生き別れになった家族を探す方法5つ|家族を見つけた場合の注意点

人探しの悩みは探偵に相談しましょう

探偵は行方調査のスペシャリストです。
こちらの原一探偵事務所の無料相談窓口は、専門スタッフが24時間対応します。

生き別れ (いきわかれ)とは、肉親や血のつながった兄弟・姉妹が生きていながら別れることをいいます。

生き別れになるケースというのは、親の離婚・物心付いた時から施設で生活をしていたなど、一緒に生活をしていたが特別な事情により離れ離れに暮らすことです。

離れ離れになってしまった親・兄弟・姉妹・子供とまた一緒に生活をしたい、再会をしたい人も中にはいるでしょう。

結論からいうと生き別れた人と再会できます。今回は、生き別れになった人を探す方法・再会する前の注意点を徹底解説していきますので参考にしてください。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

生き別れという言葉の定義

『生き別れ』という言葉の意味を調べてみました。

肉親・縁者が互いに生きていながら別れ別れになること。

【引用:Weblio辞書

主には、親子間や兄弟間を指す言葉であり、『自分の意思に関係なく、離れることになってしまった』というニュアンスが当てはまりそうです。

生き別れの例

  • 両親が離婚して、母親に引き取られた、それ以来父親とは会っていない。
  • 自分は父親に引き取られ、弟は母親に引き取られた。弟にはずっと会っていない。
  • 両親が事故で亡くなり、兄弟がバラバラで過ごすことになった。

夫婦や恋人間で『生き別れ』という言葉を使うのは少し違和感がありますね。

生き別れになった家族を探す方法1:身の回りの人から情報を集める

自分で探す方法と探偵に依頼をする2つの方法があります。

親に聞く

親と生き別れていない人に限りますが勇気を振り絞って生き別れた家族のついて聞いてみましょう。あなたがある程度の年齢になっているのなら、生き別れ他の家族のことを親が知っていれば教えてもらえる場合もあります。

親戚を訪ねる

親に聞いても分からなかった場合には、親戚にも生き別れの家族について聞いてみましょう。親戚なら昔会ったことのある、あなたの家族について知っているかもしれません。

知人を訪ねる

親・親戚の知人なら、あなたの生き別れた家族について知っている可能性はゼロではありません。生き別れの兄弟のことを知っている可能性は低いかもしれませんが、希望を捨てないで聞いてみましょう。

生き別れになった家族を探す方法2:戸籍の附票で探す

戸籍の附表(こせきのふひょう)とは、現在の住所について記録された書類です。戸籍の附表を調べることで、戸籍に載っている生き別れの家族の住んでいる場所が分かります。ただし、結婚・死亡している場合などは除票している可能性があるため知ることはできません。

申請する場所

あなたの本籍地のある市区町村の役所で発行できます。

戸籍の附票を申請できる人

以下の人なら戸籍の附表を申請できます。

  • 本人
  • 戸籍に記載されている兄弟・姉妹
  • 配偶者
  • 直系尊属(父母・祖父母)
  • 直系卑属(子供・孫)
  • 上記の人から委任状を持参した代理人

(参考:戸籍の附表|那須塩原市)

必要な書類・費用

申請するには顔写真付きの本人確認書類が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 1通:300円

(参考:戸籍の附表の写し|中野区)

  • 本人確認書類が2つ必要な場合

顔写真付きの本人確認書類がない場合には2つの書類を提出することで戸籍の附票を申請できます。

  • 各種健康保険証
  • 介護保険被保険者証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 年金手帳
  • 公的年金
  • 写真付きの学生証(※)
  • 写真付きの社員証(※)

(※)がついている書類だけの場合だと申請できませんので注意してください。

生き別れになった家族を探す方法3:SNSを利用する

自分で生き別れの家族を探せる方法をまとめました。

インターネット掲示板

生き別れた家族の名前・特徴・写真などの情報を書き込んでください。写真は悪用される可能性もあるので載せない方がいいかもしれません。

Twitter

インターネット掲示板に書いたことと同じ情報をTwitterでツイートしてください。ただ、Twitterは最大で140文字までしか書くことができないので、生き別れた家族の情報を絞るか何回かに分けて送る必要があります。

【引用】

Facebook・Instagram

Facebook・Instagramならインターネットを通じて生き別れた家族の友人・知人に呼びかけることもできます。Facebook・Instagramを利用している人の中には、生き別れた家族の情報を知っている人もいるかもしれません。

【引用】

全国調査可能!

