千葉の行方不明者に関する情報提供先一覧|千葉で人探しするときのポイント

千葉の行方不明者に関する情報提供先一覧|千葉で人探しするときのポイント

千葉県で行方不明になってしまった人を探すには、どのようにしたらよいのでしょうか。

千葉県は、東京から近くベッドタウンとして人気ですが、郊外は人通りが少ない地域も多く、行方不明者の情報が集まりにくいケースもあります。

今回の記事では、あなたの大切な人が千葉で行方不明になってしまった場合にどのように捜索すればいいのか、どこから情報を得ればいいのか、自分で探すにはどのようにすればいいのかなどをお伝えします。

千葉での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

千葉での行方不明者に関する情報提供先一覧

早速、千葉県で身近な人が行方不明になってしまった場合の情報提供先について確認しておきましょう。

千葉県警察

千葉県の警察署が開設しているホームページで、身元行方不明者に関する情報の入手ができます。行方不明者の似顔絵も公開されています。

身元不明死者に関する情報

ガッコム安全ナビ

ガッコム安全ナビは、各地域別の行方不明者に関する情報が一覧で見られるサイトです。

  • 行方不明者の情報の発生時間
  • 報告曜日の分布、
  • 身元不明者の年齢別分布

これらのデータについても確認できるのでぜひご活用ください。

ガッコム安全ナビ

千葉県徘徊SOSネットワーク広域連携

認知症高齢者が行方不明になった場合や、身元不明で保護された場合にできるだけ早く発見できるように定められたネットワークです。

千葉県の市町村、県、都道府県が連携して行方不明者の情報の共有にあたっていますので、心当たりがある場合や情報を得たい場合に活用するといいでしょう。

千葉県ホームページ(認知症施策)

▼認知症の行方不明者に関するこちらの記事も読まれています
認知症患者の徘徊|事前対処と帰宅しない場合に必ずすべきことまとめ
認知症による徘徊で行方不明|1日も早く発見するべき理由と捜索方法
認知症事故|最悪のケースを回避するために家族が知るべき3つのこと

 

千葉県で発生した行方不明事件

続いて、千葉県でこれまでに発生している行方不明事件、誘拐事件について有名なものをいくつかご紹介します。

千葉小3女児殺害事件

2017年3月24日、千葉県松戸市で当時小学3年生のベトナム国籍の少女が行方不明になった事件です。少女は学校に行くために家を出たきり行方不明となり、翌々日に遺体となって発見されました。

同年の4月14日に被害の女子生徒が通っていた小学校の保護者会元会長の男性が死体遺棄容疑で逮捕され、事件は収束しました。

参考:千葉小3女児殺害事件(Wikipedia)

千葉・船橋行方不明事件

2015年の4月19日に千葉県船橋市の野口愛永さん(当時18歳)が千葉市中央区のホテル脇の路地で、行方不明になった事件です。

野口さんは、数人が乗ったレンタカーに乗車後に行方がわからなくなってしまいましたが、匿名の男性から「野口さんが金銭トラブルのために数人の男性に拉致されて埋められている」という通報があり、警察が本格的な捜査に乗り出しました。

捜査の結果、野口さんは千葉県の芝山町の雑木林地中深くに埋められた状態で遺体となって発見されるという悲惨な結果で幕を閉じることとなりました。

参考:千葉・船橋行方不明事件

千葉市中1少女誘拐事件

1991年10月27日、千葉県在住の佐久間奈々さん(当時13歳)が誘拐され行方不明になった事件です。この事件はいまだに解決の糸口が見つからず、彼女も誘拐されたままの未解決事件として多くの謎が残されています。

佐久間さんは27日の未明に同級生たちと夜食を買いに行くためにコンビニに出かけ、その帰り道に補導員を装った中年の男に誘拐されました。

身代金目的の誘拐と考えられましたが、家に身代金要求の電話もなく、警察も必死に捜索したものの解決につながる有力な情報は得られなかったということです。

参考:千葉市中1少女誘拐事件(佐久間奈々さん)

 

千葉県の行方不明者を探してくれる機関

千葉県であなたの大切な人が行方不明になってしまったら、どこに捜索を依頼すればいいのでしょうか。ここでは、行方不明者を探してくれる機関をご紹介します。

警察

行方がわからなくなってしまったら、まずは警察(千葉県警察)に捜索願を出し、捜索を依頼するのがいいでしょう。緊急性が高いと警察が判断すればすぐに捜索を開始してくれるからです。

