人探しの方法・手段

旦那が失踪したときの原因と探し方|残された家族の今後の対処法について

【 注目 】
緊急の場合は【今から3日以内】の発見を目指してください。
時間が経てば経つほど痕跡が消え、有力な情報を入手しにくくなります。
(24時間対応可能)

「突然旦那が失踪した…」インターネットの人探し掲示板や様々なSNSの情報をみていると、このように突然ご主人がいなくなったケースは少なくありません。

人によって職場や家庭の背景も違うため失踪原因は様々ですが、実際に失踪した原因を考えながら残された家族がどのように過ごすべきかお伝えしたいと思います。

家出人・失踪人。人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

捜索願いを出してもほとんどのケースで探してはもらえません。

解決実績11万件の「原一探偵事務所」にまずはご相談ください。

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

     無料相談はこちらから

旦那が失踪する主な理由

失踪してしまう理由は人それぞれですが、大きく分けると仕事や家庭が原因で姿を消すことが多いようです。また失踪者の年齢によっては家がわからなくなったことから失踪に繋がったケースも考えられますのでまずは失踪者の背景と照らし合わせながらお読みください。

 仕事が原因の場合

近年職場でのパワハラが問題になっていますが、仕事関係で精神的苦痛を受けたり、働くこと自体に絶望を感じて”この場からいなくなりたい”という一心から失踪という道を選ぶようです。

 連れ去られた場合

なんらかのトラブルに巻き込まれて、連れ去られた可能性も考えられます。とくに金銭トラブルが多いようですが連れ去りだとわかった時点でいち早く警察に連絡する必要があります。

 高齢者の場合は徘徊している場合も

失踪者が高齢の場合は認知症が原因で徘徊し家に帰れなくなってしまうケースがあります。

 家庭が原因の場合

夫婦仲が悪かったり、家庭内で大きな問題を抱えていることから1人きりになりたいと思い失踪してしまうことが多いです。本来であれば心のよりどころである家族の存在が大きな負担になってしまうのでしょう。

場合によっては家族が知らない間に借金をしたり、知人の保証人になったことから金銭トラブルに巻き込まれて姿を消すケースも考えられます。

参考:失踪の理由ランキング|年代別の失踪理由と失踪者の探し方

旦那が失踪した時点でやるべきこと

Frustrated young woman talking cell phone

失踪したことが明らかになった時点で一体どんなことをするべきなのでしょうか。

早めの行動が失踪者を見つける鍵になりますのでここでお伝えする4つのポイントを心得ていただければと思います。

旦那の所持品を確認

まずは失踪者の所持品を確認しましょう。

パスポート、保険証、運転免許証など身分を証明するものを持っているか。また現金やクレジットカードの利用状況もしらべることが重要です。

多くの情報をあつめる

失踪者の部屋などに残されたものはないか、できるかぎり多くの情報をあつめましょう。

メモ書きなどが残されている場合はある程度失踪者の心情がわかる可能性が高いですし、読んでいた本やネット履歴などから何を考えていたのか辿ることができます。まずは家の中を探して情報収集に努めましょう。

失踪前の旦那の言動を思い出す

失踪する人すべてに当てはまるわけではありませんが、人によっては失踪前にいつもと様子が違う言動をとる可能性があります。そこで失踪前の様子を思い出し、「そういえばあの時こんなことを言っていた…」と思うようなことがあれば忘れずにメモに残してください。

どんな小さなことでもいいので、不審に思う点がないかしっかりと振り返ることが大切でしょう。

早めの決断をする

失踪者を探す時間が経過するほど見つけにくくなる傾向にあります。ご主人が失踪したことでパニックになる方もいるでしょうが、慌てふためいても解決には繋がりません。

どうしたら失踪者が見つかるかという点に着目し、その時々でご自身がとるべき行動を瞬時に決断してください。

【失踪した夫に危険が及ぶ前に…/探偵に無料でアドバイスをもらってみませんか?】

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料で相談する】※24時間・匿名OK

旦那が失踪したときの捜索方法

pixta_18681677_S

失踪が確認できた時点ですぐに捜索を始められるように、ここでは4つの捜索方法を紹介します。状況によっては同時に4つの捜索方法を試すかたもいるでしょうし、順番に捜索していく場合もあるでしょう。

心当たりのあるところに連絡する

まずは失踪者の会社や実家、仲の良い友人など思いつくところに片っ端から連絡しましょう。ご主人が失踪したということを多くの人に伝えるのは気が引けるかもしれません。

しかし、失踪した時点でご主人は何らかの問題を抱えSOSサインを出していることに変わりありませんので世間体を気にするよりも、まずはご主人を救出することを第一に考えてください。職場や友人の証言から新たな情報を得られるかもしれません。

SNSなどで呼びかける

フェイスブックや人探しの掲示板等で呼びかけるのも効果的です。まずはフェイスブックの友達に限定して失踪の事実を伝え、失踪前のご主人の様子など変わったことはなかったか聞いてみると良いでしょう。

警察に捜索願を提出する

失踪した原因や場所に心当たりがない場合や事件性があると感じたときはいち早く警察に捜索願を提出しましょう。すぐに取り合ってもらえない場合も多いですが早めに捜索願を出すことで解決に繋がることも十分考えられます。捜索願については以下の記事を一読することをおすすめします。

 

警視庁行方不明者電話相談室

電話:03-3592-1640

受付時間:午前8時30分から午後5時15分(平日のみ)

【参考】
捜索願を警察に届け出る際の知識と届け出た時の警察の対応
家出人を警察が探さない本当の理由と警察が可能な家出人捜査

探偵に依頼する

探偵事務所に連絡をして失踪者を探してもらいましょう。探偵は捜索のプロです。ありとあらゆる手段を使い失踪者を見つけるために協力してくれますので、自力で探すより早く失踪者を見つけられる可能性があります。

依頼する際には費用もかかりますが、自力では探し出せないことでも探偵であればできることも多いので、「人探しを探偵に依頼する際の料金費用の相場と依頼前の注意点」を参考にしながら、費用との兼ね合いを見て、相談してみるのもありだとは思います。

【警察だけに任せていては危険です/探偵による無料相談受付中】

どのように捜索すればいいのか、捜索の費用はいくらかかるのかなど、失踪した夫探しの相談経験が豊富な相談員に無料相談してみませんか?

【人探し/失踪した夫の捜索について無料相談する】※24時間対応・匿名OK

3年たっても見つからない場合は離婚を考えてもよい

失踪から3年の間生死が明らかにならない場合は、そのことを理由に離婚をすることができます。

第七百七十条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

 配偶者に不貞な行為があったとき。

 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:民法第770条

とくに若い世代の方であれば失踪者のせいで人生を棒にふるようなことにならないでほしいのが個人的な気持ちですが、大切なご主人が失踪したとはいえ簡単にはあきらめられない、帰ってくるまで待ち続けたいと思う場合もあるでしょう。

あとは気持ち次第ですので、離婚をするかどうかはご自身でゆっくり考えていただければと思います。一方で、離婚を考えている場合は状況的にも複雑になりますので、一度離婚問題を得意な弁護士に相談してみましょう。「離婚問題を弁護士に相談する

参考:失踪人とは離婚できる|離婚可能な例と離婚までの流れまとめ

旦那の失踪後に借金が発覚したら

失踪したあとに借金が発覚しても残された奥様が借金を肩代わりする必要は一切ありません。ただし、残された家族のどなたかが連帯保証人になっていた場合は、借金を作った本人が失踪しても保証人が肩代わりすることになりますのでご注意ください。

「失踪した旦那を探したい…」探偵に無料相談してみませんか?

「どうやって探せばいいのか?」「どのくらいで見つかるのか?」「今すぐ何をすべきか?」創業43年/実績100,000件以上の原一探偵事務所に無料で相談してみませんか?

【人探しの方法や料金について無料相談する】※24時間・匿名OK

まとめ

大切なご主人が失踪したことで心を痛めている方もいらっしゃると思います。しかし、どんな理由であれ失踪した本人に1番非があることは確かですから、残された奥様もご自分を責めすぎないようにしてください。

ご主人がいなくなった今、なにができるかを考え、心を強く持って今後に備えていただければと思います。

人探しの無料相談は「原一探偵事務所」へ

・電話、メールでの無料相談可能
・24時間、365日対応
・安心の料金設定

 

解決実績11万件の「原一」にまずはご相談ください。

     無料相談はこちらから