探偵の人探し調査

探偵は名前が分からない場合も人探し可能?情報が少ない人探しについて 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名前しか分からない・顔しか分からない・あだ名しか分からない・写真しか持っていない・名前もわからない、など、ターゲットの情報が非常に少ない場合にも探偵は居場所を探し出すことができるのでしょうか。

簡潔に答えると、不可能ではありません。

一般的に、名前や顔のみといった、情報が少ない場合には探偵でさえターゲットを探し出すことは困難だろうと、依頼することに気が引ける方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ケースによっては探し出せるのです。

この記事では、ターゲットの情報が少ない場合の探偵の人探しについて紹介します。

探偵に人探しを依頼する際に提供すべき情報

人探しの成功確率は、ターゲットの情報の『質』と『量』によって変わります。当然、質の高い(正確性の高い・信頼性の高い)情報をより多く探偵に提示できれば成功する確率は上がりますし、短期間で見つけ出すことも可能です。

探偵に人探しを依頼する際には、以下の情報を提供できることが望ましいとされています。

調査内容 情報
失踪者

捜索

・名前
・生年月日
・携帯電話番号
・写真(顔だけのもの・全身写真)
・メッセージ類
・所持しているであろう現金の額
・勤務先
・友人や知人の情報
など
過去の

知人等の

捜索

・名前
・生年月日
・実家住所
・母校
・勤務先
・結婚・離婚に関する情報
・写真(顔だけのもの・全身写真)
など

名前しか分からないなど、ターゲットの情報が少なければ少ないほど人探しの難易度は上がりますが、前述の通り不可能ではありません。

以下では、ターゲットの情報が少ない場合に探偵がどのように人探しを実施するかについて見ていきましょう。

ターゲットの情報が少ない場合の探偵の人探しの方法

探偵

ターゲットの他の情報をヒアリング

ターゲットの情報が少ない状況で人探しを依頼するのは以下のようなケースが考えられるでしょう。

  • 出会い系で知り合った人に妊娠させられた
  • 行きつけの店で知り合った人にお金を貸したら持ち逃げされた
  • ひとめほれしたカフェの店員に思いを伝えたい
  • ネットで知り合った人とトラブルを抱えている

このとき、依頼者がターゲットの名前しか分からない・顔しかわからないと思っていても、実はその他にも提供できる情報がありませんか?

  • 身長・体重など身体的特徴
  • あだ名
  • 出会ったときの状況
  • 喋っていた方言
  • 趣味
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • アルバイト先
  • 勤務先
  • 行きつけの店

どのような情報でも正確なものであれば重要な手掛かりになります。情報量が増える分、調査の成功率は上がりますので、どのような些細なことでも探偵に伝えるようにしてください。

独自のデータベースなどで検索

依頼者からもらった情報をもとに、まずは探偵事務所独自のデータベースにて検索を行います。

データベースに情報が載っている場合、それをもとに聞き込みなどを行います。

なお、近年ではネットの台頭もあり、検索エンジンやSNSなどで名前を検索することで、自身で人探しをすることも可能となっています。

ターゲットの名前を把握しており、それが珍しいものである場合は自身で見つけられる可能性もあるでしょう。

聞き込み

母校や勤務先などが分かっている場合には、関係者に対して聞き込みを行います。そこから当時の住所や引っ越し先など居場所の手がかりなどを入手します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ターゲットに関する情報が少ない場合でも探偵への依頼が有効なケースもあります。この程度の情報では依頼できないのではないか…。などと考えず、一度探偵に相談してみることをすすめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る