家出への対処法

父親が失踪した時の対処法|父親が失踪する心理と取るべき対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

ある日突然父親が家からいなくなった…。残された家族としては今後の生活の不安や失踪した父親の安否など心理的な負担が大きいものだと思います。

母親との些細な夫婦げんかで失踪した場合にはすぐに帰ってくる可能性もありますが、予兆なく失踪した場合にはトラブルに巻き込まれてしまっている可能性もあるため早めに対策を取らなければなりません。

今回は、父親が失踪した際の理由やどのような対策を取ればよいのかを解説しますのでぜひ、参考にしてみてください。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

父親が失踪する主な理由

父親は、家では妻の夫・子供の親、会社では部下や上司など様々な役割や人間関係を抱えており、失踪の理由は様々です。

ここでは、父親が失踪する主な原因について記載します。

仕事でトラブルを抱えているから

仕事において降格や減給をされてしまった場合や、解雇を通告されしまった場合、さらには窓際族に追いやられたり、何かしらのハラスメントを受けている場合には、自分自身への情けなさや家族に対するうしろめたさなどから失踪することがあります。

特にまじめであったりプライドが高い、もしくは責任感が強い人ほど家族への情けなさから深刻に考え失踪する原因になってしまいます。もし帰宅した際に叱責することなく、やさしく迎え入れてあげるようにして下さい。

家庭に問題があるから

母親とのコミュニケーションや普段接している際のストレス、家庭に問題を抱えている場合に母と距離をおきたい場合や一人きりになりたいと思い失踪してしまう場合があります。

場合によっては家族が知らない間に多額の借金をしていたり、借金の保証人になっていた知人が蒸発して金銭トラブルに巻き込まれてしまったために失踪してしまう場合もあります。

【関連記事】家出した夫の心理と行先|妻がすべき捜索とプロによる捜索

浮気をしているから

浮気をしていて失踪してしまった場合には、家族に対しての精神的なつながりはほとんどなくなっている可能性が高いです。また、母親との離婚を考えている場合があります。

もし父親に浮気の兆候があった場合には浮気調査を行っておく必要があります。

【参考リンク】浮気調査ナビ

何らかの事件に巻き込まれたから

何らかのトラブルに巻き込まれてしまい、連れ去られてしまった可能性もあります。この場合失踪する予兆が無いことが多いですので、失踪する前の父親の様子をじっくりと思い出してみる必要性があります。

【関連記事】失踪の仕方|失踪者の心理と失踪準備に関するまとめ

借金を背負ってしまったから

家族に内緒でギャンブルにお金をつぎ込んでしまった場合などに、家族の知らない間に父親が借金を背負ってしまった場合など、金銭面を原因に失踪するケースもあります。

場合により借金返済の目処が立たず、自殺をしてしまうケースもありますので、早い対策が必要になります。

【関連記事】借金を苦に失踪する人の特徴と絶対に失踪しないほうがいい理由まとめ

認知症による徘徊

父親が高齢者の場合には、認知症を原因として徘徊してしまっているケースもあります。徘徊での失踪の場合「事故に遭う」「事故を起こす」「体調不良に陥る」などのリスクを伴います。

そのため徘徊の場合にも早く対策を取る必要があります。

【関連記事】認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ

失踪した父親をすぐに捜索すべきケース

期間

「失踪した父を早く探したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK


以下のようなケースでは父親の生死に関わる事案のため、すぐに捜索を開始した方がいいケースになります。失踪前の兆候から以下のケースが考えられる場合は緊急に対策をとることをおすすめします。

部屋に遺書が残されている

父親の室内などから遺書などが出てきた場合や、さらには失踪前に「死にたい」などと言っていた場合には、父親が相当精神的に追い詰められていることを表しており、最悪の場合本当に自殺を図っている可能性があります。

家族の援助や精神的なサポートを受けることで自殺を止めることも可能となりますからすぐに保護することが必要になります。

借金を苦に失踪した

多額の借金のために取り立てを苦にして失踪した場合にも、失踪した父親には相当な精神的な負荷がかかっている場合が考えられます。

場合によっては、借金返済への責任感から自身に保険金をかけて自殺を図る場合もあります。

また、父親が失踪したことにより借金の保証人になっている人に返済義務が発生してしまいます。

精神病を患っている

父親が「統合失調症」「パニック障害」などの精神的な疾患を患っていた場合に、善悪の判断がつかないことで、通行人に危害を加えるなど他人に被害を及ぼしてしまう可能性があります。

失踪する予兆がないのに失踪した

失踪する直前まで普段と何も変わらなく生活していた、何かに悩んでいる様子がなかった等の場合には、父親の意志と関係ないところで事件や事故などに巻き込まれてしまっている可能性が高いです。

このような場合には直ちに警察や探偵などのサポートを受け、捜索を開始する必要があります。

父親の失踪後に借金が発覚したら

父親の失踪後に借金が発覚した場合には、残された家族が借金を代わりに返済する必要はありません。ただし、これは父親の借金の保証人になっていない場合に限ります。

もし父親の借金の保証人になっていた場合には返済する責任がありますので注意してください。

父親が失踪した際の捜索手順

ここでは、父親が失踪した場合の捜索手順を記載します。

自力で探す

父親が失踪した場合には、自力で探すことも可能です。自力で探す方法には以下のようなものがあります。

心当たりのあるところに連絡する

職場や父親の知人友人など、父親の行方を知っている人にコンタクトを取るようにして下さい。また本人が携帯電話を持っていた場合などにおいては直接連絡をとり留守番電話にてメッセージを残しておくことも有効な手段の一つです。

【関連記事】人探しの方法16選|自分でもできる人探しの方法とそのコツ

SNSなどで呼びかける

近年ではSNSの発達によりFacebookや掲示板等、アプリで探すのも有効な手段となりました。Facebookで父親の捜索をしている旨を掲載したり、アプリを利用して捜索すると良いでしょう。

【関連記事】人探しアプリ8選|スマホで手軽に人を探す方法と注意点

警察に捜索願をだす

警察は事件性がないような失踪に関しては調査を行うことはありません。

参考:「捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応

しかし突然失踪した場合など父親本人に危険が及んでいる場合には警察に捜査の依頼を行うことが有効な手段となります。警察が捜査可能なケースは以下のような状況です。

・他者による犯罪により、生命の危険が生じている恐れがある、または後々その恐れがある者

・本人の性格や素行や家庭環境などの事情により、少年の福祉を害する危険がある者

・行方不明前後の行動や事情により、生命に危険を及ぼす事故に遭遇している者

・異性関係や家庭環境や経済環境などが原因で自殺の恐れがある者

・統合失調症・精神作用物質の依存症などの精神障害の状態の者

・銃砲刀剣類、火薬、毒物などの危険物を携帯し、自傷・他傷の危険性がある者

・13歳以下の子供や高齢者など、本人だけでは生活が困難だと考えられる者

【関連記事】「特異行方不明者とは大至急捜索すべき人 | 主な特徴と捜索方法まとめ

探偵に依頼をする

前述のとおり、警察は事件が起こらなければ捜査を行ってくれることはありません。しかし、本人で捜索が困難な場合などにおいては、探偵に捜査を依頼することにより失踪した父親を発見することが可能になります。

【関連記事】「人探しを探偵に依頼する際の料金費用の相場と依頼前の注意点

「失踪した父を早く探したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

父親の失踪を防ぐには日々のコミュニケーションが重要

pixta_21063393_S

父親の失踪の原因が事件や事故に巻き込まれた場合を除き、家族によるコミュニケーションが失踪を防ぐ一番の方法になります。

失踪前には何かしらの兆候を見て取れる場合が多いです。

《失踪の主な兆候》

・気分が沈んでいる

・借金をしている様子がみられる

・異常にイライラしている

・持病が悪化してきている

・無気力である

・不眠が続いている

・引きこもりがちである

・食欲がない

など

上記のような兆候が見られた場合には普段から父親とコミュニケーションを取っておくことで何か問題があった際には父親が悩みを家族に対して打ち明けやすい家庭環境を作る一つの要因になります。

【関連記事】家族が失踪したときに最短で発見・保護するための捜索手順まとめ

まとめ

大切な家族の一人である父親が失踪した場合に、一家の大黒柱を失ったことで精神的なショックを受けている方も多いと思いますが、上手く対処をすることで発見できる可能性は十分にあります。

失踪捜索の際には、失踪してから一週間以内に対処を行うことが早期発見につながると言われていますので、心配な方は探偵などに依頼を行うことをおすすめします。

「失踪した父を早く探したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る