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

生き別れになった家族を探す方法4:公的機関を利用する

公的機関を使って生き別れの家族を見つけること方法をご紹介します。

警察

警察に捜索願はだすことはできますが、誘拐などの事件性がない場合には親身になって捜査はしてはくれません。ただ、パトロール・交通取り締まりなどで情報が手に入った場合には連絡をくれますので出しておいた方がいいでしょう。

【関連記事】

【関連リンク】

警察庁「行方不明者に関する情報提供のお願い

市役所

戸籍の附表などの書類は手に入れることはできますが、メインの仕事が人探しの調査ではないので依頼をすることはできません。

生き別れになった家族を探す方法5:探偵に依頼をする

戸籍の附表で見つからない場合には、最後の手段として探偵に依頼をすることをおすすめします。

探偵の選び方

人探しに適している探偵はズバリ人数が多い&実績がある探偵会社です。人探しの調査は聞き込み調査がメイン業務なので人数を必要とします。聞き込み調査といっても当てずっぽうにするわけではないので、今までの経験やノウハウが必須です。1つの依頼に調査員を投入でき実績のある探偵会社が人探しに適しているといえます。

【関連記事】

探偵に伝える情報

探偵が人探しをするには情報を元に捜査をしますので、あなたが知っていることを全て伝えてください。情報が多いほど生き別れの家族を見つかる可能性は高くなります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 出身地
  • 生き別れ後、どこに住んでいたか(知っている人)
  • 実家
  • 携帯の番号
  • 交友関係
  • よく立ち寄っていた場所
  • 前住所
  • 銀行の口座番号
  • 勤務先の住所など

探偵の費用

探偵の人探しの平均相場は50~70万円です。平均相場といっても早く見つかれば金額も安く抑えることができます。相場より安い探偵事務所は存在しますが、調査力が低い場合には相場以上に費用がかかる場合も少なくありません。

【関連記事】

人探しの悩みは探偵に相談しましょう

探偵は行方調査のスペシャリストです。
こちらの無料相談窓口は、専門スタッフが24時間対応します。

生き別れた家族と再会する時の注意点

いくら家族だからといって何十年も会っていない人と再会するのに抵抗ある人もいます。

見つけ出した経緯と目的を事前に伝える

生き別れになった家族と連絡をとることができたら、喜びの言葉を告げた後に見つけた方法と再会した目的について伝えましょう。生き別れる前に仲が良かった人ならいらぬ心配かもしれませんが、何十年も会っていない家族の連絡が突然きたら驚く上に怪しまれもします。

生き別れの期間が長いほど連絡をもらった相手は、お金関係の話をされると疑う可能性が高いです。お金と時間をかけてわざわざ連絡をするということは何かしらの理由があると考えるのは不思議ではありません。

 

連絡をもらった相手は思った以上に警戒をしていると思ってください。

会う前にお互いのことを知る必要がある

生き別れになった兄弟を見つけたら、スグにでも会いたい気持ちでいっぱいかもしれませんが、まずは手紙・Line・メールでお互いのことを知りましょう。話す内容は現在の状況・昔の状況など何でも構いません。徐々に警戒された状態を解いていき、再会する時はお互い楽しい気持ちで会いましょう。

まとめ

家族と生き別れたとしても様々な方法を使えば再会できる可能性はあります。家族と生き別れたとしても見つけるぞっという諦めない気持ちが大切です。それでは今回の生き別れの家族を見つける方法のおさらいです。

  • 身の回りの人から情報を集める
  • 戸籍の附票で探す
  • SNSを利用する
  • 公的機関を利用する
  • 探偵に依頼をする

まずは自分で探せる方法を全て利用して精一杯探してみてください。どうしても探すことができない場合には探偵に依頼をしましょう。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから