あなた自身で居場所を探し出すことは不可能ではありません。

ただ、それが困難な場合には探偵に依頼することをおすすめします

探偵は、氏名や顔写真、使用車両のナンバーといった基本的な情報から、所持品、パソコンの検索履歴、友人職場関係などの周辺情報を駆使して行動範囲を絞り込み、人海戦術で聞き込みを行います。

探偵独自のノウハウや機材なども所有していますので、あなただけで捜査するよりも可能性はぐっと上がるでしょう。

夫婦関係修復を検討している人は、探偵に依頼することをおすすめします。

【関連記事】
家出した妻の深層心理と一般的な探し方と緊急の場合の探し方
人探しを探偵に依頼する際の料金相場とトラブルを防ぐための注意点まとめ

※「探偵」でも解説しています。

音信不通の妻を探したい…。無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

行方のわからない妻を調査する方法

離婚するかどうかにかかわらず、行方がわからない妻との問題を解決するには、まずは居場所を把握しなければなりません。

ここでは、行方のわからない妻を調査する方法について解説します。

住民票を調べる

過去の住民票を追っていくことで、妻の居場所を把握することも可能です

もし同居しており、妻が転居したときに住民移動届を出していた場合には、住民票の除票に転居先が記載されていますので、確認してみましょう。

なお、他人の住民票を取得する場合には理由が必要です。『調停のため』であることを伝えるようにしてください。

ただ、住民移動届を提出していない場合や、あなたのDVなどを理由に閲覧交付の制限を受けている場合には確認できませんので、別の手段を取りましょう。

戸籍を調べる

住民票の場合、妻が何度も転居している場合は一つひとつ確認する必要があり大きな手間がかかることが予想されます。

一方戸籍であれば、同一の戸籍に在籍している限り、届けている住所地がすべて記載されています

結婚していたということは同じ戸籍に入っているはずですので、戸籍のほうが簡単に把握できるかもしれません。

ただ、戸籍に関しても住民異動届を提出していない場合、転居先がわかりませんので他の方法を試してみましょう。

職場、実家、知人に聞く

住民票や戸籍を調べてもわからない場合、職場や実家、妻の知人などに聞くといった方法もあります

ただ、職場の場合個人情報の保護を理由に教えてくれないこともあるでしょう。

妻の両親や知人などに関しても、妻のことを考えてあなたに居場所を教えてくれないといったことも考えられます。

弁護士に依頼する

弁護士なら、受任した紛争を解決するために必要な範囲内で、所属する弁護士会を介して企業や団体などに情報を開示してもらう『弁護士照会制度』が利用できます

情報の開示を請求された企業・団体などは、原則回答しなければなりません。

住民票に閲覧制限がかかっていても情報を漏洩しないことを条件に開示してもらえますし、勤め先等も回答してくれることが多くあります。

住所がわからない場合、最終的に裁判となることも考えられます。そういった場合弁護士への依頼は必要不可欠ですので、妻の住所を把握するところから弁護士に依頼することも有効的な方法です。

探偵に依頼する

どうしてもわからない場合には、探偵へ依頼してみましょう。

探偵であればさまざまな情報から相手の現住所を把握できる可能性が高まります

ただし、依頼には費用がかかりますし、現住所がわかったとしても、それが相手に伝わってしまうと調停の前にまた現住所から移動される可能性もあります。

費用と効果をよく考えてから依頼することをおすすめします。

人探しの方法や費用に関する無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

妻と音信不通になってしまったときの相談先

妻と音信不通になってしまい、あなただけでは問題解決が困難な場合には、専門家に依頼するようにしましょう。

ここでは、おすすめの相談先を紹介します。

弁護士

何度も紹介してきましたが、音信不通となった妻と調停や離婚といった手続きをする場合には、弁護士への相談が必要不可欠です。

調停や離婚には申立書などの手続きや必要書類を集める、妻の居場所がわからなかったことを証明するなど、さまざま作業が必要になります。

そういったことに対処するには手間も時間もかかりますし、法律的な知識も必要不可欠です。

弁護士であればあなたの代理人として、離婚に必要な手続きを代わりに行ってくれます。

まずは音信不通の妻と離婚したいことを相談して、今後どういった対応になるのか確認してみましょう。

近年では相談料無料の法律事務所も多数ありますので、一度連絡してみることをおすすめします。

【離婚問題に強い弁護士を検索する】
離婚弁護士ナビ

夫婦カウンセラー

もし夫婦関係をやり直したいのであれば、夫婦カウンセラーに相談してください。

連絡が取れないということは、妻はあなたとのコミュニケーションを拒絶している状態です。

そんな心理状態の人に、こちらから積極的に連絡を取ってしまったら、さらに嫌悪感が増してしまい、よけいに心を閉ざしてしまうといったことになりかねません。

夫婦カウンセラーはあなたに寄り添って夫婦関係を改善するためのサポートをしてくれます。

音信不通になった経緯などを話すときに批判されたり、評価されたりすることを心配するかもしれませんが、優秀な夫婦カウンセラーはそういったことは一切しません。

夫婦間の問題は非常にデリケートですので、他人に相談することに気が引ける人もいるかもしれませんが、夫婦関係を修復するためには夫婦カウンセラーへの相談が必要不可欠でしょう。

探偵

探偵は行方不明者の捜索をするプロフェッショナルです。居場所を特定したい場合には相談しておきましょう。

ただ注意点として、探偵にも得意・不得意があります。

探偵事務所によっては浮気調査の依頼が多く、人探しの経験がほとんどないといったケースもあります。

人探しを依頼するのであれば、人探しを得意としている探偵に依頼するようにしてください。

また、悪徳な探偵に依頼したために契約内容に関してトラブルとなってしまうケースもあります。

優良探偵事務所の判断の仕方については、次の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】
人探しを探偵に依頼する際の料金相場とトラブルを防ぐための注意点まとめ

人探しに関する無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

まとめ

妻と音信不通になってしまった場合には、居場所がわかっているかどうか、離婚したいかどうかによって、あなたの対処法が変わります。

とくに、離婚するかどうかというのはあなたの人生を大きく変える問題ですので、よくよく考えてから判断するようにしましょう。

また、離婚するにしても関係を修復するにしても、専門家への相談が必要不可欠であるケースが多く見られます。

1人で対応しようとせず、できるだけ速やかに相談すべきです。

【関連記事】
音信不通になる彼氏の深層心理と音信不通を解消する方法まとめ
音信不通になる友達の心理と原因|自力で友達を探すための6つの方法
どれくらいの期間で音信不通?彼の本音と自然消滅しない為にできること
音信不通は別れのサイン|彼の心理と次の恋に進むためにできること

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件

原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

\ お電話でのご相談はこちら /
無料相談はこちらから