しかし、反対に警察が緊急性が高くない・事件性がないと判断した場合は、捜索願を出したとしても積極的に探してくれません

現在、年間8万人もの行方不明者が出ており、すべてを捜索するのは困難なため、警察も緊急性に応じて捜索の優先順位を設けているのです。

【関連記事】捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応

探偵

最終手段としておすすめできるのは、やはり人探しを専門とする探偵に調査を依頼するという方法でしょう。

探偵というと浮気調査がメインと思われがちですが、探偵事務所の中には、人探し調査に注力している事務所もあります。

調査費用は自己負担になりますが、依頼さえすれば迅速にしっかりと行方不明者を探してくれるのは大きなメリットではないでしょうか。

【関連記事】千葉県で人探ししたい人におすすめの探偵社は原一探偵事務所

千葉で行方不明者を探すなら、原一探偵事務所への依頼がおすすめです。

44年の調査実績を誇る全国展開の大手の探偵事務所です。拠点が千葉市にあり、土地勘もあるのでご安心ください。

千葉での人探しは「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

ネットを活用して千葉県の行方不明者を探す場合は

行方不明者を探すための機関についてご紹介しましたが、まずは自力で探したいという方もいらっしゃるかもしれません。

お金をかけずに、大ごとにせずに無事に探し出したいという方のために、ここではインターネットを活用して行方不明者を自分で探す方法について見ていきます。

千葉県の行方不明者を探せるツール

Twitter

まずご紹介するのは、多くの人が普段から利用しているであろうTwitterです。探し方はとてもシンプルで、「#行方不明者捜索」「#人探し」「#地域(千葉県千葉市 など)」といったハッシュタグをつけてツイートすると、それを見た人からの情報を集められるという流れです。

参考:#行方不明者捜索

見つけられる可能性を上げたり、見つけるまでのスピードを短縮したりするためには、できるだけ多くの人に見てもらうことがポイントになります。そのためには、「拡散希望」というハッシュタグを利用して訴えるとより効果的でしょう。

【関連記事】ツイッター(Twitter)で人探し|人探しの方法と注意点まとめ

当サイトの「人探しの窓口」ではTwitterを運用しています。捜索したい人の情報のツイートも可能ですので、ご質問やご希望などがあればDMをいただければ幸いです。
行方不明者の捜索に関する知識や情報もこちらで随時更新しておりますので、よろしければフォローもお待ちしております。
人探しの窓口Twitter⇒https://twitter.com/hitosagashi_pro

Facebook

Twitterと同様、普段から多くの人に愛用されているFacebookも、実は行方不明者の捜索に活用できます。

FacebookはTwitterと違って本名での登録が基本な上に、利用者の年齢層も高めです。そのため、Facebookで集まった情報は比較的信頼性が高いことも特徴と言えるでしょう。

【関連記事】Facebookで人探しする方法

人探し掲示板などのサイト

FacebookやTwitterなどのSNS以外に、人探し掲示板などのサイトも活用することができます。

人探し掲示板は、掲載に際して文字数制限がないので、探したい人の名前や身体的特徴、探している理由など、詳しい情報を掲載することができ、これらの情報を見た人が情報を提供してくれるという仕組みになっています。

TwitterやFacebookに比べると利用者が少ないので、情報提供をしてもらえるまでに時間がかかってしまうというデメリットもありますが、人探しをするための専用のサイトなので、集まった情報の信頼度は高いと思われます。

【関連記事】人探しは掲示板で可能か?|人探し掲示板の特徴とトラブル例

ジモティー

ジモティーは普段、いらなくなった物を売るときや、中古品を安く手に入れたいときに使っている人がほとんどでしょう。このジモティーも、使い方によっては人探しに活用することができます。

ジモティーの「困っています」の枠で「●●のような人を探しています。●月●日に●●で行方がわからなくなりました。」といった書き込みを掲載してみてください。

現在はあまりこういった掲載は見受けられませんが、ジモティーは地元の人同士のやりとりをメインとしているサービスで、地域によってはかなりの利用者がいるので、目撃情報は集まりやすい傾向にあります。

情報の受け皿を増やすという意味でも活用してみてはいかがでしょうか。

ジモティー 千葉版 行方不明者情報

行方不明者の情報をネット上に書き込む際の注意

インターネットを活用した行方不明者捜索は、確かに手軽で便利ではありますが、いいことばかりではありません。後々トラブルにならないために、以下は注意点として頭に入れておいてください。

  • 個人情報が不特定多数の人に見られてしまうので情報の取扱いに注意する
  • 情報の真偽が不明なため情報の取捨選択を自分で行う

ネットに載せた情報は誰でも簡単に見ることができてしまいます。これはネットのメリットでもあるのですが、個人情報を記載する際には十分に注意を払わなければなりません。

なぜなら、早く見つけたいからと言ってむやみに個人の詳しい情報を載せてしまうとプライバシーの侵害になったり、情報を載せられた人がストーカー被害に遭ってしまったりというリスクもあるのです。

また、インターネットは多くの人が利用するがゆえに、中にはいたずら半分で情報が掲載されるケースもあります。気を付けて情報の取り扱いをしないと、誤った情報に振り回されてしまい、正しい判断ができなくなってしまうこともありえるでしょう。

 

まとめ

今回は、千葉県で身近な人が行方不明になってしまったときに情報共有できるサイト・捜索を依頼できる機関・インターネットを活用して捜索する方法について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

行方不明の理由は、自分の意思であったり、災害や事件に巻き込まれていたり、様々でしょう。しかし、共通して言えることは、行方不明者の捜索はすぐに開始しなければいけないということです。

捜索が遅れると、最悪の場合命にかかわる事態になることもありえます。あなたの大切な人が一刻も早くに無事に家に帰れるよう、迅速・的確な判断をしていただく上で、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

24時間相談可能 相談無料
即日調査可能 解決実績11万件
原一探偵事務所では、家出人・失踪人などの「人探し」に関するご相談を受け付けています。


人探しは調査スピードが重要です。まずはあなたの状況をお聞かせください。原一探偵事務所があなたのお力になります。

 
無料相談はこちらから