放浪癖がある人の心理と放浪の原因|放浪が招くリスクの対処法まとめ

放浪して帰ってこない…/無料相談受付中

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

放浪癖(ほうろうへき)とは、言葉のとおり常習的に放浪することで、辞書を引くと以下のように記述されています。

あてもなくさまよい歩く癖、あるいはふらふらとどこかにいなくなる性質などを意味する表現。

(引用元:Weblio辞書

「男はつらいよ」の寅さんのような放浪癖などポジティブな意味でこの言葉が使われることもありますが、今回の記事では“症状”の一種である放浪癖も取り上げ、放浪者の心理や原因、放浪癖の治し方などについて解説していきたいと思います。

放浪癖がある人の心理

b31ed11dce8161652695579329115182-768x512

ここでは、放浪癖がある人の深層心理についていくつか見ていきましょう。

自分が落ち着ける場所に行きたい

今いる場所や環境に満足することができず、「楽になりたい」「逃げたい」「ここにいたくない」という気持ちで安息の地を求めてフラフラと放浪するケースがあります。

現在悩みを抱えている人はもちろんですが、認知症患者もこうした思いで放浪(徘徊)することがあります。身近なトラブルや認知症については次項でもくわしく解説します。

参考▶「認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ

好意的に感じる人のそばにいたい

自分のことを好意的に感じてくれる人、または自分が好意的に感じる人のそばにいたいと思うのが万人共通の心理です。そのため、場所や環境ではなく“人を目的に”放浪する人もいます。

例をあげると、不倫相手とのデートやアーティストの追っかけによる放浪などがこちらに該当します。

自由でいたい

「何にも縛られたくない」という思いから、自己主張のひとつとして放浪を繰り返す人もいます。特別旅が好きなわけでもなく、目的の場所があるわけでもないのに、ただただルールに反することをしようとします。

思春期の子供は特に、こうした思いがきっかけとなって家出という形で放浪することがあります。

 

主な放浪癖の原因

sd

ここでは放浪癖の根本的な原因について見ていきますが、中には病気が原因のため早期改善が難しいケースもあります。

認知症

前の項目でも触れましたが、認知症が根本的な原因の場合もあります。認知症により脳の機能が低下し、

  • 正常な判断ができなくなる
  • 記憶の中から嫌な思い出だけを蘇らせてしまう
  • 自分が子供の時の記憶を呼び起こして現在の自分も子供であると錯覚してしまう

などの脳内トラブルが起き、重度の認知症患者は意図的に家を出たり、家に恐怖を感じて逃げ出したりといったことが頻繁に起きるようになります。

認知症に関する以下の記事も参考にお読みください。

▶「認知症事故|最悪のケースを回避するために家族が知るべき3つのこと
▶「認知症の行方不明者を早期発見すべき理由と具体的な捜索方法

うつ病

うつ病も脳の病気の一種で、主な症状としては著しく気分が落ち込んだり、物事への関心がなくなってしまったりなどが挙げられます。

これにより、現実から目を背けるためにその場から離れようとしたり、今の場所や環境への執着心がなくなったりして放浪行動に出てしまうことがあります。

重度のうつ病患者になると自殺場所を求めて放浪することがあるので、カウンセリングや薬の服用など早期のケアが必要になります。

▶「鬱の兆候3つ|兆候がみられる人への接し方と相談先まとめ
▶「うつ病と失踪の危険な関係性|うつ病の人が失踪したときにとるべき5つの行動
▶「自殺の兆候5つ|自殺を考えている人に対して周囲ができる4つのこと

アダルトチルドレン

病気とはまた少し違いますが、幼少期の辛い境遇がきっかけで考え方が偏り、そのせいで大人になっても生きづらさを抱えてしまう人のことをアダルトチルドレンと言います。

このアダルトチルドレンの中には、一般人とは極端に感受性が異なるために、社会のルールに適応できない・周囲の考えを素直に肯定できないといった特徴を持つ人もいます。

そのため、「仕事をしなくてはいけない」「家に帰らなくてはいけない」という一般的な認識に欠け、また、「今の環境に耐えられない」という思いが生まれやすいこともあり頻繁に放浪してしまいます。

人間関係トラブル

いじめ、パワハラ、モラハラ、家庭不和など、身近な人間とのトラブルが原因で逃避を目的とした放浪をする人もいます。

一度や二度の放浪ならばともかく、常習的に放浪してしまう場合は、それだけ抱えているトラブルが深刻だと想定されます。

金銭関係トラブル

脅しまがいな借金の取り立てにあっている、家賃が払えないなどの金銭的なトラブルが原因の可能性もあります。

もはや放浪癖を通り越し、長期にわたり何年も逃亡生活をするパターンもあります。

緊急性の高い人探し調査にも注力しています

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

放浪癖を直してもらうためには

本人の放浪癖を直すためには、原因を明確にして、もしも病気ならばその病気と向き合って克服することでしか改善はできないでしょう。なぜなら、病人に対してやみくもに「その症状を出すな」と言っても無理があるからです。

もしも原因が病気ではなく単なる気分の問題であるならば、「あなたが大切だから、黙ってどこかに行かないでほしい」と熱意を持って伝えるしかありません。

「この人は誰よりも自分のことを心配してくれる」「この人には心配をかけてはいけない」という意識を本人に持ってもらい、そこから放浪の抑止につなげましょう。

いずれにしても、深刻な放浪癖とそうでない放浪癖があり、そのどちらに分類されるのかを調べるためにも、まずは一緒にメンタルカウンセリングを受けてみるのが良いかもしれません。

 

放浪癖があってもいつまでも帰宅しない場合は捜索の検討を

pixta_21841570_S

身近な人が放浪から長らく帰ってこない場合、「いつものことだから」と軽視せずに、事件や事故など最悪の事態も想定し早急に捜索すべきです。その際の捜索方法ですが、主に以下の3パターンに分類されます。

自分で捜索する場合

大事にはせず、お金もかけず、思い当たる場所を家族や知人の人海戦術や情報網により捜索するパターンです。

近隣の捜索程度ならばプロの手を借りるまでもないでしょう。具体的な捜索方法、捜索する場所などについては以下の記事を参考にしてください。

▶「人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ

警察に捜索してもらう場合

病気が原因で放浪してしまった場合は、事件や事故・自殺など深刻な事態に繋がりかねないので、早めに警察に捜索願を出して本格的な捜索を行ってもらうようにしましょう。

理由のない単なる家出では捜索らしい捜索をしてもらえませんが、命の危険性がある特異行方不明者(とくいふゆくえふめいしゃ)と判断されればすぐに捜索を開始してくれます。

▶「捜索願の出し方|届け出が可能な人と申告すべきこと
▶「特異行方不明者とは大至急捜索すべき人 | 主な特徴と捜索方法まとめ

探偵に捜索してもらう場合

警察の初動が遅い、事件の可能性があると訴えてもどうしても捜索を開始してくれないといった場合は、探偵に人探し調査を依頼するという奥の手があります。

探偵は警察とは違い、依頼さえ受ければすぐに調査を開始してくれ、都度その調査報告をしてもらえます。

具体的な調査方法や調査料金などは以下の記事を参考にお読みいただき、「そもそも本格的な調査が必要なのか?」「〇日間の調査でいくらくらいかかるのか?」などまずは無料相談を活用して質問してみるのがよいでしょう。

▶「探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金
▶「人探しを探偵に依頼する際の料金費用の相場と依頼前の注意点

 

まとめ

放浪癖についてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。

放浪することにより、気分がリフレッシュされて活力が湧くなどプラスに働くのであれば何の問題もありませんが、消息不明になって長時間が経過しているような場合は早急に捜索活動を行いましょう。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから