人探しの方法・手段

人探しの料金相場|人探しにかかる調査料金を抑える5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

人探しにはどのくらいの料金が発生するのでしょうか?現在、探し出したい人がいるという方は、本人の行方は当然、捜索にかかる料金も非常に気がかりなことと思います。

実は人探しの料金は捜索が長期に及ぶ場合や本人の手がかりが少ない場合など、ケースによって左右されるために一定の金額ではありません。

しかしある程度の相場や、また、料金が高額になるケースに関する知識は備えることが出来ます。今回の記事では、この人探しの料金について詳しく解説したいと思います。

 

※人探しの費用が気になる方/まずはご相談ください

・人探しにかかる費用が心配
・信頼できる探偵に依頼したい
・居なくなった家族の安否が心配

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

 

人探しを依頼して料金が発生するケースとしないケース

住所調査_アイキャッチ

人探しにも様々な方法がありますが、以下のとおり料金が発生するケースもあれば全く発生しないケースもあります。

警察による捜索は原則料金が発生しない

「人探し」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは警察による捜索ですが、この場合、基本的には捜索にかかる料金は国が負担することになるので、個人での支払いの必要はありません。

(山で遭難した場合の捜索には、ヘリの出動を要請する場合のみ個人が支払うべき料金が発生します。)

そもそも、警察は事件性がある・または命の危険がある特異行方不明者でなければ人探しはしないので、料金が発生する・しないに関わらず、はじめから捜索を行ってくれないこともザラにあります。

参考

▶「特異行方不明者とは大至急捜索すべき人 | 主な特徴と捜索方法まとめ
▶「捜索願の費用|捜索願の提出時と実際の捜索にかかる費用
▶「捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応

探偵へ人探し調査の依頼をすると料金が発生する

警察が何かあってからでなければ動けないのに対し、探偵は料金を支払い依頼を行ったらすぐにでも動いてくれます。

人探しにおいて料金がかかるケースというと、主にこの探偵に依頼した場合と、セルフで調査を行う時にかかる印刷代や移動代などです。

※この探偵に捜索を依頼した場合の料金の相場については、次項以降で詳しく解説します。

自分で行う人探しの料金は何を行うかによって差が出る

住民票や車のナンバーを手がかりにして自分の足で探したり、ビラを作って人探したりするセルフ調査の場合は、調査方法によって料金もまちまちです。

近所を捜索する程度であれば特に料金はかかりませんが、当然遠方に車で向かえば交通費が、印刷会社に頼んでビラを作成すれば印刷料金が発生します。

《ビラ・チラシ(500枚分)の料金目安》

コピー代 約25,000円
ポスティング代 約500円
デザイン料+印刷代 約30,000円~

《新聞広告代の相場》

全国版 約9,000円
地方新聞 約900円~
夕刊・朝刊 通常紙の約2倍

 

自分で人探しを行う方法については「人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ」の記事でも取り上げていますので参考にしてみて下さい。

 

人探し調査を依頼した時にかかる料金の相場

探偵が行う人探しの料金は一定ではありません。そのため、大体の目安として以下の料金相場を頭に入れておいて下さい。

人探しの平均料金相場

1回の人探し調査にかける費用は50~80万円という方が多いです。ただし探偵事務所の料金プランには、「時間料金型」「パック料金型」「成功報酬型」といったように様々なプランがあり、どのプランを選択するかによっても料金にはばらつきが出てきます。

%e6%96%99%e9%87%91

 

時間料金型の場合

探したい人の情報や、行先についての情報がある程度つかめている場合におすすめのプランです。短時間で調査が終わる可能性があるため、時給で払った方がお得になります。

パック料金型の場合

「〇時間〇円」とはじめから払う料金が決まっているプランで、長期に渡って調査する場合には数ヶ月プランを用意してくれる探偵事務所もあります。

手持ちの情報が少なく、探したい人の足取りを明確にするまでに何時間かかるかわからない、という場合におすすめのプランです。

成功報酬型の場合

依頼時に着手金を支払い、調査が成功した場合、つまり本人が見つかった時に報酬金を支払うという料金プランになります。

もし成功報酬型で依頼を検討中であれば、探偵事務所が何をもって「成功」と厳密に定義しているのか、予めきちんとした説明を受けてください。

そうしないと、後になって予想をはるかに超える高額な請求がきてトラブルになってしまう可能性があります。

人探しにおける料金の内訳

以下は、人探し調査における料金の主な内訳になります。

  調査員の人件費(出張費や深夜割増、ケースによっては危険手当などを含む)
  調査経費(交通費や宿泊費、通信費など実際にかかった料金)
  手数料(裁判でも使える調査報告書の作成などにかかった料金)

このほかに成功報酬などがあり、明細書にはこれらの項目が記載されます。

各探偵事務所の人探し料金比較例

以下は1時間あたりの人探しの料金比較ですが、やはり探偵事務所によって差が生じます。1時間あたりの単価が安いと思っても、後から追加料金などの請求がありびっくりした、というケースもあります。

A B C
家出調査:12,000円~
基本料金:40,000円~
所在調査:18,000円~
家出調査:30,000円~
行動調査:15,750円~
(調査員2~3名)
車両代、機材代:込
追加料金なし
四駆代:8,000円~
二輪代:5,000円~
別途料金加算

 

料金面で失敗しないためには、事前に見積もりを作成してもらい、そこに記載の料金以外の請求がないことを念を押して確認し、その上で比較検討するのが良いでしょう。

原一探偵事務所の人探し料金例

以下は原一探偵事務所の料金表になります。ご覧のとおり調査料金が一律になっており、基本料金の中に機材料金や交通費などすべての諸経費が含まれているため、追加料金は発生しません。

原一探偵事務所

 

調査料金 80,000円~/1日
基本料金 40,000円

 

つまり、人探し調査を5日間依頼した場合は80,000円×5日+40,000円=440,000円ということになります。

 

※人探しの費用が気になる方/まずはご相談ください

・人探しにかかる費用が心配
・信頼できる探偵に依頼したい
・居なくなった家族の安否が心配

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

 ※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。

人探し調査の料金が高額になるケース

pixta_279291_S-1

以下のケースでは、人探しの料金が高額になる可能性があります。

調査難易度が高いとき

以下の場合だと、探す上での難易度が高いというよりも人探しそのものが行えない可能性があります。

このような場合に半ば強引に人探しをお願いしても、人探し調査料金は払ったのに満足いく調査結果が得られずに終わってしまったという結果になりかねません。

  • 探したい対象者がうつ病や認知症を患っている
  • 行方不明・音信不通になってから何年以上も時間が経過している
  • 本人の意思で失踪をした

人探しの難易度は、依頼する前に無料相談を活用するなどしてしっかりと聞いておくべきでしょう。

多くの時間・調査員を要するとき

例えば捜索の期間を1週間で依頼するのと2週間で依頼するのとでは、単純計算でほぼ倍の料金がかかってしまうことになります。

また、パック料金で安く済ませたと思っても、制限時間内に本人の発見に至らずに延長した場合は、こちらも延長料金がかかってしまうことになります。

「人探しの料金の内訳」でも記述したように、料金の中でも多くを占めるのは人件費になるので、多くの調査員が関わればもちろん費用も高額になります。

大半は2人1組または3人1組で調査が行われることになりますが、「料金を抑えたいので1人で調査を行って欲しい」と伝えることで、その要望は通るかもしれません。

しかし、通常のマニュアルに沿わない行動をさせることで、かえって調査効率が悪くなってしまう場合もあるということも頭に入れておきましょう。

調査時間帯が深夜や早朝になるとき

探偵事務所によりけりですが、中には深夜や早朝の調査は別途料金が発生する場合もあります。

料金を安く済ませたいという方は、こうした特別な時間帯を避けて調査してもらいましょう。

調査地が遠方になるとき

失踪場所が海外などかなり遠方の場合は、その地へ向かうにあたり交通費がかかるために料金が高額になる可能性があります。

 

人探しにかかる料金をできるだけ安くする方法

Conceptual image of fanned dollar banknotes with a magnifying glass, pen and analytical financial report lying on a table with shallow dof

可能な限り人探し料金を安く抑える方法についても以下にまとめました。

調査対象者の情報を出来る限り提出する

所持している情報に乏しく、何の手がかりもないままただ漠然と調査を依頼するのは調査が困難になるため、調査時間が長引いたり高度な機材を導入する必要が出てきたりと、調査料金が高額になるケースが多くあります。

最低限、下記の情報は前もって伝えられるようにしておくと良いでしょう。

  • 探したい人の身体的特徴(現在の状況になるべく近いものが望ましい)
  • 交友関係
  • 職場、学校
  • 失踪した当時の服装
  • 失踪の原因として考えられるもの

無料相談を利用する

探偵事務所が無料相談サービスを行ってくれている場合に限定されますが、有料で相談を行うのではなく、無料相談を活用したほうが料金は抑えられます。

この無料相談は探偵事務所まで出向かずとも電話で行えるものが大半ですので、賢く活用するのが良いでしょう。

人探しの方法を制限する

例えば警察犬を使う方法や、全国の拠点を駆使した人海戦術や、失踪に関わっているとされる怪しい人物を徹底的にマークする方法など、人探しにもいろいろなパターンがあります。

探偵側との応相談になるかもしれませんが、料金を安く抑えたい旨を伝え、その中で行える範囲での捜索を行ってもらうというのも一つの手段になります。

自分でも調査を進める

自分自身でも人の捜索が行えないことはありません。

例えば、失踪時にいたとされる場所の近辺を回ったり、失踪に関係しているとみられる人物を洗いコンタクトを取ったりするなどして、足取りの手がかりを掴むことは十分可能です。

こうしたセルフ調査で発見できればそれに越したことはありませんが、しかし、現実的に考えて困難なケースが多くあります。

特に事件性が高いケースなどは、自分一人の力で探し出そうとするのは無謀かもしれません。

人探し調査を行う時間帯を制限する

リーズナブルな料金で捜索をお願いしたいと予め伝えておくことで、よほどの理由がなければ、料金が高額になりやすい深夜や早朝の捜索を避けることが出来ます。

もちろん、深夜でも早朝でも昼間でも料金は変わらない探偵事務所であれば、深刻に考える必要はありません。

 

人探し調査の内容と料金は事前に徹底して聞いておく

スマホ

実際に探偵に人探し調査を依頼する際には、必ず事前に契約内容を確認しておきましょう。

調査の手がかりが少ない場合は、発見まで長期化することが予想されます。その場合は人探し費用もウン十万円、ウン百万円とかかり、気軽に払える金額ではなくなります。

調査効果が高い人海ローラー作戦を決行する上で、ある程度の料金がかかるのは仕方ないことだとしても、

  • 現在の手がかりで見つかる可能性がどれくらいあるのか
  • 調査期間はどのくらいかかりそうか
  • どのような体制でどのような調査を行うのか

など、しっかりした説明を受けておきましょう。

また、本人が見つからずに一定期間が経過してしまった場合は、クレジットカードの明細や運転免許証の更新など、本人の行方に関する新たな手がかりが出てくるまで調査を打ち切るのもひとつの手段です。

こうした調査打ち切り時や、逆に予定よりも早くに発見できた時の調査料金返還条件についても確認しておきたいところです。

※人探しの費用が気になる方/まずはご相談ください

・人探しにかかる費用が心配
・信頼できる探偵に依頼したい
・居なくなった家族の安否が心配

家出した人・行方不明人が犯罪や事件に巻き込まれるケースは多いにも関わらず警察はなかなか動いてくれません。手遅れになる前に相談してください!

人探しの無料相談はこちら
※24時間・匿名OK

※※探偵への依頼に踏み切れない方は、こちらの【警察では手遅れ?家出人探しを探偵に依頼すべき本当の理由】の記事もお読みください。

 

まとめ

人探しの料金についてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか?警察が動いてくれない場合は、記事内に記載したように探偵事務所に調査の依頼をするのがもっとも迅速な手段です。

繰り返しになりますが、調査を依頼する際はきちんと現在の状況をヒアリングしてくれ、前もってある程度の料金説明をしてくれる探偵事務所を選ぶようにしましょう。

支払い方法や契約方法を必ず確認することで、後の料金トラブルを防ぐことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る