人探しの方法・手段

生き別れた家族と再会する方法|会う前の注意点・心構えなど

     
生き別れた家族と再会する方法|会う前の注意点・心構えなど

離ればなれになってしまった親・兄弟・姉妹・子供と再会をしたい人も中にはいるでしょう。

行方が分からなくても、どこかで生きているなら再会できる可能性は十分にあります

今回は、再会したい・もう一度会いたい人を探す方法と注意しなければいけないことを紹介したいと思います。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

探偵は、大手事務所を選ぶのがおすすめです。

相談実績年間50,000件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

家族と再会する方法

それでは、家族と再会するための具体的な方法を紹介します。

親戚・親族から情報を集めて再会する

家族の情報を一番知っているのは、家族や親戚です。まずは、親に聞いてみましょう。

離ればなれになってしまった理由が深刻ではなかったり、当人同士に罪がなかったりしたら、教えてもらえる場合もあります。

親に聞いても分からなかった場合には、親戚にも聞いてみましょう。

親戚は意外にあなたの家族について深く知っているかもしれません。

ネットの力を利用して再会する

ネットの力を利用して再会することも可能です。Googleに本人の名前を入れて検索しただけでも、手掛かりとなるものが見つかるかもしれません。

  • Twitter → ユーザーの年齢層が広い
  • Facebook → 本名で登録するのが一般的なので、本人にたどり着きやすい
  • Instagram → 若い世代のユーザー数が多い

失踪したのではないのであれば、向こうもどこかで普通に生活をしているはずです。

年齢にもよりますが、SNSを利用している可能性は大いにあるでしょう。

本人らしき人を見つけたらすぐに連絡を取りたくなる気持ちも分かりますが、メッセージの内容はよく考えて決めるようにしましょう。

不審がられたりすると再会するのが難しくなるからです。

【関連記事】
人探しアプリ7選|スマホで手軽に人を探す方法と注意点

住民票をたどって再会する

住民票を調べることによって、家族の引っ越し先を知ることができます。

血縁者や近親者が、身分証明書と印鑑を持って役所に行けば数百円程度の手数料で発行してくれます。

すでに引っ越していたとしても、転出先住所も記載されているので、再会できる可能性は十分にあります(住民票の保存期間は転出してから5年です)。

【関連記事】
人探しに住民票の閲覧は有効|閲覧の方法と条件

探偵を使って再会する

再会できる可能性が一番高いのが「探偵に依頼」です。

調査料金は決して安くはないですが、探偵は人探しのプロなので、見つけてもらえる可能性は高くなります。

ある程度の情報を提供することによって、探偵独自の情報網と手法で捜索してくれます。 個人で探すよりも、確実性とスピードが増します。

無料で相談できるので、まずは相談してみて決めるのもいいでしょう。

家族と再会する時に注意すべきこと

家族とはいえ、中には何十年振りに再会するという人もいると思います。久々の再会を不安に思ったり、抵抗があったりする人もいます。

事前に再会する前に注意すべきことを紹介したいと思います。

どうして会いたいのか事前に伝えておくこと

再会したい家族と連絡を取ることができたら、喜びの言葉を告げた後に、再会したい目的についてきちんと伝えましょう。

長い間会っていない家族の連絡が突然来たら、驚かれる上に怪しまれもします。

お金の話をされるのではないだろうか」と考える人もいます。

もしそうであった場合でも、きちんと事前に理由を伝えておきましょう。

第三者の目があるところで待ち合わせすること

再会することを相手が必ずしも望んでいるとは限りません。

ネガティブな理由で再会する場合には、感情的な話し合いになって大声を出されたり、暴力を振るわれたりすることもあるかもしれません。

ファミレスやカフェなど、第三者の目があるところで待ち合わせをすれば、この様なことも未然に防ぐことができます。

想像とは違う結果になる可能性もあること

離ればなれになった理由について、双方で誤解があるかもしれません。極端に言えば、の人は今でもあなたのことを恨んでいるかもしれません。

感動の再会のはずが、まったく違う結末になる可能性もあることを覚悟しておきましょう。

探偵が探し出しても本人が拒否する可能性もあること

探偵は家族を発見した後、あなたが再会したがっている理由を伝えます。

そこで再会を拒否されてしまったら、たとえ相手の住所が分かっていても再会することはできません

その場合でも調査にかかった費用は支払うことになります。そうなる可能性も十分視野にいれておきましょう。

こんな人は家族と再会しよう!

離ればなれになってしまっても家族はいつまでも家族です。

会える可能性があるのならば、是非会うべきだと思います。

特に下記の様な方は、是非家族と再会しましょう。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

探偵は、大手事務所を選ぶのがおすすめです。

相談実績年間50,000件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

無料相談はこちらから

親の都合で離ればなれになってしまった兄弟

自分達の事情とは関係なく、親の離婚などで離ればなれになってしまった兄弟

自分達の意思とは関係のないところで離ればなれになってしまったので、相手も再会したいと思っているはずです。

血のつながった兄弟ですので、後悔しないためにも再会しましょう。

実家を離れてから連絡のつかない親子

実家を離れて、一人暮らしを始めてからあまり家族と連絡を取らなくなってしまうなどということもあると思います。

久しぶりに連絡をしてみたら、全然連絡がつかなくなり、どこで何をしているか分からなくなってしまったという状況ではありませんか?

何かあってからでは大変です。

すぐに居場所を見つけて再会するようにしましょう。

相続の関係で会わなければいけない家族

人が亡くなった時、個人の遺産は相続人に相続されます。

相続人が複数いる場合は、遺言があれば遺言の通りに、遺言がなければ相続人どうしで話し合いをして遺産を分けます。

しかし、相続人同士の話し合いは、相続人が一人でも欠けると相続の手続が進められなくなってしまいます

連絡の取れない相続人がいた場合には、探し出す必要があります。

喧嘩別れしてしまった家族

家族と喧嘩をして家を飛び出し、そのまま会わなくなってしまった。お互いどこで何をしているかも分からない。

このような関係のまま放置してしまうと、どちらかが亡くなってしまった時にきっと後悔すると思います。

会えるうちに会い、謝れるうちに謝るようにして、後悔しないようにしましょう。

残りの人生が長くない祖父母と孫

両親が離婚してしまって、離ればなれになってしまった祖父母と孫。

もしこの世から旅立ってしまったら、会うことも話すこともできなくなってしまいます。

命があるうちに、会えるうちに、是非再会しましょう。

どんな結果になっても会わないと納得ができない人

お互いの再会が必ずしもいいものではない場合もあります。

しかし、あなたの中に「どうしても会いたい」という強い意思があるのであれば再会すべきだと思います。

たとえ家族から恨まれたりしていたとしても、あなたが行動せずに後悔してしまうくらいなら再会できるように行動するのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。離ればなれになってしまった家族と再会する方法について紹介しました。

あなたに「会いたい」という気持ちがあれば、離ればなれになってしまった家族を探すことは可能です。

しかし、居場所の分からない人を探すのは時に難しく時間がかかってしまうこともあります。

どうしても再会したい時には、探偵に頼んでみるのがいいかもしれません。

相談するだけであれば無料でできますので、相談してみてからじっくり考えてみるのがいいでしょう。

【関連記事】
人探しの方法10選!誰でも無料でできる方法と探偵に依頼した際の料金

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 年間相談実績5万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。
無料相談窓口はコチラ
原一探偵事務所への電話お問い合わせ 原一探偵事務所への電メールお問い合わせ