人探しの方法・手段

消息不明の友人を探す方法|警察があてにならない時の自力捜索の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在、日本の行方不明者は1年間で8万人以上と警察庁が発表していますが、捜索願が出されていないぶんも含めると、10万人にのぼるのではないかとされています。

行方不明

(引用元:警察庁生活安全局生活安全企画課

「行方不明」は“恐らく生存しているが行方がわからない”ことを示すのに対し、「消息不明」は“生存しているかどうかも定かではない”ことを示します。

そのため、表現だけで見ると行方不明よりも消息不明のほうが少しだけ深刻度が高いということになります。それでは、「消息不明の友人を探し出して再会したい…」そんな時、一体どのように捜索したらよいのでしょうか?

友人がなぜ消息不明になったのか、その理由によっては、今すぐに捜索を開始しなければならないこともあります。今回の記事では、適切な捜索方法について具体的に解説しますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

参考▶「行方不明とは|行方不明者数と行方不明者が見つかる確率

「友人に会いたい…」人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

 

消息不明の友人の探し方

pixta_26437903_S

ここでは、友人を探す上で何をどのようにしたらよいのか、詳しくお伝えします。

捜索願を届け出る

緊急性が高い場合は、何よりもまず警察に捜索願(現在の名称は行方不明者届)を届け出ましょう。

これにより、消息不明の友人の情報が全国の警察拠点で閲覧可能になり、パトロールや職務質問の際に本人と思われる人物と接触した場合に、「捜索願が出ている」という旨が警察から本人に伝わります。

また、家出や失踪をしているような場合は「気にかけている人がいるから帰宅しなさい」と促してくれることもあるかもしれません。

命に危険がある特異行方不明者(とくいゆくえふめいしゃ)と判断されない限りは、テレビで見るような公開捜査や人海戦術捜査を行ってくれるわけではありませんので、あくまでも本人への伝達どまりになります。

捜索願の届け出の方法や、届け出を行える人、警察が行ってくれる具体的な捜索については以下の記事を参考にご覧ください。

捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応
捜索願を出された人が成人の場合の警察の対応の真実

SNSで情報収集

Facebook、LINE、TwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用して、本人の情報を収集しましょう。

緊急性が高い場合は「〇〇さんを探している」という呼びかけをしたり、拡散したりすることも可能なので、本人の知人経由で本人の情報を教えてもらえるかもしれません。

また、もしも本人がこうしたSNSを使用していた場合はネット上でコンタクトをとることによって本人からレスポンスがもらえるかもしれません。

SNSの中でも特に規模の大きいFacebookを活用した人探しの方法については、以下の記事をご覧ください。

Facebookで人探しする方法|早急な人探しには不向きな理由

住民票を手がかりにする

単に引っ越しや転勤などで居場所がわからない、という場合は、友人の住民票や住民基本台帳から現在住所を絞ることが可能です。ただし、

  • 住民票の除票を確認する
  • 住民基本台帳を確認する
  • 戸籍附票を確認する

上記の方法は、身内や近親者など相当近しい人物でない限りは“閲覧に正当な理由”が必要になります。具体的な閲覧方法や条件などは、以下の記事をご覧ください。

人探しに住民票の閲覧は有効|住民票閲覧の方法と条件

行きそうな場所に出向く

本人が家出をして消息不明になっている場合は、ある程度の行き先の目星をつけて実際に足で捜索してみるのも方法の一つです。

一時的な家出か、長期的な家出によって本人の行き先も変わってきますが、以下の《家出人の主な行き先一覧》を参考にしてみましょう。

  • 友人の家
  • 実家
  • 浮気相手の家
  • ファミレス・ファーストフード店
  • 漫画喫茶(ネットカフェ)
  • ホテル
  • 山の中
  • 車の中
  • 橋の下
  • 公園
  • 神待ち掲示板で知り合った人の自宅
  • ゲームセンター・パチンコ店
  • ナンパしてきた人の自宅
  • 暴力団の事務所

行き先に関する具体的な記述は以下の記事をご覧ください。

家出の行き先一覧|家出人を早期発見する為の行き先の調べ方

人探しサイトを活用する

インターネット上には「人探しサイト」「人探し掲示板」と呼ばれる、人探しのためのサイトがあるのをご存知でしょうか。

こちらに「探したい人物の情報」が公開されると、それに対する「目撃情報」が書き込まれるので、「些細な情報でもいいから欲しい」という方にとっては大変便利です。

しかし、中にはデマが書き込まれたり、逆に何の情報も得られないまま「探したい人物の情報」だけ悪質な業者に回収されるリスクもあります。

もし活用するのであれば、どこの誰が運営しているのか実態が不明なサイトではなく、以下の公的な機関によるサイトを活用するのがまだリスクを回避しやすいでしょう。

警察庁 行方不明者に関する情報提供のお願い
日本行方不明者捜索・地域安全支援協会
行方不明者リスト

人探しサイト・掲示板に関する詳細は以下の記事もご覧ください。

人探しはサイト上でも可能|人探しサイトの特徴と注意点
人探しは掲示板で可能か?|人探し掲示板の特徴とトラブル例

ビラを作成する

自分でビラを作成し、掲示可能な場所に掲示したり配布したりする方法もあります。ビラの作成料は以下を参考にしてください。

コピー代 約25,000円
ポスティング代 約500円
デザイン料+印刷代 約30,000円~

※500枚分の料金目安

また、緊急性が高いためにビラではなく新聞に広告を出して公開捜索に踏み切りたいという場合の料金目安は、以下を参考にしてください。

全国版 約9,000円
地方新聞 約900円~
夕刊・朝刊 通常紙の約2倍

友人の周囲の人物に聞き込みをする

消息不明の友人の家族・友人・同級生・近隣住民などに聞き込み調査を行い、足どりを追いましょう。

学生名簿があれば、そこに掲載されている本人の実家連絡先や、同級生の個人連絡先に片っ端から連絡をして聞き込むのが良いですが、その際には必ず自分の名や本人との関係性を名乗り、失礼なく怪しまれずに行うのが鉄則です。

学生名簿を所持していなければ、探偵に依頼し本人が住んでいたとみられる場所や本人と関係性の深い人物などを割り出し、ひとつひとつ丁寧に本人情報を収集する必要があります。この探偵の調査については次項で解説します。

【関連記事】
▶「初恋の人に会いたい!思い出のあの人を探して再会する方法

 

探偵に頼む方法も有効

Sherlock Holmes Hat or Deerstalker Hat and Retro Magnifying Glass Isolated on White

警察が取り扱ってくれない、自力の捜索でも限界がある、それでもどうしても探し出したい…という場合は、奥の手として探偵に依頼するのも有効な方法です。

ここでは探偵に依頼した場合にどのような調査を行ってくれるのか?いくらで調査してくれるのか?という点について解説します。

探偵が行える調査

探偵は、主に以下の方法で人探しをする、警察に負けず劣らずのプロの調査組織です。

  • データ調査
  • 聞き込み調査
  • 本人と思われる人物の尾行追跡
  • 探偵犬(警察犬)調査
  • ドローンによる上空調査
  • 失踪と関連が深い人物の割り出し調査
  • 調査員による人海調査 など

警察とは違い、依頼さえすればすぐにでも調査を開始してくれます。具体的な調査内容は以下の記事をご覧ください。

探偵が行う所在調査とは|所在調査が可能な例と調査料金

調査にかかる費用

探偵の人探し調査は、どれだけの時間をかけてどのような調査をするのかによって費用が左右されるため、これといった相場があるわけではありません。

ある程度の目安として、一般社団法人東京都調査業協会が発表している平均額《調査員2名で1時間の調査を行った場合は1,5万円~2万円》を参考にし、いくつかの探偵事務所に見積もりを出してもらった上で依頼すると良いかと思います。

content_

探偵の料金に関する具体的な内容は以下の記事をご覧ください。

人探しを探偵に依頼する際の料金費用の相場と依頼前の注意点

「消息不明の友達と再会したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】24時間対応・匿名OK

 

消息を絶った原因も手がかりになる

友人はなぜ消息不明になってしまったのか?その原因を明確にすることで足どりが掴めてくる場合もあります。細かい原因まではわからずとも、

  • 意図的に消息を絶ったのか?
  • 事件や事故などによる外的要因で消息を絶ったのか?

どちらかだけでも判明させることができれば、捜索の手がかり再会までの時間はかなり短縮できるはずです。もちろん、こちらは探偵の調査でも追及することが可能です。

なお、「平成26年における行方不明者の状況」によると、『原因・動機別行方不明数の推移』は以下のとおりとなっています。

認知症2

(引用元:平成26年における行方不明者の状況

1位:疾病関係
2位:家庭関係
3位:事業・職業関係
4位:学業関係
5位:異性関係
6位:犯罪関係

失踪の理由や原因について細かく書かれた以下の記事もご覧ください。

失踪の理由ランキング|年代別の失踪理由と失踪者の探し方
失踪の原因|失踪者が失踪するまでの過程と発見率

 

まとめ|発見後は心のケアが必要になる場合も

pixta_21063393_S

消息不明となった友人本人が「見つかりたくない」という気持ちでいる場合と、「早く見つけて欲しい・助けて欲しい」という気持ちでいる場合と、2パターンが考えられます。

後者の場合は、無事に発見できたとしても心に恐怖心が残り続け、以降もトラウマとなってしまうリスクがないわけではありません。また、病気が原因で失踪してしまった場合も、発見後には病気に対するケアが必要になってきます。

自分ひとりでは友人に適切な方法で向かいきれないかもしれない、という場合は、カウンセラーなどの専門家の力も借りながら心のケアに努めることをおすすめします。

早期発見、再会のために本記事が少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

 

【関連記事】
▶「人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ
▶「認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ
▶「認知症事故|最悪のケースを回避するために家族が知るべき3つのこと
▶「認知症の行方不明者を早期発見すべき理由と具体的な捜索方法
▶「鬱の兆候3つ|兆候がみられる人への接し方と相談先まとめ
▶「うつ病と失踪の危険な関係性|うつ病の人が失踪したときにとるべき5つの行動
▶「自殺の兆候5つ|自殺を考えている人に対して周囲ができる4つのこと

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る